恋のなやみに効くメディア

不倫を経験した女性は24%!きっかけとはまりやすい女性の特徴

並木まき

並木まきM.Namiki

©gettyimages

目次

隠す

1:不倫を経験したことのある女性の割合は?

不倫経験者は実際のところ、どのくらい存在するのでしょうか。今回『MENJOY』では、20~40代の女性369名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「不倫をしたことがありますか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおりです。

ある・・・88人(24%)

ない・・・281人(76%)

およそ4人にひとり程度の割合で不倫経験者が存在する実態が浮き彫りとなりました。

2:女性が不倫に走るきっかけ5つ

(1)誘惑された

相手の男性から誘惑されて、流されるように不倫が始まってしまう女性も少なくありません。断るのが苦手なタイプほど、このパターンでドロ沼に引き込まれてしまいます。

(2)自暴自棄になっていた

恋人に振られた、元夫の裏切りによって離婚したばかりだったなど、自暴自棄になりやすい時期に既婚男性から口説かれると「どうにでもなれ」という心情から不倫に走る女性も。

(3)寂しかった

寂しさを紛らわすために、自分に好意を寄せてくれた既婚男性と関係をもち始める女性も少なくない傾向です。本当は独身男性と付き合いたくても、自分を口説いてくる男性が既婚者ばかりだと、あきらめに似た心境から簡単に不倫に走ってしまいがちに。

(4)モテる気分を味わいたい

既婚男性は、誘い方や口説き方がスマートな人も珍しくありません。そのため、女性をお姫様気分にさせる扱いにも長けていて、女性からすると「モテる気分」になれることも。そんな環境に心地よさを感じ、不倫にはまっていく話も散見されます。

(5)なんとなく

「これ」という理由はなくても、「好きになった人がたまたま既婚者だっただけ」というありきたりな屁理屈で不倫に走る人もいます。理性がきかないタイプに多いケースです。

3:不倫にはまりやすい女性の特徴5つ

(1)ひとりでいるのが苦手

ひとりでいるのが苦手、つまり寂しがりやな女性は、口説いてきた相手が既婚者であっても心を許してしまいやすいです。徐々に親しくなり、気づいたら不倫が始まっていたという展開も多いのがこのタイプです。

(2)男性に依存しやすい

男性に依存してしまう体質の女性も、不倫を始めると沼にはまりがち。親密になった相手に心も身体も許した挙句、その人がいないとメンタルが不安定になり、自らその状況を抜け出すことが難しくなるのです。

(3)身の丈に合わない贅沢好き

身の丈に合わない贅沢を好む女性は、既婚男性の経済力に惹かれて不倫にはまりやすいです。自分の稼ぎで贅沢をするなら、なんの問題もありませんが、それには限界があります。

不倫相手の財力に頼り始めてしまうと、一度上げた生活水準を下げられず、不倫相手を手放す勇気がなくなってしまうのです。

(4)恋愛に刺激を求める

恋愛に安定より刺激を求める人も、不倫の道に足を踏み入れると、そのスリルに溢れた環境に酔い、自己陶酔の延長から不倫にどっぷりとはまってしまいます。

(5)愛されるより愛することに喜ぶ

愛されることよりも、愛することを好む人も、相手の愛情が完全に自分だけに向いていないことに執着し、不倫関係から抜け出すのが難しくなります。

「自分がこれだけ愛しているのだから、最終的には報われて当然」などと考え出すと、余計に執着することになり、ズルズルと何年も不倫関係にはまってしまいます。

4:既婚女性と独身男性|不倫恋愛のリスク3つ

(1)妊娠したときに父親がわからない

既婚女性が独身男性と肉体的な関係を結ぶ場合、夫ともそういった関係がある間柄だと、妊娠をしたときに父親がどちらなのかハッキリしない状況となります。夫の子どもだと思って育てていても、なにかのきっかけでDNA鑑定などをし、当時の不貞がバレるリスクも大きいです。

(2)離婚をするときに親権の争いが生じやすい

夫に不倫の事実を知られ、離婚の話し合いへと発展したとき、子どもの親権について「不倫するような女に子どもを育ててもらいたくない」と考える男性も少なくありません。そして、基本的に母親がとりやすいと言われている親権が奪われるケースも多いです。

(3)いざとなったときに男性が逃げやすい

独身男性に婚歴がない場合、いざ既婚女性が不倫の末に離婚を決意しても、「自分に婚歴がない以上は、結婚するなら婚歴のない女性がいい」などと勝手なことを言い出し、男性側が逃げ出すリスクもゼロではないでしょう。

遊び感覚で不倫をしていた独身男性ほど、いざとなると都合のいいことを言って責任をとらないパターンも散見されます。

5:まとめ

不倫には、はまりやすい人とそうでない人がいます。「好きになった人がたまたま既婚者だっただけ」は都合のいい言い訳。世間的には決して許されることではないと肝に銘じるのが賢明です。