恋のなやみに効くメディア

結婚がめんどくさいと思ってしまったら…男女別に多いめんどうな理由と対処法

嬉野あけび

嬉野あけび

目次

隠す

1:結婚がめんどくさいと感じる男女は意外に多い!

(1)結婚をめんどくさいと感じる男女の割合

結婚をするためにはかなりのパワーが必要ですし、結婚というかたちを選ばないカップルも増えています。では実際に、結婚をめんどくさいと感じる男女は、どのくらいいるのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~50代の既婚男女500名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「結婚はめんどうくさいと思いますか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおりです。

そう思う・・・338人(68%)

そうは思わない・・・162人(32%)

7割近い男女が、結婚をめんどくさいと思っているという結果が出ました。どんな理由でめんどくさいと思っているのか、気になるところです。

(2)めんどくさいなら結婚しなくてもいい?

「めんどくさいなら結婚しなけりゃいい」と言い切ってしまうのは、ちょっと早計かも。もしかしたら、「めんどくさい」と思っている理由はすぐに解決するものかもしれないですし、それ以上の「楽しさ」「幸せ」があるかもしれません。

まずは、めんどくさいと思っている理由を深堀りして、解決方法があるのかないのか、自分なりに整理してみる必要があります。それでもめんどくさい、やっぱり無理だと思うようだったら、結婚しないというのもひとつの選択肢だと思います。

(3)結局のところ、結婚してよかった?

では、結局結婚してよかったと思っているのでしょうか。さらに、上記の20代~50代の既婚男女に「結婚してよかったと思いますか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおりです。

そう思う・・・438人(88%)

そう思わない・・・62人(12%)

9割近くの人が「結婚してよかった」との回答でした。めんどくさいと思いつつ、やっぱり結婚してよかったと考えているのですね。なんだかほっとしてしまいました。

2:【男性編】結婚がめんどくさいと感じる理由3つ

(1)自由がなくなる

独身男性が結婚をめんどくさいと思う理由のひとつに、「自由がなくなる」ということがあります。

確かに、奥さんや子どもを連れて仲睦まじくしている友人をうらやましく思う気持ちはあるのでしょう。その一方で「奥さんがうるさい」とか「子どもがいて、なかなか時間が取れない」などという話を聞くと、まだ自由でいたいという気持ちがどうしても強くなってしまうのです。

(2)結婚式の準備

結婚式を挙げるとなると、その準備に膨大な時間を費やすことになります。それを想像しただけで疲れてしまう……という男性も多いです。式場見学や招待する人の選別に、毎週土日が潰れてしまうことは目に見えていますし、結婚式の費用もバカにはなりません。

(3)仕事に専念したい

少しスキルアップをしたいとか、資格を取得したいとか、独立したいとか……そういった希望をもっていると、そっちのほうが自分にとっては重要で、結婚のことなんて考える気持ちの余裕がない、というケースもあります。つまり、「それどころじゃない」のです。

3:【女性編】結婚がめんどくさいと感じる理由3つ

(1)仕事がうまくいっている

結婚すると、多かれ少なかれ、家事の負担が独身以上に増えます。妊娠や出産があれば、仕事から離れなければいけない時期が必ずやってくるので、仕事が楽しく順調に行っていると、「旦那の世話や家事に割く時間が惜しい」と思ってしまいます。また、「結婚したら、家事をきっちりやりたいから、後悔のないように、仕事でやりきった感を得たい」という思いの人もいます。

(2)改姓の手続き

日本では、結婚すると9割の女性が夫の姓に改姓しているという現実があります。運転免許証からキャッシュカード、クレジットカード、パスポートなどなど、名義変更にともなう手続きはかなり大変なもの。こういう手続きが煩わしくて、結婚がめんどくさいと思う女性も多いようです。

(3)結婚生活に夢を抱けない

夫の家族や親族、ご近所とのお付き合い、さらに子どもが生まれたらママ友とのお付き合いなどなど、結婚すれば、人間関係も大きく変わっていきます。自分は果たしてうまくやっていけるのだろうか……。そんなことを考えるうちに、結婚生活に夢を抱けなくなってしまうのです。

4:結婚がめんどくさくなってしまったときの対処法4つ

(1)結婚の何がめんどうなのか明確にする

まずは、結婚の何がめんどうなのか、明確にしてみましょう。家事を全部やらなければいけなくなるのがめんどうだというなら、夫婦で分担することにする。新居を探すのがめんどうと思っているなら、準備期間を長く取ってみるなどなど、おのずと解決策が出てくるでしょう。

(2)結婚後も趣味や仕事が続けられるように計画する

フルタイムで仕事を続けることができなくても、パートタイムや在宅で続けることができるかもしれません。趣味だって、工夫次第で続けられるでしょう。パートナーを巻き込んで、お互いの思いを伝えあいながら人生プランを設計してみるのもきっと楽しい作業ですよ。

(3)結婚式はしない・簡素化する

結婚式をするのが億劫で、結婚がめんどくさいと感じている場合、結婚式をしない、もしくは簡素化するという選択肢があります。最近では、フォトウェディングだけというカップルも多いです。親族や会社関係などの人間関係で、どうしても結婚式を挙げなければいけないという人は、ひと握りではないでしょうか。

(4)ひとりぼっちの老後について考えてみる

結婚がめんどくさくなってしまったときは、ひとりで迎える老後のことを想像してみましょう。結婚せず、パートナーがいなかったら、老後をひとり寂しく送るのかもしれない……。そんな想像をしてみると、結婚がめんどくさいなどと言っている場合ではない!と思うかもしれませんよ。

5:まとめ

結婚することによって生じるめんどくささというのは、多かれ少なかれ、必ずあるもの。しかし独身であっても、独身ならではのめんどくささがあるもので、一長一短です。

結婚によって得られる充実感や幸福感と天秤にかけてみて、それでも「めんどくさい」という理由で切り捨てていいのか、今一度よく考えてみてください。