恋のなやみに効くメディア

食べ過ぎた翌日はリセットのチャンス!過ごし方とおすすめの運動

大山奏K.Ohyama

©gettyimages

目次

隠す

1:食べ過ぎたらリセットすればよし!

(1)食べ過ぎたと後悔したことある?

ダイエットをしていても、健康的な食生活をしようと意識していても、どうしてもついつい食べ過ぎちゃうことってありませんか。『MENJOY』では20~40代の男女500人を対象に独自アンケート調査を実施。

「食べ過ぎたなと後悔したことはありますか?」と質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・442人(88%)

ない・・・58人(12%)

やはりほとんどの人が経験ありとのこと。おいしいものが目の前にあるのに食べないなんて、なかなかできることではありませんよね。

(2)後悔するのになんで食べてしまうんだろう…

ではなぜ後悔するとわかっているのにも関わらず、食べ過ぎてしまうのでしょうか。こちらも上記と同じ男女にアンケートで質問してみました。

「食べ放題だとつい元をとらないといけないと思いました」(48歳男性/その他)

「バイキングなどいつもよりよく食べてしまう」(48歳女性/総務・人事・事務)

食べ放題は、行く前から「たくさん食べてやる」というやる気すら出てますよね。食べ放題でほとんど食べないなんて、行く意味がないなんて声も。

「ストレスとか、今を逃したらもうきっと食べることはないと思う欲」(30歳女性/その他)

「疲れやストレスを解消しようとして糖分を摂取してしまうから」(31歳女性/公務員)

このように、ストレスでドカ食いをしてしまうという人も多くいました。

ほかにも「残すのがもったいない」「おいしいから」など、食べ過ぎを招いてしまう原因はいくらでもあります。

2:食べ過ぎた直後のリセットにできること3つ

食べ過ぎて「やってしまった」と思ったら、すぐにでも対処するのが正解です。

(1)すぐに寝ない

「食べてすぐ寝ると牛になる」なんていう言葉があるように、食べものが消化されないまま寝てしまうと、脂肪がつきやすくなってしまいます。

お酒などを飲んでいると、すぐにでもベッドに倒れこみたくなるでしょう。しかし、そこは少しだけ我慢。最低でも2~3時間は起きているようにしましょう。

(2)ストレッチ

食べたあと少しお腹が落ち着いたころに、ストレッチなどで体を動かすのもおすすめ。

昼に食べ過ぎたのなら夜に筋トレもありですが、夜に食べ過ぎた場合、その状態で筋トレをするのはつらいはず。なので、お腹周りの動きをよくするようなストレッチを取り入れてみてください。

(3)多めに歩く

食べ過ぎた日にはできればいつもより多く歩くことを意識してみましょう。歩くことで体の代謝機能を高め、少しでも消費できるようにするのです。

ひとつ手前のバス停や駅で降りて歩けるとベストですね。

3:断食はNG?リセットのために食べ過ぎた翌日にできること5つ

食べ過ぎた翌日は、精神的に追い詰められて断食などをしたくなってしまう人もいるでしょう。ですが、断食は逆効果です。1回の食べ過ぎは、2〜3日かけて調整していくことが大切です。

(1)朝食はとる

翌朝はあまり食欲がないかもしれませんが、体内時計を正確に保つためにも、朝食は食べましょう。いつもと同じ食事ではなく、ヨーグルトやスープだけでもOK。そうすることで、代謝を上げることができます。

(2)軽い運動

食べ過ぎたからすぐにハードな運動をしたい!と思っても、なかなか行動に移せませんよね。あまりハードルを自分で上げすぎず、少しでも多く体を動かせればいいやという気持ちで過ごしてみてください。

エレベーターやエスカレーターを使わず階段を使ったり、1時間に1回は立ち上がって軽くストレッチをするなど、無理のない範囲で体を動かしましょう。

(3)水を多めに飲む

特にアルコールを大量に摂取した翌日は、体が脱水状態になりやすいです。また、脂肪や糖分を多く含む食事をした場合も、老廃物を排出することが大切。

そのために、いつもより多めに水分をとるようにしてください。目安は1.5リットルから2リットルくらい。冷たい水ではなく、常温のお水やお茶などがおすすめです。

(4)野菜や果物を多めにする

食べ過ぎた翌日に食べたいのは、ミネラルやカリウムを多く含む野菜や果物。カリウムは体がむくむのを防ぐ働きがあります。

(5)間食は少なめにする

当たり前といえば当たり前ですが、食べ過ぎた翌日以降はしばらく間食は控えるべきです。ただ、どうしても食事と食事の間にお腹がすいて我慢ができなくなってしまったら、昆布やナッツなどを少量食べるようにしましょう。

4:食べ過ぎた翌日におすすめの運動3つ

(1)ウォーキング

ウォーキングは1番始めやすい運動ではないでしょうか。1時間以上などと決めなくてもよいので、いつもより少し速足でじんわり汗をかくくらいのスピードで、ストレスのない距離を歩いてみましょう。

(2)ヨガ

家の中でするのならヨガが最適です。特にお腹周りに効くポーズがおすすめ。寝る前に10分だけでも、動画を観ながらヨガをしてみましょう。

(3)筋トレ

食べ過ぎた翌日に限らず、基礎代謝を上げるには筋トレがいちばん。スクワットで下半身を、プランクとクランチでお腹周りにしっかり効かせていきましょう。

5:食べ過ぎても諦めないで!

頑張って努力してきたのに、たった1回の食べ過ぎで体重が増えちゃったなんてことはよくあります。心が折れてしまいそうな瞬間ですが、諦めるのは早いです。

2~3日かけて少しずつ調整すれば、無理せずまた元の状態に戻れますよ!