恋のなやみに効くメディア

旦那と喧嘩した…原因と仲直り方法は?夫婦喧嘩の平均頻度や解決法5つ

大山奏K.Ohyama

目次

隠す

1:旦那と喧嘩ばかり…夫婦喧嘩の解決法が知りたい!

(1)夫婦喧嘩の平均頻度は?

「保険のビュッフェ」がいい夫婦の日にちなんで25歳~39歳の既婚男女480名を対象に『夫婦の関係と満足度』の調査を行いました。その結果によると、一番多かったのは、「月に1回」と「しない」の2つ。両方とも20%とという結果になりました。また3番目に多かったのは「3ヶ月に1回」という結果でした。

喧嘩するほど仲がいいとは言いますが、夫婦喧嘩と夫婦の関係の満足度のアンケート結果を見てみると、喧嘩が少ない方が断然満足度が高いということがわかりました。

月に1回以上の頻度で喧嘩をしているという人は、夫婦関係があまり良好ではない印かもしれないので気を付けてくださいね!

(2)旦那と喧嘩して無視されたらどうする?

旦那と喧嘩をしても、言いたいことを言い合って、終わった後にはすぐ仲直りができるのであれば、お互いに相手への不満が積もり積もったりしないので大丈夫かもしれません。ですが、困るのは無視されて会話がない時間が長く続くことです。

筆者の周りの既婚女性に聞いてみたところ、旦那と喧嘩して話さない日が最大で1ヶ月続いたこともある人がいました。そのときは、かなりのストレスで胃がずっと痛かったそうです。

愛の反対は憎しみではなく無関心だとも言われます。せめて喧嘩をしていても挨拶くらいは交わすようにしないと、夫婦関係の修繕が難しくなってしまうかもしれませんね。

 

2:夫婦喧嘩の原因トップ7

ではみなさんはどんな理由で夫婦喧嘩をしているのでしょうか? 『Menjoy!』が既婚男女464人を対象に行った、「夫婦喧嘩の原因について」のアンケート調査結果をもとに、夫婦喧嘩の原因トップ7を紹介します。

7位 休日の過ごし方、旅行の予定(11.6%)

まず第7位からご紹介します。

第7位は「休日の過ごし方や旅行の予定」についてでした。夫婦共働きの場合は、休日しか2人でゆっくりできないということもあるでしょう。ですが、休みの日に片方は遊びに行きたく、片方が家でのんびりしたいとなると喧嘩になることも多いそうです。

また、たまに旅行に行きたいとなったときは、行きたい場所はもちろん、何日間行くのか? 移動手段は何にするか? 泊る場所など、決めなければいけないことがたくさん出てきます。そうなると意見の違いから喧嘩に発展してしまうこともあるのでしょう。

6位 実家との関係(11.9%)

次に多かったのが、実家との関係の問題でした。結婚は家と家との関係が繋がるという意味もあります。理想的なのは、夫婦どちらもがお互いの家族にも好かれること。ですが、なかなかそれは簡単ではありません。

また、筆者の周りでよく聞く話としては、「夫が実家の母親の言うことばかり聞いて、自分の意見を聞いてくれない」という愚痴です。そして男性側からは、「奥さんと母親との間に立たされてストレスがたまる」なんて声も聞きます。

家庭によって習慣なども違うため、合わせていくのは大変なのでしょう。

5位 言葉遣い、お礼を言わない(12.5%)

第5位になったのは、「言葉遣いや、お礼を言わない」などの行動でした。夫婦とは言え、感謝の気持ちは言葉に出して言わないと相手に伝わらないですよね。

ですが、なんとなく毎日を過ごしているうちに相手に感謝する気持ちを忘れてしまったり、相手がしてくれることが当たり前と思ってしまうこともあるのかも。

筆者の周りの円満夫婦に話を聞くと、夫婦が仲良くするコツは「小さいことでもお礼を言うこと」と答えてくれます。ついつい忘れがちですが、「ありがとう」のひとことがとても重要になるのですね。

4位 家事の分担、育児の分担(18.5%)

