恋のなやみに効くメディア

プロポーズのタイミングで多いのはいつ?結婚を決めた男性のサインと前兆

並木まき

並木まきM.Namiki

©gettyimages

目次

隠す

1:男性はどんなタイミングでプロポーズする?

自分の人生の中で、たった一度きりかもしれないプロポーズ。だからこそ何度も練習を重ね、うまく自分の意志が伝えられるように準備をする慎重派の男性は多いです。

一方で、何気ないデートの続きでさらりと告げる男性もいます。また、ロマンティストな男性は、ふたりの記憶に残る思い出の日にプロポーズする傾向も。彼女の誕生日やクリスマスといった恋人同士が過ごす特別な日も、サプライズ好きな男性がプロポーズを狙う日のようです。

2:付き合ってからプロポーズまでの期間で多いのは?

男性がプロポーズを決断するタイミングは、人それぞれ。そこで今回『MENJOY』では、20~40代の男性366名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「交際してからプロポーズまでの期間はどれくらいでしたか?」というアンケートを行いました。回答が多かった5つをご紹介します。

第1位:1~2年未満・・・71人(19.4%)

第2位:半年~1年未満・・・65人(17.8%)

第3位:2~3年未満・・・54人(14.8%)

第4位:プロポーズはなかった・・・27人(7.4%)

第5位:6~7年未満・・・25人(6.8%)

今回は、「1~2年未満」がいちばん多い回答でした。四季を通してデートを重ね、お互いの誕生日やイベントを共に過ごし、相手の性格や生活ペースなど知ったうえで結婚を決意するのに、1~2年はちょうどいい期間なのかもしれません。

3:男性がプロポーズを考えるタイミング5つ

(1)彼女の誕生日

女性がいわゆる「結婚適齢期」とされる年齢だと、男性も交際当初から女性の誕生日を意識しながら交際をしているケースが多いです。プロポーズのタイミングに迷った末に、結局わかりやすい記念日である「彼女の誕生日」を選ぶ男性も珍しくありません。

「結婚のこと、どう考えているの?」という話が出やすいタイミングであるということも理由でしょう。

(2)昇進や転勤など仕事の転機

「仕事で評価され、目標の部署に配属になった」「転勤が決まり、生活拠点を変えて暮らすことになった」など、仕事の転機をきっかけに「家庭をもちたい」と考える男性は多いです。他者から評価されて、自信をもつことが、プロポーズの背中を押すのでしょう。

(3)身近な人の結婚

男性は、親しい仕事仲間や学生時代の友人など、定期的に遊んでいる仲間が結婚していくと、これまでのように自由に遊べず、寂しい気持ちになります。

また、そんな友人たちの結婚式に参列し、友人の家族が感動して泣いている場面や、挨拶をしている姿を目の当たりにすると、自分の両親の姿と重なり、付き合っている彼女との結婚を意識する傾向にあります。

(4)同棲

同棲を結婚生活のシミュレーションと捉え、「結婚前に一緒に住む」という確約のもとで暮らすカップルの場合は、同棲開始とともに「このまま同棲がうまくいけば、○か月後にはプロポーズしよう」などと、先々のプロポーズを計画をする男性も少なくありません。

(5)妊娠

最近では「授かり婚」という言葉もよく耳にします。付き合った当初から結婚を強く意識しているほど、家族をもつ心構えもできているため、彼女の妊娠が発覚すると同時に、プロポーズをするという流れになるカップルも珍しくありません。

4:彼のサインを見逃さないで!男性のプロポーズの前兆3つ

(1)既婚者の友人と遊ぶ機会が増えている

しっかりと準備をしてプロポーズをしたいという男性は、既婚の友人や先輩からエンゲージメントリングの相場や、両家顔合わせのやり方などの話を聞くことで、結婚に向けた計画を立て始めます。

また、結婚後に家族ぐるみで落ち着いた友人関係を築けるよう、独身貴族で派手に遊んでいる友人とは距離を置き始め、安定した家庭を営んでいる友人たちとの交流を深めるようになります。

(2)親友や家族に会わせたがる

仲のいい友人や兄弟姉妹など、自分と近しい人に彼女の存在を紹介するのは、結婚を意識しているサインの定番。

自分と生涯を通して関わっていくであろう人とコミュニケーションをする場に彼女を誘うことで、近しい人たちに、彼女が「妻として相応しい人物か」をジャッジしてもらいたいという心理が働いていることが考ええられます。

(3)具体的な結婚生活の話

「ふたりで住む場所はどこがいいかな?」「服を買いに行くついでに、生活用品や家具も見に行こうか?」など、結婚生活を意識したかのような提案をしてくる頻度が増える場合は、プロポーズの前兆サインです。

「いますぐ」ではないにせよ、近い将来に結婚を考えているからこそ、将来の生活をイメージするような話題を出す男性心理が働いています。

5:まとめ

男性が、プロポーズまでの準備や心構えをするまでの期間には、個人差があります。結婚は一生の問題だけに、お互いの気持ちや環境が整い、最善のタイミングで次の段階へと進められるのが理想でしょう。

「いまの彼と結婚したい!」と思ったならば、彼の気持ちが定まるまでの期間は、急かすことなくじっと待つ姿勢でいたほうが「急がば回れ」で成功する可能性も高いです。