恋のなやみに効くメディア

男性の嫉妬…行き過ぎに注意して!嫉妬する理由やタイミングとサイン

嬉野あけび

目次

隠す

1:女とは違う!男の嫉妬が実は怖い

女性の嫉妬より、男性の嫉妬のほうが怖いって知っていましたか。なぜなら、男性の嫉妬は長引くから。よく、「女性は記憶を上書き保存し、男性は別フォルダ保存する」と言われますが、これは事実。そして、男性は、ことあるごとに嫉妬の感情を思い出すのです。

2:本能的なものも…男の嫉妬心の本当の理由3つ

(1)独り占めしたい

男性は、女性を独り占めしたいという本能的な気持ちがあると言われています。これは生物学的なもので、男性は多くの子孫を残したいと思っており、ほかの男性が女性を妊娠させることに嫉妬心を覚えるんだそう。

だから、その原因でもある女性にも、嫉妬の感情を剥き出しにしてしまいます。

(2)自信がない

自信がない男性は、ほかの男性と彼女が話しているだけで嫉妬します。なぜなら自分の魅力に自信がないから。彼女がその相手に惹かれるのではないかと不安になってしまうんです。

(3)誰にも負けたくない

男性の中には、すべてのことを「勝ち負け」で考える人がいます。そういうタイプは、恋愛においても「勝ち負け」で考えるので、意中の女性が親しそうに誰かと話しているだけで、自分は負けたと感じてしまいます。そして、「負けたくない」という気持ちから嫉妬を覚えるのです。

3:男性が嫉妬しやすいタイミング3つ

(1)ほかの男性と比べられたとき

男性は女性から褒められたい生き物です。なのに、ほかの男性の話を出され、「○○君の年収はいくららしいよ」とか「○○君の筋肉ってすごいよね」なんて言われた日には、たまったものじゃありません。きっと心の中は嫉妬心で煮えくり返っていることでしょう。

(2)ほかの男性と楽しそうに話しているとき

彼女がほかの男性と楽しそうに話しているときも、男性が嫉妬しやすいタイミング。自分と話しているときよりも楽しそうだったり、話が盛り上がっていたりすると、嫉妬心はさらに高まります。

(3)元カレの話が出たとき

女性は元カレの話を「もう終わったこと」だと思って、楽しそうに話してしまうものですが、男性は「まだ連絡をとっているのではないか?」「まだ好きなのでは?」と疑心暗鬼になってしまいます。

4:嫉妬している男性が見せるサイン2つ

(1)急にそっけなくなる

何を話しても、返事がそっけなくなり、「あっそ」「ふーん」しか言わなくなったら、嫉妬している証拠。これは、男性の嫉妬心に気づかずに、嫉妬を煽るようなことを話し過ぎたときに起こることが多いです。

(2)黙り込む

楽しそうにほかの男性の話をしたり、ほかの男性を褒めたりしたときに起こりがちです。ムスッと黙り込んでしまうのは、嫉妬心がこみ上げてきて、どう返事をすればいいのか、どんな顔をして聞いたらいいのかがわかなくなるからなんです。

5:その行為は愛の証ではない!嫉妬が行き過ぎた男性の行動3つ

(1)待ち伏せ

「今日は会社の飲み会があるとを彼に伝えると、どこであるのか詳しく聞いてきたので、なんか変だなと思っていたんです。飲み会が終わった後に外へ出たら、「○○、お帰り、待ってたよ!」と彼が目の前にいるのです。どうやら、ほかの男性がいる飲み会に参加するのが気に入らなかったみたい。そこまですることないのに……」(Aさん・29歳)

(2)同窓会に合流したいと言う

「彼に、来週同窓会があるって言ったら、“誰が来るの?”“どこでやるの”“男は何人来るの?”と質問攻め。挙句の果てに、“俺も参加しちゃダメかな?”って……ダメに決まってんだろっ!」(Eさん・24歳)

(3)いちいち比較する

「新しく職場に赴任してきた上司の話を彼にしてたときに、何の脈絡もなく“その人と俺、どっちがカッコいい?”って聞かれました。そんなに楽しそうに上司の話をしたつもりはないのですが、対抗意識を燃やしてしまったようです」(Hさん・30歳)

6:まとめ

男性の嫉妬心は、女性と違いがあり、怖くもあり、性差がおもしろくもあります。とは言え、ムダに嫉妬されるのはメンドクサイものです。できることなら、彼を嫉妬させたくないですよね。この記事をぜひ参考にしてみてくださいね。