恋のなやみに効くメディア

不倫の別れはドラマチック?涙と修羅場のリアルエピソード

並木まき

並木まきM.Namiki

©gettyimages

目次

隠す

1:不倫に別れはつきもの

(1)不倫の結末は…たいていのケースで別れ

恋愛の末路は結婚か別れといわれますが、不倫の末路は多くのケースで「別れ」です。今回『MENJOY』では、20~40代の女性369名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「不倫をしたことがありますか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおりです。

ある・・・88人(24%)

ない・・・281人(76%)

続けて「ある」と回答した88人に、「不倫の恋はどうなりましたか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおりです。

別れた・・・59人(67%)

交際継続中・・・22人(25%)

結婚した・・・7人(8%)

「やはり」というべきか、多くの不倫が「別れ」の結末を迎えている実情が浮き彫りとなりました。

(2)なぜ不倫の結末は別れになるの?

不倫をしたことがある人の7割近くが別れを選んでいるという事実。この背景としては、単刀直入に言ってしまえば、不倫からの結婚に対するハードルの高さ。

「一夫一妻制度」である日本において、すでに別の人と入籍している状態で別の異性と交際を始めても、結婚に至るには多くの壁が存在するというのが、もっとも大きな理由でしょう。

(3)男性が不倫相手と別れたいと思う瞬間とは?

女性から身を引く「別れ」より、実際は、男性から別れを切り出すケースが多いようです。別れを選ぶタイミングは「相手から、結婚をせがまれているが、自分は離婚する気がないとき」「妻に不倫がバレそうなとき」「火遊びのつもりなのに、相手が本気になっていると感じたとき」などが代表的。つまり、「遊びのつもりが遊びで済まなくなりそうになったとき」です。

また、「さらに別の女性に心を奪われたとき」という人も。

2:ドラマチックなの?不倫相手から届いた別れのLINEエピソード3つ

(1)生まれ変わったら必ず一緒になろう

「2年間、不倫した相手と別れた理由は、相手の奥様に不倫がバレたこと。彼には離婚をして、私と一緒になってもらいたかったけれど、叶いませんでした。最後にやりとりしたLINEには、“今世ではダメだったけど、来世に生まれ変わったら必ず一緒になろう”と書かれていて、読んだ瞬間は泣き崩れましたね……。

そのLINEを最後に、すっぱりと連絡を絶ったので、しばらくのあいだは、彼との思い出を回想しながら、そのLINEを何度も読み返していました」(Tさん・35歳女性/医療関係)

(2)罵倒されまくり男性不信に…

「前の職場で上司と不倫していましたが、別れ際は文字通りのドロ沼でした。別れ話をLINEで1か月近く続けましたが、最後のころは相手が私を罵倒する一方で、まともに読んでいたから精神的に病みました。もう、男性不信というか、人間不信、ですよね……。

“不倫をするような女は、人間のクズ”だの“俺らのことを今後誰かに話したら、お前のことをとんでもない女だって役員たちに言いふらしてやるからな”などと書かれていました」(Rさん・38歳女性/コンサルタント)

(3)10年後も独り身だったら連絡をしてくれ

「1年ほど不倫した相手と別れた後、最後に1回だけLINEが届きました。そのLINEには“もしも10年後も独り身だったら、連絡をしてくれ。その頃なら、きっと俺も離婚して独り身になっているはずだから”って書かれていました。

その不倫相手の彼は、私のこととは別に、奥様とのあいだに問題を抱えていて、遅かれ早かれ離婚はするつもりだと話していたんですよね。仮の話だとはわかっていても、彼と別れて心細かった私にとって、そのLINEは支えになりました。あと7年あります……」(Kさん・33歳女性/販売)

3:修羅場に!最悪の不倫の別れエピソード3つ

(1)不倫相手の妻が家に乗り込んできた

「飲み会で知り合った男性と不倫していましたが、相手の奥様が私の家に乗り込んできました。彼がいなくて、私ひとりのときにいきなり押しかけてきて、大声で“泥棒猫!”などと罵られました。

1回だけでなく、10回以上そんなことがあり、結局、恥ずかしくてその家に住んでいることもできず、引越しをしました」(30歳女性/製造)

(2)妻が不倫相手になりすまして証拠を取られた

「不倫相手から“妻バレしたかも”とは聞いていたのですが、まさかって思っていたんです。ある日、彼からLINEがきて“俺らの旅行の写真を送って”と言われ、私のスマホに保存していた写真を何枚か送ったのです。

なんと、そのメッセージは、彼のスマホを取り上げた奥さまが、不倫の証拠を掴もうとしていたものだったんです。そうとは知らず、彼とのラブラブ写真を大量に送ってしまった私……。大バカです。結局、その後、奥様から私のもとに弁護士名が書かれた書面が届き、慰謝料を請求されました……」(37歳女性/IT)

(3)実家の親に連絡された

「3年ほど職場の先輩と不倫をしていましたが、最終的には、彼の家族に関係がばれました。それで、相手の奥様が私の実家を突き止め、実家に連絡し、一部始終を報告。

親には泣かれ、きょうだいには呆れられ、勘当状態になりました。今は法事などの連絡は来ますが、距離は縮まっていません……」(32歳女性/秘書)

4:それでも不倫相手と別れたくない…解決法3つ

(1)一生、日陰の身でいる覚悟を決める

不倫相手とどうしても別れたくないなら、自分は一生、日陰の立場でいる覚悟を決める必要があるでしょう。相手の離婚や自分との結婚を望むほど、不倫関係はドロ沼に向かいがちです。

(2)一旦、距離を置く

不倫相手との関係が膠着状態にあるならば、一旦距離を置いて、自分の本当の気持ちを確かめるのも一案です。「別れたくない」と思っている理由が、ただの執着なのか、それとも本当の愛なのか。それがわからなくなってる可能性も高いですから。

(3)時間をかける

不倫に限らず、男女関係は一度こじれるとすぐには解決しない問題のほうが多いです。「どうしても別れたくない」と思うのであれば、結論を先送りにして、時間が何かを解決してくれるのを待つ、というのも方法でしょう。

5:まとめ

不倫の別れは、悲恋の関係に酔いしれてドラマチックになりがちなのも現実でしょう。しかし言うまでもなく、不倫は人の道から外れた行為。万が一、足を踏み入れてしまっているのであれば、深入りする前に、少しでも早く抜け出すことを強くおすすめします。