恋のなやみに効くメディア

母性本能とは?【診断チェック付き!】女性がキュンとする男性の特徴&言動

嬉野あけび

嬉野あけび

©gettyimages

目次

隠す

1:母性本能とは?

母性本能とは、女性が子供を育てるために備わった本能のこと。子供を見たり、守ったり、育てたりする欲求のことです。

男性が不完全な一面を見せると、女性の脳は相手を子供と錯覚して、男性を守らなければならないと思います。なので、母性本能をくすぐる男性は、女性からモテる傾向があります。

2:母性本能は強い…?診断チェックポイント5つ

母性本能が強いと、それだけ母性本能をくすぐる男性に弱いということ。まずはここで診断してみましょう。

(1)他人のために動くのが好き

母性本能が強い女性は、他人のために動くのが好きという特徴があります。他人の役に立ちたいという気持ちが強く、他人から求められることに応えたいと思います。他人が困っているのを見過ごせず、何とかして助けてしまう女性は、母性本能が強いと言えるでしょう。

(2)情に厚い

母性本能の強い女性は、情に厚い人が多いです。なぜなら、感受性が強く、他人事でも自分事のように捉えるからです。他人が困っていれば、自分のことのように考えて助けてあげることができます。他人に感情移入するため、涙もろい一面もあります。

(3)自分より他人を優先させる

自分よりも相手を優先するのが、母性本能の強い女性です。なぜなら、相手の喜ぶ顔が見たいから。相手を優先させると言っても、もちろん相手の言いなりになるわけではありません。自分の意見はありますが、相手の意見を聞き、最善の策は何かと考えることができるのです。

(4)周りをよく見ている

レストランでサラダを取り分けるタイミングなどが、とてもいい女性がいると思いますが、それは周りをきちんと見ているためです。母親が常に子供を観察しているように、母性本能の強い女性は周りをよく観察しているのです。

(5)頼られることが多い

前述したように困っている人を見ると放っておけないのが、母性本能が強い女性です。例えば、誰かに頼まれごとをされると、「自分がやってあげなきゃ」と張り切ってしまうところも。周囲も頼りにしていることが多いです。

3:母性本能をくすぐる男性の外見&内面の特徴5つ

では、そんな母性本能をくすぐる男性とはどういう人なのか。その特徴について見ていきましょう。

(1)本当は寂しがりやのかまってちゃん

普段はしっかり者なのに、彼女には「寂しい」と言ったり、「会える?」などと聞いたりする男性。常に寂しがりやのかまってちゃんだと女性側も引きますが、たまにそういう顔を見せる男性に母性本能をくすぐられるのです。

(2)好奇心旺盛でやんちゃ

好奇心旺盛でやんちゃな男性は、どこか危なっかしいところがあります。失敗するのではないかとドキドキハラハラして、私が守ってあげなきゃと思ってしまうのです。また常に全力で何かに取り組んでいる男性の姿はときめいてしまうものですよね。

(3)童顔でかわいい

子供のようなかわいい顔で微笑まれると、思わず母性本能を刺激されてしまうのではないでしょうか。また、幼さが残る顔で悲しそうな顔をされると、「もう抱きしめてあげたいっ!」となってしまいます。

(4)少しダメな部分がある

完璧な男性より、少しダメな部分がある男性のほうが、母性本能をくすぐるもの。こういう男性に対して、女性は「私がついていなきゃ」とつい思ってしまいます。ただ、「少し」ダメな部分があるのが重要で、「全然」ダメな男性には引っかからないようにしましょう。

(5)無邪気な笑顔を見せる

子供のような屈託のない笑顔をされると、愛おしくて抱きしめたくなってしまいますよね。その気持ちは、まるで子供の笑顔で癒やされる母親そのもの。笑顔がかわいい男性はそれだけ母性本能をくすぐります。

4:職場でも…!母性本能をくすぐられる男性の言動3つ

職場によくいる母性本能をくすぐる男性。続いては、そんな男性たちの言動について見ていきましょう。

(1)「ランチは○○が食べたいな」

「ランチは○○が食べたいな」と言われると、「何か作ってあげたい」と思ってしまいませんか? しかも、その内容がハンバーグのようなお子様メニューだったりするとかわいすぎて、胸がキュンキュンしてしまいます。

また、食べたときに「おいしい」と嬉しそうに言われたら、「今度は私が作ってあげる」と心の中で思ってしまうでしょう。

(2)「何してるの?」

仕事中にメッセージで「いま何してるの?」と聞いてくるのもキュン度が高め。「仕事に決まってるじゃん」と面倒くさくなる女性もいますが、子供が母親を探しているようでかわいいという女性も。

定期的に「何してるの?」と聞くのは、束縛していると誤解されるかもしれませんが、たまに聞くのなら母性本能をくすぐられてしまうでしょう。

(3)仕事終わりに「今日は疲れたー」

普段しっかりと働いている彼氏が、「今日は疲れたー」と肩に寄りかかってきたり、膝枕をせがんできたりするのもかわいいですよね。

いつもはしっかりしている男性ほどギャップがあり、なおさらかわいく映るもの。自分に癒やしを求めてくる姿に「何でもしてあげたい」と思うことでしょう。

5:まとめ

母性本能が強くても弱くても、キュンとしてしまう男性の表情や仕草はあるはず。「それわかる!」と共感できるところも、多かったのではないでしょうか。今回の記事を参考に、好きな人のどの行動にキュンとするのか、改めて考えてみてもいいかもしれません。