第4位は、「家事の分担や育児の分担」について。

働きながら家事をするのって本当に大変です。また働かない状態でも家事と育児をこなすのは重労働。だからこそ、お互いに不満が出やすく喧嘩になってしまうのでしょう。

家事を手伝ってくれる夫なら喧嘩にはならないのでは?と思うかもしれませんが、筆者の周りからは「家事をしてくれるのは嬉しいけど、洗濯物の干し方が雑で全部あとでやり直すから逆に手がかかる」なんて贅沢な不満も出ていました。

逆に夫がすごく几帳面な性格の夫婦では「妻の掃除の仕方が気に入らない」と喧嘩をしていることも。基本的に毎日しなければいけないことなので、不満もたまりやすいのかもしれません。

3位 普段の態度、生活習慣(20.0%)

ここからはTOP3の発表です。第3位になったのは、「普段の態度、生活習慣」でした。普段の態度は、第5位の“言葉遣い”などにも通じるところがあるかもしれません。

こちらも筆者の周囲に話を聞いたところ、妻の方が「30代後半になって健康に気を付けた献立を作っているのに、味が薄いとか言われたり、晩御飯が終わってからおやつを食べだしたりするから、つい“やめて”って言っちゃう」とのこと。それが原因で何度も喧嘩をしているそうです。

良かれと思ってしていることで喧嘩してしまうのって、なんだか寂しいですよね。また寝る時間が違うなどもストレスになることがあるようです。

2位 コミュニケーション不足(22.8%)

第2位に選ばれたのは、「コミュニケーション不足」でした。夫婦ってお互いに気を許しているからこそ、「これは言わなくても大丈夫だろう」ということが増えてしまいがち。

ひとこと言っておけば喧嘩は避けられたのに、言わなかったがために「何で教えてくれなかったんだよ!」なんて逆上しちゃうパターンもあるのでは?

忙しくても人と人はやっぱりコミュニケーションをしっかりとっておかないと、どこかでズレが生じてしまうものなのかもしれませんね。

1位 金銭問題、収入、金銭感覚の違い(27.2%)

そして第1位になったのは金銭問題、収入、金銭感覚の違いでした。「やっぱりね」と思った方も、「それが1位!?」と驚いた方もいるでしょう。「愛があればお金なんて」って思っていられるほど、世の中甘くないという結果でしょうか?

相手の収入についての不満や、何かを買うときの金銭感覚の違いなどは個人個人でかなり差がでてしまうものです。特に家計を一緒にしている夫婦だからこそ、余計に大きな問題になりやすいのかもしれません。

ちなみに2番目に多かったのは、その他(23.5%)。で、この中で1番多かったのが「喧嘩をしたことがない」というものです。喧嘩をしないというのは、羨ましいですが、中には「喧嘩をする前に諦める」という回答もありました。

「喧嘩するほど仲がいい」と昔から言われていますし、喧嘩をしないというのも理由によっては良くないことなのかもしれないですね。

 

3:夫婦喧嘩で絶対に言ってはいけない禁句3

喧嘩する原因がわかったところで、夫婦喧嘩で絶対に言ってはいけない禁句を、離婚経験者の女性から聞いてみました。

(1)「結婚なんてしなければ良かった」

「私は喧嘩した勢いで“結婚なんてしなければ良かった”って言っちゃったんです。そのとき相手はショック受けてただけみたいに見えたんですけど、それから喧嘩がさらに増えて、1年後には離婚を申し出られました。今思うときっかけはこの言葉だったんじゃないかと猛烈に後悔しています」(Gさん/43歳)

(2)「どっか行って」

「“どっか行って”は絶対にダメですよね。これは前の夫に言われた言葉なんですが、この言葉を言われた瞬間に“あぁ、もう無理なのかも”って思っちゃったのを覚えています。

たぶん元夫もそこまで深い意味で言ったわけじゃないんだろうけど、夫婦って喧嘩をいくらしても、完全否定だけはしちゃいけないと思いました」(Tさん/33歳)

