恋のなやみに効くメディア

夫婦の営みがゼロだと何が問題?【令和最新版】夫婦の赤裸々セックス事情

新井 よつば

新井 よつばY.Arai

©gettyimages

目次

隠す

1:妻だけED夫がいる陰で…夫としたくない妻も多い

結婚してから夫がEDになったという話も聞きます。ひとりエッチや風俗、浮気相手とはできるのに妻とだけできない……いわゆる「妻だけED」なんていう言葉も生まれています。

しかし、実は妻側が「したくない」と思っていることも多いようです。「お互い仕事や育児などで忙しく、タイミングがないままセックスレスになる」だけでなく、「相手に対して性的魅力を感じられなくなった」という声も少なくありません。

2:夫はATM?妻が夫とセックスしたくない理由

(1)「子どもの父親」だとしか思えないから

「子どもができてから、セックスしたいとまったく思えなくなってしまいましたね。呼び方も、妊娠中から“パパ”“ママ”になって、気持ちがそっちに寄って行ってしまったということもあるのかもしれません。

別に嫌いではないですけど、子どもの父親という感覚しかもてなくて。変に色気を出されると気持ちが悪いです」(Mさん・31歳女性/保険)

(2)見た目や性格が嫌いになった

「彼の見た目が好きだったのですが、結婚してからどんどん太るし、清潔感もなくなるし、で魅力を感じられなくなってしまいました。一緒に暮らしてからは、好きだったはずの呑気な性格にまでイライラしてしまって……。好きなところがどんどんなくなってきています」(Nさん・30歳女性/アパレル)

(3)自分の裸を見られたくない

「私自身の問題ではあるのですが、結婚してから気を抜いてしまったこともあって、スタイルに自信がなくなってしまいました。昔と比べられるのが嫌でセックスを拒んでます」(Rさん・36歳女性/主婦)

(4)気持ちよくなるのが恥ずかしい

「結婚して5年になりますが、一緒にいる年月が長くなって大抵のことは恥ずかしさがなくなりました。でも、逆にセックスをして気持ちよくなっている姿を見せるのが、とても恥ずかしくなってしまうように。なので、彼から誘ってきても恥ずかしくて避けています」(Mさん・30歳女性/看護師)

(5)ヘタくそだから

「簡単に言うと、夫はエッチがヘタくそです(笑)。付き合っているときは、ヘタでも好きだから我慢していましたが、長く一緒にいるとさすがに萎えてしまいます。彼もいまさら腕を磨くことはできないし、むずかしいですね」(Mさん・28歳女性/旅行)

3:本当にみんなエッチしてるの?令和夫婦の営み頻度

世の中の夫婦は、どれほどの頻度でエッチしているのでしょうか? 今回「MENJOY」では、20~40代の既婚者365名にアンケートを実施。「夫婦間のエッチの頻度はどのくらいですか?」と聞いてみました。

トップ5を紹介します。

第1位:数年にわたってしていない・・・84人(23%)

第2位:月に1回・・・54人(15%)

第3位:2週間に1回・・・43人(12%)

第4位:週に1回・・・39人(11%)

第5位:数年に1度あるかないか・・・34人(9%)

「結婚してから回数が減った」という人が圧倒的でした。週に2回以上セックスをしているという夫婦は全体の7%で、やはり毎日一緒にいることで頻度は減ってしまうようです。

4:セックスレスが続くとどうなる?3つ

セックスレスでも幸せな夫婦もたくさんいます。しかし、それはお互いが納得していればの話。ここでは、マイナス点についてご紹介します。

(1)夫婦仲が悪くなる

どちらかがしたくて、どちらかがしたくないとなると、夫婦の間に溝が生まれます。妻が子どもがほしく「この日は絶対早く帰ってきて」などお願いをしていたら、夫が耐えられなくなり、離婚に至ったというケースも。

ほかにも「夫がセックスレスなのは、私のことが好きじゃないからだ」と思って、不仲になったという女性もいました。

(2)浮気をされる

夫や妻とはセックスレスだけど、ほかの相手とならできるという人は意外にも多いようです。性欲を満たすために、エッチなお店に行ったり、浮気をしたり。なかには「セフレを作っている」という人も。

(3)子どもが作れない

あまりにも長くセックスレスが続くと、ほしいタイミングで子どもを作れない可能性もでてきます。「いざ子作りをしようとしてもお互い興奮せず、病院へ通っている」という夫婦もいました。

夫婦にとって子どものことはとても大切なこと。お互いほしいという気持ちがあるのであれば、早めに話し合ったほうがいいでしょう。

5:まとめ

想像以上に妻や夫とセックスをしたくないと思っている人は多いようです。かと言って、いくら性欲を満たすためだとしても浮気をされるのは許せないですよね。セックスのせいで夫婦関係が悪くならないよう、正直に話し合うことも大切です。