恋のなやみに効くメディア

上司と不倫関係に…その結末とは?エピソード5つ

小嶋司K.Tsukasa

目次

隠す

1:上司って魅力的に見えがち…

なぜ上司と部下の社内不倫が多いのでしょうか。それには、社会的構造が影響していると考えられます。

一般的に上司というのは、仕事でトラブルが発生した場合の対処やフォロー、また部下たちをまとめる立場にあります。ですから、それなりに器の大きい人材でないとつとまらないはずです。

それに、指導したり、モチベーションをアップさせたりなど、コミュニケーションが欠かせません。それがときには手厚いケアとあり、恋愛感情につながってしまうことも。

そう考えれば、人として魅力的に映るのは当然なのかもしれません。

2:上司と不倫関係に…不倫が始まるきっかけ5つ

「不倫なんて考えられない」と思っていても、些細なきっかけで上司と不倫関係に発展することは少なくないようです。ここでは上司と不倫関係がはじまる、ありがちなきっかけを5つ厳選してご紹介したいと思います。

(1)職場の飲み会

飲み会では、仕事以外の話で盛り上がったり、会社では知らなかった一面を知ったりする機会もあるでしょう。また、お酒が入っているため大胆になりやすく、気になっていた相手と距離が縮まりやすい場でもあります。それらのことから、職場の飲み会は男女の関係が深まりやすいきっかけの場のひとつなのです。

(2)残業

残業でふたりきり……というシチュエーションも、男女の関係を深めるきっかけになるようです。人間とは、同じ状況を体感をすることで「親近感を感じる」という心理が働きやすいもの。

また楽しいことよりも、つらい状況のほうが親近感が強まる傾向があるため、ふたりで残業する機会が多いほど、距離が縮まりやすいのではないでしょうか。

(3)仕事のサポート

ひとつのことを共同して行うことで、仲間意識や親近感が強まる傾向があります。仕事は人間性が出やすいので、上司がサポートしてくれる部下に惹かれたり、部下が上司の頼もしさに惹かれて、不倫に発展するケースもあります。

職場恋愛が多いといわれているのは、仕事を通して相手の人間性を知ることができるからかもしれません。

(4)仕事の相談

何度も相談を重ねると、ふたりで社外で会う機会も増えると思います。たとえ、お互いに不倫するつもりがなかったとしても、会うことで相手の優しさや真面目さ、人としての魅力に気づくこともあるでしょう。

相談をする時点で相手をそれなり信頼していますから、相談を受ける側に少しでも好意があれば不倫に発展しやすいでしょう。

(5)好意がバレた

人は、好意をもってくれた相手に好意をもつ「返報性」の心理が働きやすいといわれています。つまり、自分の好意が相手にバレたことで、相手にも自分を異性として意識してもらいやすくなるということです。

好意がバレてしまったことで、逆に相手からアプローチをされるパターンもあり、不倫に発展するきっかけになる場合があります。

3:上司と不倫するとどうなる?エピソード5つ

ここでは、上司と不倫関係に発展したエピソードを5つ紹介したいと思います。実際に、上司との不倫を体験した人たちに待っていた結末とは、どのようなものだったのでしょう。不倫に走る前に読んでおくことをおすすめします。

(1) 失恋のさみしさから

「彼氏に“ほかに好きな人ができた”と振られた1週間後に、めずらしく残業後に上司に飲みに誘われた際、失恋したことを話したら、“俺と付き合わないか?”と突然告白をされました。

既婚者だとわかっていて戸惑いましたが、失恋のさみしさもあって、ついついOKしてしまいました。でも、自分を優先してもらえないことが多いのでつらいです」(Mさん・35歳女性/医療関係)

(2)同僚に現場を目撃された

「上司と社内不倫がはじまり、密かにこの関係を楽しんでいました。だけど、たまたま上司の車に乗り込む場面を同僚に目撃されて、社内で噂になってしました。挙句の果てに、上司の奥さんにもバレちゃって……。

結局、上司とも別れて、会社も辞めることとなり、慰謝料も請求されました。いま考えると、本当に馬鹿なことをしたと後悔しています」(Tさん・32歳女性/サービス業)

(3)不倫の果てに妊娠

「ずっと憧れてた上司と両思いだったことがわかり、私が“既婚者でもいいから”と告白して秘密の関係がはじまりました。ですが、その矢先に妊娠が発覚し、彼に相談したら“堕ろして”といわれました。

そのひと言で完全に目が覚めて、上司と会うのが嫌で転職しました。いまは新しい彼ができて幸せです。不倫はもうこりごりです」(Yさん・28歳女性/営業)

(4)不倫を密告する手紙

「ある日、会社に私と上司が不倫していることを密告する手紙が届きました。しかも写真つきで……。上層部から呼び出しがかかり、写真もあったので関係を認めるしかありませんでした。お互い別々の支店に異動になって、あれ以来、彼とは会っていません。

あとから聞いた話では、密告の手紙は上司の奥さん。夫の不倫を知り、会社に送ったようです」(Rさん・38歳女性/接客業)

(5)トラブルが原因で退職

「契約社員だったころ、既婚者女性の上司からしつこくアプローチを受けて、しぶしぶ付き合いましたが、ほかの女性と話しているだけで嫉妬や束縛をされたので、別れを切り出しました。

それ以来、自分へのあたりが強くなり、契約満了で退職しました。会社側に引き留められましたが、不倫の影響だったので、本当の理由がいえずに悔しかったです」(Kさん・33歳男性/IT関係)

4:上司との不倫が危険な理由3つ

人を好きになるのは仕方がないことですが、職場の上司との不倫は危険がいっぱいだということを知っておきましょう。「この人が好きだから!」という安易な考えで、関係を結んでしまうと最悪の結末が待っているかも……。

(1) 職場にバレるリスク

職場内での不倫は、周囲の人にバレやすいといわれています。本人たちが気づいていないうちに、「独特な雰囲気」を無意識に醸し出してしまいがちです。

もし職場にバレてしまったら、どちらも職場内でのイメージダウンにつながりますし、批判的な人もいますから職場にいづらくなる可能性があります。

(2) 不倫が本気の恋になる

関係を続けていくうちに、いつの間にか本気になってしまい、最後は一方的に別れを告げられる人もいます。そうなってしまうと、相手は同じ職場なので忘れたくても忘れることができず、失恋のつらさでメンタルがボロボロになってしまうかも……。

不倫は本気になってしまうと、なかなか抜け出せなくなるので本当に厄介です。

(3)バレて処罰されるのは自分

会社によっては、不倫がバレるとクビになってしまうところもあるようです。また、相手のパートナーから慰謝料を請求されるかもしれません。上司との不倫がバレてしまうことで、何かしら自分が処罰される可能性はきわめて高いのです。

上司と不倫の関係を結ぶには、相当な覚悟がいるということを覚えておいてくださいね。

5:まとめ

いっときの感情で上司と不倫の関係になった場合であっても、それなりのリスクをはらんでいるということを忘れてはいけません。安易な考えで、関係を続けてしまうと、あとになって悲惨な修羅場が待っているかも。上司との不倫にはくれぐれも注意しましょう。