恋のなやみに効くメディア

不倫する女性ってどういう神経してるの?アンケートでわかった「妻が不倫したくなる瞬間」

番長みるく

番長みるくM.Bancho

目次

隠す

1:不倫したいと思ったことある?

不倫とは既婚者でありながら、配偶者以外と関係をもつこと。当事者が純愛のつもりだとしても、一般的には「してはいけないこと」となっています。では、実際に不倫に至ったかどうかはさておき、不倫したいと思ったことがある人はどれくらいいるのでしょうか?

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の既婚女性231名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「不倫したいと思ったことはありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・59人(26%)

ない・・・172人(74%)

ないと答えたのは7割強。たとえ恋心を抱いても、不倫の一歩を踏み出そうとまでは思わないのでしょう。

今回はなぜ不倫したいと思うのか、またどんな人が不倫しやすいのかをご紹介します。不倫に走りそうな状況にいる人、きっかけひとつで始まってしまいそうな人は、最後までチェックしてください。

2:どんな心理?不倫したいと思ってしまう瞬間5つ

今回『MENJOY』では、20~40代の既婚女性231名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「不倫をしたくなる瞬間」を聞いてみました。その結果のうち、多かった意見を5つにまとめてみました。

(1)夫とセックスレスになった

「夫が相手してくれなくなった」(35歳女性・公務員)

「もう夫が大切にしてくれないから」(29歳女性・建築)

「10年以上も夫とセックスレスだから」(31歳女性・事務)

結婚生活においてエッチは大事な要素のひとつ。ケンカをしても、エッチやスキンシップで許せることもあります。そして、セックスレスは離婚の要因にも。誰にも求められずに人生を終えるのかと虚しい気持ちになることで、不倫が頭をよぎる人もいるのでしょう。

(2)夫に不倫された

「相手に不倫みたいなことされたから」(27歳女性・美容)

「やられたらやり返すタイプだし、夫の反応を確かめたいから」(30歳女性・音楽)

「配偶者が浮気しているなら、やり返したいから。配偶者以外に心の支えがほしく、女として見てほしいから」(30歳女性・飲食)

遊びの関係でも許せませんが、夫が本気の浮気をしている場合はもっと深刻。妻を大事にしなくなり、冷たい態度をとり、不倫を隠さなくなることも。それに腹を立て、復讐のために不倫を考えるケースです。また、夫の気を引く手段として、不倫の道に進む人も一定数います。

(3)家族以外に居場所を求めた

「家庭以外に憩える場所がほしいから」(25歳女性・不動産)

「夫婦間でつらいことがあり、自暴自棄な気持ちになり、誰かに助けてほしいと思ったから」(32歳女性・コンサル)

「旦那とうまくいっていないとき、ほかに心のよりどころがほしくなる」(25歳女性・自動車)

一時的な遊びで終わる不倫ではなく、不倫相手との心のつながりを強く求めている場合もあります。これは、夫との関係に不満があり、家庭の外に心のよりどころを求めていると言えます。夫以外に理解者を求め、深い関係を築きたいと考えているのかもしれません。

(4)刺激を求めている

「ドキドキしたかった。夫とはマンネリしているから」(24歳女性・教育)

「違った日常を体感してみたい」(30歳女性・専業主婦)

「もうほかの男の人とそういうことにならないと思うと、寂しい気持ちになった」(26歳女性・音楽)

長年、結婚生活を送っていると、どんなに夫のことが好きでもときめきは減っていきます。家庭の外に刺激を求めて、不倫しようと思ってしまう人も。夫以外の男性に女として見てもらえるのか、確認するために不倫する女性もいます。

(5)恋愛関係に発展した

「魅力的な人に出会った」(30歳女性・出版)

「好意をもった人がいたから」(28歳女性・芸能)

「夫は家族なので恋愛感情はない。でも恋するときは恋してしまうので」(28歳女性・IT関連)

結婚している身であっても、恋に落ちる瞬間があるもの。それは理性では止めようがありません。不倫のデメリットを考えて一歩を踏み出さないだけで、魅力のある男性の出現に恋心を抱いてしまうのでしょう。

3:不倫しやすい女性の特徴4つ

どんな女性が不倫しやすいのでしょうか?

(1)寂しがり屋

不倫する女性の性格の特徴として、常に誰かに注目されていたいという思考があげられます。夫にかまってもらえない時間が長いと寂しくなり、愛情を求めて、ほかの男性で心を満たそうとするのです。肉体的なつながりを通じて、精神的なものを求めているのでしょう。

(2)人に流されやすい

優柔不断でその場の空気に流されやすいと、男性からのアプローチを断りきれません。不倫はいけないこととはわかっていても、押し切られてしまうのです。

(3)依存しやすい

不倫は、非日常的なシチュエーション。禁断の恋のドキドキや興奮、快感を知ったことで抜け出せなくなる人も。「たった1回なら大丈夫」と興味本位で関係をもったものの、より強い刺激を求めてしまうのです。

(4)元恋人とつながっている

SNSで元恋人とつながっている人も多いでしょう。その投稿から近況を知り、連絡をとって会いに行くことも簡単になりました。過去の思い出が美化され、久しぶりに再会した元恋人と盛り上がって、そのまま不倫へまっしぐら、となる場合もあります。

4:まとめ

好きな人が既婚者でも、純愛と信じて突き進もうとする人もいるでしょう。しかし、世間的には許されるものではありません。不倫のリスクは想像以上に多いのです。安易に既婚者男性との恋に溺れないようにしましょう。