恋のなやみに効くメディア

マッチングアプリで結婚!結婚までの期間やステップ…結婚式での馴れ初め紹介の方法

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:マッチングアプリで結婚ってどうよ?

「マッチングアプリで出逢って、結婚しました!」と聞くと、ひと昔前なら「え?」「付き合うならともかく、結婚まで……」と思われることも多かったかもしれません。

しかし時代はすっかり変わました! 今ではマッチングアプリをきっかけに出会い、結婚まで至る男女も多くなってきました。

それに伴って、結婚まで意識した真剣な出会いをマッチングアプリに求める男女も増加傾向にあるようです。

 

2:結婚までの期間は?マッチングアプリで結婚するまでの4ステップ

(1)信頼できるマッチングアプリに登録する

マッチングアプリを使って婚活を進めるなら、信頼できるマッチングアプリに登録するというのがとにもかくにも重要です。インターネットの口コミで評判を調べるほか、実際にマッチングアプリを使用している人に、おすすめを聞くのもいいでしょう。また、最初のうちは複数のサービスに登録し、自分と相性がよく、使い勝手のいいサービスを探すことも必要です。

(2)おつきあいしたい相手との出会いを真剣に探す

マッチングアプリに登録したあとは、いよいよお相手選び。ここで注意したいのは、マッチングアプリに登録している人みんなが、自分と同じ温度感で婚活しているとは限らないということ。

プロフィールを熟読するのはもちろん、実際に会う前のスマホ上のやりとりなどで相手が恋愛や出会いに求めることを探っていきましょう。

(3)相手の素性をしっかりチェック

マッチングアプリの出会いに限らず、どんな出会いであっても、つきあってから本性をあらわす人が多いのも事実。マッチングアプリで出会った相手も、ある程度深い仲になってから本性が出てくる可能性は低くありません。

より安心して結婚相手を見つけたいならば、相手の素性はしっかりチェックしましょう。年齢や既婚歴を詐称している人も少なからずいることを忘れないで!

(4)ダラダラ交際せず「この人だ」と思えたら結婚に進むべし

マッチングアプリの出会いというのは、ダラダラと交際を続けていると、結婚に行きつかない可能性が高いです。「次にもっといい人と会えるかも」などと考えていつまでもアプリを続けていると、結婚に結びつけるのは難しいでしょう。

結婚を目的にマッチングアプリを活用している場合、数回会った時点で結婚へと話を進めるというのが基本です。ただし、その途中で金銭を要求されたりといったことがあったら、詐欺かもしれないので即撤退しましょうね。

 

3:マッチングアプリで出会った場合、結婚式の馴れ初めはどうする?

(1)包み隠さず真実を話す

昨今ではマッチングアプリをきっかけに知り合い、結婚まで至る男女も少なくありません。そのため、結婚式においても「マッチングサービスで知り合って」と、真実を包み隠さずに話す男女も珍しくなくなりました。

最近筆者が出席した20代カップルの結婚式では、出会ったマッチングアプリのサービス名や、新郎新婦の当時のやりとりをキャプチャにしてスクリーンに流していました。「このサービスは出会えます!」と新郎が嬉しそうにおすすめしていたのが印象的です。

(2)「紹介で」などとぼかす

具体的な話をせずに「紹介で知り合ったふたり」といったやや抽象的な表現が使われるパターンもあります。それが共通の知り合いでなくても、アプリであっても、紹介であることは間違いありません。ウソでもなく、後ろめたさを感じる必要はないでしょう。披露宴の司会者には事前打ち合わせで「なれそめについては、“紹介で”と説明してください」というだけでOKです。

(3)触れない

一切触れないという選択肢もあります。不自然な印象になるのでは、と懸念するかもしれませんが、実際に結婚式や結婚パーティー、披露宴などに出席すると、自己啓発セミナーが出会いだった、略奪婚だ、など、なれそめに触れない場合も少なくありません。勘のいい人には、「何かあるんだな」とは思われるかもしれませんが、だからといってマイナスはないでしょう。

 

4:マッチングアプリを通じた出会いによる結婚も少なくない時代に

男女の出会い方にはさまざまなきっかけが存在します。マッチングアプリでの出会いも、時代の変化とともに、より一般的な出会いの選択肢へと変化しました。

身近な生活圏に納得できる出会いがないと感じる場合には、より出会いの可能性を広げてくれるマッチングサービスを活用してみましょう。