恋のなやみに効くメディア

頭の良い人ってどんな人?頭のいい彼氏を見分ける方法も

大山奏K.Ohyama

©gettyimages

目次

隠す

1:頭の良い人の魅力とは

頭が良い人って好きですか。頭が良いというのは、単に記憶力が良いとか、勉強ができてテストで点がとれるということではありません。頭が良い人との会話は弾みやすいですし、仕事も効率的にこなすため、一緒に働く場合にもストレスがありません。

「付き合うなら自分以上に頭が良い人じゃないとダメ」という女性もいるほど。コミュニケーション能力や察する能力に長けているのは、恋愛においてもポイントが高いですよね。

2:頭の良い人の特徴5つ

(1)人の言いたいことをすぐに理解する

集団の中にうまく話せない人がいて、「何を言いたいのか全然わからない」なんていうときにでも、頭が良い人はすぐに理解します。ときには、「え、そんなことが言いたかったの」と、どうして理解できたのかわからないところまでフォローできるから驚きです。

これは、知識があり、周辺情報とその人の言葉を結びつける能力が高いことの証です。

(2)優先順位をつけるのがうまい

仕事においても生活においても、優先順位をつけて「プライオリティが高いものから片づけていく」というのが効率的です。頭が良い人は、この能力が高いため、仕事もプライベートの用事も効率良くこなせます。「頭が良い人が仕事が早い」と言われるのは、主にこれが理由です。

(3)話のテンポが速い

会話のテンポが速く、相手へのレスポンスも適切なので、会話が弾みやすいというのも頭が良い人の特徴です。自分の話すべき内容を、その場に合わせて臨機応変に変えることができるのがすごいところ。ときには、自分がピエロ役になって周りを笑わせたりもしてくれます。

(4)独創的なアイデアを出す

頭が良い人は、人が思いつかないような独創的なアイデアを軽々と出し続けます。新しい商品の開発や、プローモーションの企画などをやらせると、周囲を驚かせるような能力を発揮します。

これはいつでも自分の周りに起きていることを観察しているからこそ。ですが、本人はそれが当たり前だと思っているため、周りがなぜ思いつかないのかがわからないのです。

(5)話をまとめるのがうまい

話をまとめる力がない人って、長々と同じような話を続け「結局何が言いたいの」と周りをイライラさせてしまいます。頭が良い人は、こういう人が言いたいことを、「つまり○○ですね」とズバッとまとめてくれることもしばしば。も

ちろん自分で話をするときも、論理的でわかりやすく説明することができます。

3:頭の良い人と悪い人の決定的な差5つ

(1)多種多様な価値観を受け入れられるか

頭が良い人は、基本的に周りの価値観と自分の価値観が違うことを理解しています。そして自分以外の人々の価値観を受け入れるだけの心の広さをもっています。

自分とは違う考えの人の言うことも素直に聞き、「なぜそう思うのか」まで考えるので、より深い洞察力を身につけることができるのです。

(2)好奇心が強いか

知らないことを知りたいと思えるか、未知なるものを面白そうと思えるかどうかは、頭の良さに関わってきます。頭が良い人は基本的に好奇心が強いため、知識に対して貪欲です。その結果、どんどん知識を増やして博識になれます。

(3)論理的かどうか

頭が良い人は論理的に考え、頭が悪いと言われる人は非論理的に考えます。そのため、頭が良い人はたまにクールで、冷たい印象をもたれてしまうことすらあります。ただこのクールさで、いつでも冷静な判断ができるので、危機的状況になったときには頼れるリーダーになれます。

(4)他の人に興味を示せるか

頭が良い人は他人への興味が高く、他人との会話の中に自分が興味を惹かれるものがないか、常にアンテナを張っています。そのため、新しいものを見つけたり、楽しんだりする回数が多くなります。人生が豊かであると言えるでしょう。

(5)コミュニケーション能力が高いか

コミュニケーションとは、話している内容だけでなく、相手の仕草やイントネーション、表情などのノンバーバルなものも含みますよね。頭が良い人は、話しながらこうした非言語の行動に注意を払って、相手に合わせて言い方を変えたり、内容を変えたりできます。

4:頭の良い人の恋愛傾向5つ

(1)感情表現豊かな女性が好き

人は恋愛相手に、自分にはないものを求める傾向があります。そのため、感情表現豊かな人を好みやすいです。ただし、ヒステリックに怒ったり、急に泣き出したりするようなマイナスの感情を出す人とは距離をおきます。

(2)知識を現実に応用できる

恋愛についてのテクニックをいくら知っていても、それを現実の恋愛に応用できるかどうかは別問題です。ですが、頭の良い人は、知識を現実の恋愛に当てはめて使う能力が高いです。

それどころか、自分のもっている知識と現実を組み合わせて、もっと効果的な演出を考えることもできます。

(3)とっさの判断でデートプランを変更できる

デートプランって、いくら綿密に組んでも、どうしようもない理由で変更せざるをえなくなることがありますよね。そんなときに、とっさの判断で臨機応変に対応できるのも頭の良い人の特徴です。

(4)相手を操ろうとする

頭が良い人は自分が意識していうようといまいと、人を操ってしまうところがあります。言葉を巧みに操って、自分の価値観をうえつけたり、「こうしてほしいな」という方向に誘導したりするのがうまいです。とは言え、うますぎて相手が気づかない、ということが多いようです。

(5)連絡が急に減ることがある

頭が良い人は、急に新しいアイデアが頭に沸いてきたり、難しい問題を考え始めたりする傾向にあります。そして、一度そのスイッチが入ってしまうと、ひとりきりで何時間も考えに没頭してしまいがちです。その結果、急に連絡がなくなって、相手を不安にさせてしまうことも。

5:頭の良い人の見抜き方3つ

(1)感情的になるかならないか

頭が良い人は、あまり感情的になることはありません。感情に支配されても良いことがないと知っているからです。ですから、怒ったり動揺したりしそうな場面で、感情的になるかどうかはひとつの見極めポイントとなります。

(2)いろいろな話題についてこられるか

会話をしているときに、相手が知らなそうなジャンルについて話を振ってみるのもいいでしょう。どんな話題にもついてこられたり、まったく知らない話題にも興味を示したりするのあれば、相手は頭が良い可能性が高いです。

(3)スケジュールの立て方が合理的か

仕事でもプライベートでも、何かの予定を立てるときに、スマートな予定の立て方ができるかどうかも見てみると良いでしょう。頭が良い人が作る予定は合理的で、何か不測の事態が起こったときのためのバッファーが用意してあることが多いです。

6:頭が良い人になりたい!

頭が良い人と一緒にいると、ストレスをためることは少ないですよね。そのため、頭が良い人は恋愛でもモテます。もし。頭が良くなりたいのであれば、まずはいろいろなものを好き嫌いせずに見てみることをおすすめします。自分の知らない世界をどんどん知っていくことが、世界を広げ、頭を柔らかくしてくれますよ。