恋のなやみに効くメディア

女性脳と男性脳の違いまとめ|女性のもつ共感力を恋愛に活かす方法も

相川葵A.Aikawa

目次

隠す

1:女性脳と男性脳とは?

「女性脳」「男性脳」とは、女性や男性の脳構造の違いによって、考え方にそれぞれの性別特有の特徴が出る状態や、その特徴そのもののことをいいます。通常は脳の構造に従って、女性なら女性脳、男性なら男性脳となることが多いようです。

しかし、中には女性でも男性脳、あるいは逆のパターンとなることもあり、科学的にはまだはっきりと立証されているわけではありません。

【関連記事】

男性脳とは?女性脳との違いは?男性脳の女性の恋愛・性格傾向や特徴はあるのか

2:女性脳と男性脳の違い5つ

それでは、女性脳と男性脳とで代表的な違いを5つ挙げてみましょう。とても特徴的なところなので、「あー、わかる!」と感じる人も多いかも!

(1)恋愛に対する考え方が違う

恋愛とは何なのかを考えたとき、より自分の人生に近しいもの、人生に不可欠なものと考えてしまうのは、圧倒的に女性脳の人です。

男性脳の人にとって、恋愛はなくてはならないものというわけではありません。人生に添えるスパイスであったり、心の栄養になったりするかもしれませんが、人生と一体化するようなことはないでしょう。

(2)相手に対する気遣い度が違う

男性脳と女性脳の違いは、相手に対する気遣いに出ることがよくあります。女性脳の人が、相手に非常な気遣いを見せるときは、優しさだけではなく、自分の印象をよくしたい!という心理が隠されているもの。反対に男性脳の人は、気遣いよりも理屈を重視してしまいがち。

(3)怒るときは望むものが違う

男性脳の人が怒ったときは、実質的な解決を望むために、具体的な話し合いとか、ケンカの目的といったものにフォーカスしがち。いっぽうで、女性脳の人が怒ると、感情的に発散をしたり、相手の共感を求めたりしますので、男性脳の人と女性脳の人のケンカは噛み合わないことがよくあります。

(4)好きな人へのアプローチ方法が違う

恋をしたとき、男性脳の人は、相手に対してどのように近づくか……というふうに、自分が何をしたらよいかについて考えていることが多いもの。恋をすると、好きな人と近づくために色々な策略を巡らせます。

反対に女性脳の人は、相手が自分のことをどう思っているか?と、具体的な行動よりも相手の感情にフォーカスすることが多いようです。ですから、具体的なプランがなかなか立たずデートも成り行き任せ、優しさだけで乗り越えるようなことが起こるでしょう。

(5)心理的な圧迫感の連続に弱い

世の中はいろいろなストレスに満ちているものですが、とりわけ連続する大きなトラブルに伴って起こる強いストレスに弱いのは、圧倒的に女性脳の人です。ひとつひとつのトラブルに着実に対応していくことができるのは、どちらかといえば男性脳の人でしょう。

感覚で対応してしまいやすい女性脳の人に対して、男性脳の人は具体的な対処法を立てることに長けているため、トラブルが大きかったり、連鎖してたりするほど、早く着実な対応ができる傾向です。

【関連記事】

あなたは男性脳?それとも女性脳?男性脳と女性脳それぞれの特徴と診断テスト!

3:あなたはどっち?女性脳・男性脳診断5つ

あなたが女性脳タイプか、男性脳タイプかがわかる、簡単な診断をご紹介します。あてはまるものが多いほど女性脳に近い診断です。数を数えてみてください!

(1)フラれた日は友達と飲みたい

恋を諦めなくてはいけなくなった日、ひとりで過ごしたいと思うよりも、誰かとお酒でも飲みながら愚痴を言いたい……と思う人は、女性脳の可能性が高いようです。

(2)どこかへドライブするとき出発前に地図を見たりしない

女は地図が読めない、などという話もありますが、そもそも女性脳の人は、出発前に地図を見て、あらかじめルートを頭に入れる……というようなことをしないケースが多いもの。男性脳の人は計画を立てることが多いので、地図を見ておいたり、ルートを確認しておいたりするでしょう。

(3)電話をしながら家事もできる

よくいわれることですが、ふたつ以上の作業を一度にできるのは、女性脳の特徴のひとつです。片方をやっていると、もう片方が疎かになる人は、男性脳が優位なのかもしれません。

(4)友達からの愚痴はとにかく話を聞いてあげる

話を聞くことを重視するのは、女性脳タイプといえそう。一方、男性脳タイプは、あれこれと解決策を考えて、アドバイスになるよう努力することが多いのです。

(5)占いを信じる

世の中、女性に比べて男性のほうが占いを信じない……と発言している人が多いですよね。女性脳の人のほうが、占いを信じたい傾向にあります。

【関連記事】

男脳と女脳は恋愛にこうも影響する!男性脳と女性脳の違いと診断

4:女性脳が強い人が恋愛で気をつけるべきこと3つ

男性でも、女性脳が優位という人はいるもの。もちろん、女性ならばなおさら。そんな女性脳タイプの人が、恋愛で注意したいことをまとめました。

(1)過度に束縛しない

女性脳タイプの人は、恋の相手を束縛したい傾向が強くなります。相手が自分のことを愛してくれないのではないかと、どうしても不安なのです。しかしその束縛によって相手を失うこともあるので、注意しましょう。

(2)相手を信頼する

束縛と同様、相手を信頼するのも重要です。ちょっとしたことで相手を疑う発言や行動をすると、相手の自尊心を傷つけてしまうでしょう。

(3)嫉妬心を見せるのはほどほどに

嫉妬というのは醜い感情と受け取られることが多いものです。ちょっとの嫉妬なら可愛くても、それが醜い色を帯び始めると嫌になってしまいます!

5:自分の脳の特徴を活かして

女性脳にも男性脳にも、よい点が必ずあるものです。自分の脳がどのような働きをしているのか、特徴をよく把握し、よい点を活かしていけば、恋愛においても上手に自分を運ぶことができるようになりますよ!