恋のなやみに効くメディア

同棲から結婚するタイミングはいつ?結婚前同棲のメリット・デメリット

大山奏K.Ohyama

©gettyimages

目次

隠す

1:同棲すると結婚できないって本当?

よく「同棲すると結婚が遠のく」なんて聞きますが、あれって本当なんでしょうか。結論から言ってしまうと、「NO」の可能性が高いです。筆者自身結婚する前に同棲していましたし、筆者の周りでも同棲して別れたカップルはいません。

ただ、「結婚をする」という約束もなしに、「なんとなくお金も節約できそうだし、一緒に住む?」みたいなノリで同棲を始めてしまうと、失敗するかもしれません。同棲をするなら、結婚の話を詰めてからのほうがよいでしょう。

2:結婚前に同棲するメリット・デメリット

(1)メリット

1.結婚生活をイメージできる

どんなに一緒の時間が長いカップルでも、同じ家に住んでみないとわからないことはあります。たとえば、タオルを変えるタイミングや起きてすぐのルーティーンなど、細かい部分の違いがストレスになる場合も。

また、「実際に一緒に暮らしてみたら、家事能力がゼロだとわかった」なんていうことも発生するかもしれません。そういう意味では、結婚してからを想像できるのはメリットです。

2.生活費を節約して貯金できる

特に、お互いにひとり暮らしをしている状態から同棲するのであれば、家賃や水道光熱費など大幅に生活費の節約ができます。

たとえ、ひと部屋多い物件に引っ越したとしても、ひとり暮らしのふたり分の合計家賃よりは下がるでしょうし、自炊するならふたり分とひとり分ではほとんど変わりません。結婚資金を貯めたいという人には願ったり叶ったりでしょう。

3.浮気などの心配が減る

同棲をすると、相手が浮気をする確率がかなり下がります。それだけ発覚するリスクが高いからです。「遊び人で、仲のよい女友達が複数いて心配」なんて人は、同棲して早めに相手の行動を制御してしまうのもアリでしょう。

ただ、同棲したら、直接的な束縛はしないほうがよいでしょう。息苦しさを感じたら逃げて行ってしまいますよ。

(2)デメリット

1.結婚に踏み切るタイミングを見失う

なんとなく同棲を始めて、いついつまでに結婚しようねと決めていないカップルは、結婚へのタイミングを見失いがちです。最初にも言ったように、同棲するのなら、結婚の話も同時にしてしまったほうがよいでしょう。

2.知らなくていいことまで知ってしまう

相手の悪い面まで見えて、嫌いになってしまうということも考えられます。ただし、悪い面も含めて好きになれるかどうかは自分次第。結婚するなら、遅かれ早かれ知ることになる部分なので、「早くわかってよかった」とポジティブに捉えることもできます。

3.別れを促進することもある

同棲をしてみたら、お互いの相性の悪さに気づいて、別れることになってしまったなんて悲劇もありえます。とはいえ、結婚が先に見えないまま付き合い続けるのは、お互いにとって時間の無駄。同棲解消にはエネルギーが必要ですが、結婚してからの離婚よりは傷が浅くてすみます。

3:同棲から結婚できないカップルの特徴3つ

(1)同棲前に期間を決めていない

「同棲をするのなら結婚の話を」と言いましたが、具体的に期限を決めておかないと、その話は現実になりません。「1年間同棲してみて本当に結婚するか決める」など、きちんと時期を設定しておかないとダラダラと時間だけが経っていってしまいます。

(2)同棲生活に満足している

ふたりともが結婚に対して憧れもなく、同棲生活が快適な場合も、結婚に踏み切りにくくなります。すでに同棲で満足なため、わざわざ結婚するメリットを考えられないからです。

(3)ふたりとも仕事が忙しい

仕事が忙しくてデートに行ける時間がないからという理由で、同棲を始めるカップルもいますよね。そんなカップルも、実は結婚にいたりにくくなります。同棲をしても、結局、お互いが意識しなければ、十分に話し合いができる時間なんて生まれないものなのです。

4:同棲から結婚に踏み切りやすいタイミング5つ

では、同棲から結婚ができなくて困っているカップルが、結婚に踏み切りやすいのはどんな時期なのでしょうか。

(1)仕事で昇進したとき

「経済的な不安から結婚に踏み切れない」という人は結構います。そういう相手の場合、仕事で昇進してお給料が上がったタイミングがチャンスです。「いまできないなら、一生無理だよね」という状況ですから、軽く背中を押してあげるだけで、一歩が踏み出せる可能性が高いです。

(2)結婚ラッシュのとき

周りが結婚ラッシュのときって、男性も女性もかなり焦りますよね。その焦りをもっとも手っ取り早く解消できるのが、「自分たちも結婚してしまう」こと。特に、相手の周りが結婚ラッシュのときは、プッシュするのに最適ですよ。

(3)25歳、30歳、35歳などの区切りのよい年

25歳と26歳、29歳と30歳で、なにかが大きく変わるわけではありませんが、気持ち的には違います。「区切りがいい」というのは、ストンと腑に落ちるもの。なので、男性側も「30歳までには結婚したい」と言われて「なんで? 具体的な理由は? 年齢ってそんなに重要?」などと食って掛かってくることもないでしょう。

もし、そんな態度であれば、結婚しないほうがいいと思います。

(4)転職したとき

20代、30代では仕事の転職を考える人も少なくありません。転職は人生の転換期のひとつですから、それと同時に結婚の話を進めてしまうのもありです。「転職後の慣れない時期を支えてあげたい」という理由を説明すれば、男性も受け入れてくれるはずです。

(5)子どもができたとき

最近では、「子どもができたら結婚する」というカップルも少なくありません。夫婦ふたりの生活と同棲にはさほど違いを感じられなくとも、「子ども」ができて「家族」になるなら結婚しなくては、という気持ちになる人が圧倒的多数です。

たとえ予定外の妊娠でも、責任感が芽生えて結婚に踏み切る、という人もいます。

5:正しく同棲すれば結婚はできる!

同棲する前からしっかりと計画性をもって行動していれば、「同棲したから結婚できない」なんてことにはなりません。同棲を簡単に考えすぎないことが、結婚への近道ですよ。