(3)「浮気しちゃうよ?」

「夫が不倫してるのを知って喧嘩になって、怒りすぎてわけわかんなくなって“私も浮気しちゃおっかなぁ”って言ったんです。そのときの彼の怒った顔っていったら。もちろん相手が先にやったんですけど、それでもこの言葉は最後のとどめみたいになっちゃいましたね。

他の異性をにおわすような言葉は、夫婦の信頼関係を一発で壊すと思います」(Oさん/40歳)

 

4:旦那と喧嘩して家出!家出の行き先3

夫婦喧嘩したら、少し頭を冷やすためにも一旦家出したくなることもありますよね。そんなとき女性たちはどこに逃げているのでしょうか? 経験者に聞いてみました。

(1)実家

「私は実家が比較的近くにあるので、すぐに実家に帰っちゃいますね。友達も結構そういう人が多いです。親に愚痴も聞いてもらえるし、ご飯も作ってもらえるし、家出には最高の場所ですよ」(Uさん/33歳)

(2)友達の家

「実家が遠くて、ほいほい行ける場所じゃないので、友達に泣きの連絡をして泊めてもらうことが多いですね。逆に友達が喧嘩したってときも、うちに泊めたりしますし。お互い様です」(Fさん/29歳)

(3)行きつけの飲み屋

「正直喧嘩して家出してもそんなに頼れる場所がないので、行くなら行きつけの飲み屋さんくらいですね。若いころはネカフェとかに2晩くらい泊ったこともありましたけど、今はそれも辛いので飲んでいい気持ちになって、朝になったら帰ることが多いです」(Kさん/29歳)

 

5:夫婦喧嘩後に仲直りするきっかけの作り方5

では最後に夫婦喧嘩をした後に、夫婦が仲直りするきっかけの作り方を紹介します。筆者の周りの男女が実際にやって成功したものばかりですよ!

(1)美味しい料理を作る

女性なら美味しい料理で相手を喜ばせるというのが一番いいやり方かもしれません。夫の大好物をたくさん作るという人もいれば、夫の好きなワインを買ってきてそれに合わせて料理を作るという人もいました。

(2)相手の興味のある計画を立てる

人は自分に興味のあることを持ちかけられると弱いですよね。喧嘩してお互いに仲直りしたいけれど、素直になれないときには、相手の興味ある分野の遊びの計画を立てて持ちかけるといいみたいです。

例えば、相手が行きたがっていた場所で旅行計画を立てるのも良いですよね。

(3)悩み事を話す

喧嘩していても、夫婦なら真剣な悩み事を相談をされれば、聞いてあげたくなるものみたい。喧嘩の原因と直接関係ない日常の悩み事などを相談して、相手を頼りにしていることを示すと、いつの間にか喧嘩がなかったことになっているなんてこともあるそうです。

(4)軽いいたずらをする

子供っぽいやり方かもしれませんが、仲直りのきっかけなんてちょっとしたことで充分。男性の中には、軽いいたずらをして相手の心をほぐすという人もいました。でも、やり方を間違えると喧嘩がもっと大きくなる可能性もあるので、充分に考えたいたずらにしましょう。

(5)褒める

褒められて嫌な気分になる人はいません。簡単ですが効果抜群だとみんなが語ってくれたのが、普段褒めないような相手の部分を褒めて機嫌を取るというもの。

「普段はそんなこと言わないくせに……」と突っ込まれることもあるようですが、「そうだけど、喧嘩もう嫌だから」と言えれば仲直りできるそう。

 

6:夫婦喧嘩で仲良しに!?

今回は夫婦喧嘩の原因や対処法などを紹介しました。男女それぞれに話を聞く中で、夫婦喧嘩をしたからこそ絆が深まったという経験を持っている人も多くいることがわかりました。

ピンチはチャンスと言います。夫婦喧嘩でお互いに普段は言えないことを言ったおかげで、自分や相手の本当の気持ちに気づけるメリットもあるかもしれませんよ。

 

【参考】

『夫婦の関係と満足度』 – 保険のビュッフェ