恋のなやみに効くメディア

旦那の借金が発覚…どうしたらいい?すぐに確認すべきことと妻の責任範囲

並木まき

並木まきM.Namiki

©gettyimages

目次

隠す

1:旦那の借金が発覚!落ち着いて今やるべきことをしよう

夫に借金が発覚したときには、その額が大きいほど慌ててしまうのが普通ではないでしょうか。しかしそんなときこそ、落ち着いて行動をすることが大事です。「やるべきこと」を整理して、的確な対応を意識しましょう。

2:旦那の借金が発覚したときにまず確認するべきこと3つ

(1)借金の総額

夫の借金の総額がいくらなのかは、早い段階で的確に知っておく必要があります。借金をする夫の中には、妻に内緒で複数から借り入れをしていることも少なくありません。しかし、総額がわからなければ、返済の見込みや計画も考えられないので、最優先で確認すべき事柄です。

(2)借金の目的

借金をした目的が何なのかも、妻としては、確実に把握しておくべき項目でしょう。生活のためなのか、娯楽のためなのか、または浮気をしていて相手の女性に使ってしまったのか……など、借金の目的を知ることで今後の対応についても考えがまとまりやすくなります。

(3)月々の返済額と返済完了時期の見込み

月々の返済額と返済完了時期の見込みを知ることも、今後、夫の借金を一緒に返していくにあたって非常に重要なポイントです。収入に対して無理のない返済額なのか、それともすでに破綻レベルに至っているのかによって、今後の対応も大きく変わるでしょう。

3:旦那が借金をした場合の妻の責任とは?

夫が借金をしていたとしても、基本的には妻は責任を負いません。ただし、妻が保証人や連帯保証人になっている場合には、妻も返済の責任があります。

つまり「妻だから」「家族だから」という理由だけでは、夫の借金について妻が返済する義務を負うことはありません。しかし、生計を一にする夫に借金があると、妻のクレジットカード審査も通りにくくなったりローンが組みにくくなったりといった影響が及ぶ可能性は極めて高いでしょう。

4:旦那が借金をしていて離婚を考えるべきケース3つ

(1)返済できる見込みがない

返済総額や家計収支のバランスの関係で、夫がつくった借金について「返済できる見込みがない」との結論に至ったときには、離婚を考えるべきと言えます。

自己破産の手続きをとることを考慮した場合、法律上の夫婦関係を続けるとなると、将来的にも影響が大きくなるでしょう。

(2)浮気をしていた

借金の原因が「浮気」にあった場合には、残念ながら一度の危機を乗り越えたとしても、再び同様のことを夫がやらかす可能性が高まります。浮気は病気とも言われるように、治りにくい悪癖のひとつ。

家族がある立場で、よその女性のために平然と借金をするような男性とは、これから一緒にいても、今後も家族を幸せにする可能性が低いと言えるでしょう。

(3)ギャンブルなど娯楽のために借金を重ねていた

競馬やパチンコなどのギャンブルのため、あるいは風俗に通うためなど、自分の娯楽に費やすお金を借り入れていた夫も、残念ながらそのまま一緒にいても妻が幸せになれる可能性が低いパターンです。

こういった娯楽に使うお金を借りてしまう男性は、一度は反省しても、ほとぼりが冷めたときに再び同じような過ちを繰り返すケースが後をたちません。

5:旦那が借金をしていた場合の対処法3つ

(1)ヒステリックにののしらない

家族に内緒でつくっていた夫の借金が発覚すれば、穏やかではいられないのが妻の心理です。

しかし、借金発覚と同時に夫に対してヒステリックにののしってしまえば、夫がほかの借金や借金をした理由などの都合の悪い真実を隠してしまい、さらに話がややこしくなるリスクも高まります。まずは冷静に真実を聞き出すよう努めましょう。

(2)返済計画を立てる

当たり前ですが、借りたお金は、返さなくてはなりません。よって、夫の借金総額が発覚したら、なるべく早めに、きちんとした返済計画を立てることが大事です。

もしも今、無理のある返済額が設定されていて、このままだと時間の問題で家計が破綻するのであれば、借り換えなども考慮したうえで、きちんと返せる額での返済計画に見直すことも重要です。

(3)専門家に相談する

自分たちだけでは結論が出せないほど深刻な借金問題に発展しているのであれば、弁護士などプロフェッショナルの力を借りるべきでしょう。自己破産も視野に入れているのであれば、法律的な要件など、きちんとした知識のある人の知恵を借りながら動くのが早期解決への近道です。

6:まとめ

夫が妻など家族に内緒で借金をつくってしまう話は、決して珍しくありません。しかし、その額によっては家計のみならず夫婦関係が崩壊し、離婚に至る原因となるほど深刻な問題です。

もしもご自身の夫に借金が発覚したら、まずは慌てずに対処することを心がけ、感情に流されることなく適切な対応ができればベターです。