恋のなやみに効くメディア

ゴムなしセックスをしたがる彼氏は「隠れヤリモク」?気持ちいい以外の「つけたくない」理由

月島もんもん

月島もんもんM.Tsukishima

©gettyimages

目次

隠す

1:男性から「コンドームは使いたくない」と言われたことある?

コンドームは避妊だけでなく、性感染症を防ぐ重要な役割を果たします。しかし、男性の中にはゴムなしでやろうとする人もたくさんいます。みなさんはそのような男性と出会ったことがありますか?

今回『MENJOY』では20〜30代の女性138名を対象に独自のアンケート調査を実施。「男性からコンドームをつけなくてもいいかと言われたことがあるか?」というアンケートを行いました。結果は以下のとおりです。

言われたことがない・・・66人(48%)

つけなくてもいいと答えた・・・25人(18%)

つけてもらった・・・36人(26%)

つけてと答えたが断られた・・・11人(8%)

半分以上の女性が「ゴムをつけなくてもいいか」と言われたことがあることに驚きですね。ゴムをしないで得る快感と、妊娠や性感染症になるリスクとではどちらが重いか、少し考えればわかるはずです。なのにどうして男性はゴムなしでやりたがるのでしょうか。

2:男性がゴムなしでセックスしたがる理由3つ

(1)ゴムなしのほうが気持ちいいから

「ゴムなしでのエッチを知ってしまい、ゴムありでのエッチじゃ満足できなくなってしまいました」(Tさん・31歳男性/IT関連)

ゴムなしのエッチはダイレクトに感じることができ、ゴムありでは得ることのできない快感を得られるようです。女性は実感しづらいですが、男性からすると、ゴムありとなしでは全然違うのだそう。

(2)ゴムをするとイケないから

「ゴムをするとなかなかイケないんですよね。エッチでイケないのってなんか恥ずかしくて、だからなるべくゴムをしたくないんですよ」(Kさん・26歳男性/営業)

ゴムをするとイケなくなる男性もいるようです。エッチのとき、イケないと恥ずかしいといったことからゴムをつけたがらないという自分のプライドを優先した理由の男性も。

(3)子供がほしい

「子供がほしいのでたまに彼女にゴムなしでのエッチをお願いします」(Dさん・37歳男性/その他)

子供がほしいといった理由であれば、ゴムなしでのエッチも構いません。しかし、必ずお互いの同意を得てから子作りに励みたいものです。

3:ゴムなしセックスが危険な理由3つ

どうしてエッチの際はコンドームをつけなければならないのか。その理由を説明します。

(1)望まぬ妊娠

ゴムなしでの性行為は中に出さなくても妊娠の確率が上がります。射精時以外にも、男性の我慢汁などでも妊娠することは充分にありえます。なので、子供を作る目的以外は必ずゴムをするようにしてください。

(2)性病に感染するリスク

避妊の役割以外に、ゴムには性感染症を予防する効果があります。性行為が原因で感染する病気はクラミジアやヘルペス、淋病とたくさんあります。ゴムなしでの性行為は自分はもちろん、相手も感染する可能性があることを忘れないように。

(3)ゴムありでの性行為ができなくなる

ゴムなしエッチに慣れてしまうと、ゴムありでのエッチでは満足できなくなってしまうことも。

快楽を感じづらく、イケなくなることもあり、ひどい場合には勃起不全になる可能性も。毎回、ゴムなしでするわけにもいきません。そうなれば性行為自体が困難になることも考えられます。

4:相手に「つけないでしたい」と言われたら…対処法5つ

相手にゴムをつけることを拒まれたらどうしたらいいのでしょうか。そのときの対処法をご紹介します。

(1)「つけて♡」とかわいくおねだり

つけたくないと言われたら「だーめ♡」とかわいく拒んだり「つけて♡」とかわいくおねだりしてみましょう。

可愛く言うことで、その場の雰囲気を壊すこともありません。また男性も言うことを聞いてくれることでしょう。

(2)自分からつける

相手がつけたがらないのであれば、自分からゴムをつけてあげましょう。自らゴムをつける積極的な姿勢に興奮する男性も多いものですよ。

(3)危険日であることを伝える

「今日ゴムなしですると赤ちゃんできちゃうかも」と危険日であることを伝えましょう。

赤ちゃんができちゃうと言われれば、男性もゴムなしでするリスクを考えるはずです。

(4)行為を拒む

どれだけゴムをつけてほしいと頼んでも、ゴムをつけたがらない男性は最低です。そんな男、最悪別れてしまっても構いません。ゴムをつけたがらないのであれば、相手との性行為そのものを拒みましょう。

(5)コンドームで楽しむ

コンドームにも形や香り、質感など、さまざまな種類のものが売られています。

毎回同じゴムではなく、その日の気分によって変えてみたり、変わったゴムにチャレンジしたりすることを提案してみましょう。ゴムが苦手な男性もゴムをつけることが楽しくなるはずです。

5:まとめ

子供を作るとき以外は、コンドームは必須です。しかし、世の中にはゴムをつけずにやりたがる男性も多いです。そのような男性に出会ったら、丸めこまれずに上手に対処してくださいね。

望まぬ妊娠に幸せはありませんし、性病も一度かかれば治らないものもあります。ゴムなしで性行為をすることへの危機感を常にもっておいてください。