恋のなやみに効くメディア

義母が嫌いで離婚したい!悲惨な嫁姑エピソードと問題を解決する方法

月島もんもん

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:義母が嫌いで離婚したい!

(1)義母のことが嫌いor好き?

義母との関係がうまくいっている人、いない人の割合はどれくらいなのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の既婚女性286名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「義母のことは嫌いですか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

嫌いではない・・・227人(79%)

嫌い・・・59人(21%)

どうやら20%程度の人は義母との関係がうまくいっていないようです。

(2)義母が嫌いで離婚したいと思ったことがありますか?

義母が嫌いだというせいで、離婚したいとまで思ったことのある人はどれくらいいるものなのでしょうか。上記のアンケートで「義母が嫌い」と答えた20~40代の既婚女性59名に「義母が原因で離婚したいと思ったことはありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・37人(63%)

ない・・・22人(37%)

義母が嫌いな人の6割以上が「離婚したい」とまで考えるほど、一度こじらせると関係の回復は難しいと言えそうです。

2:義母が嫌いで離婚したい!身の毛もよだつ嫁姑エピソード3

今度は義母が嫌いな理由についてご紹介します。

(1)家事、育児、生き方…あらゆる領域に干渉してくる姑がストレス

「いちいち口を出してくるのが本当にイヤです。例えば、料理をしていたときに“アスパラは火が通りやすいんだから、あとから入れないと”とか“埃は上から落ちてくるものなんだから、床から掃除しても棚を拭いたときには埃がまた床に落ちて汚くなるでしょ?”とか。

お正月でも、“私のころは実家に帰りたいなんて口が裂けても言えなかったものだけどね”ってネチネチ言われて、実家に帰らせてもらえません。だから、もう何年も親に会っていないんです。

たまに友人と飲みに行くのも許されないですし、買い物ついでにママ友とカフェでゆっくりしてこようものなら、“男と会ってたんじゃないでしょうね?”って聞いてくる。本当に離婚したい」(Iさん36歳女性/主婦)

(2)姑の影響で心身に異常が…

「姑が近所の人や周りの人に“嫁からこんなことされてる”って言いふらすんです。しかも、話をすごく誇張していたり、嘘だったり。そのせいで、私は鬼嫁ってことで、周りの人から陰でこそこそ言われているんです。“あの人には近寄らないほうがいい”とか“見た目はあんなんなのに、中身は怖いわね”とか。

仲のいい友人から教えてもらって初めて気がついたんです。周りが私のことを避けるからおかしいなって思ってたんですけど、そういうことなのかって初めてわかりました。

それで姑と話をしたんですけど、次の日には“姑に手を上げたんだって?”って周りの人から責められました。もちろん手なんて上げてないんですよ。

私が何を言っても信じてもらえないし、周りはみんな姑の味方。そのストレスから蕁麻疹が出ちゃったんですよ。病院に行ったら、“精神的なものかもしれない”って言われて、心療内科を勧められました。もう本当に無理。離婚して解放されたいです」(Mさん・42歳女性/主婦)

(3)真の敵は姑じゃなくて夫

「姑はいろいろ言ってくるんですけど、それはまだ我慢できます。でも、それを旦那に言うと、“それはお前が悪いだろ”とか“お袋も歳なんだから、お前がうまくやってくれよ”って絶対に姑の味方になるんです。それが我慢できない。

私が車を電信柱にぶつけちゃって傷を作って家に帰ったことがあったんです。そしたら姑がぐちぐち言ってくる。“怖くてあんたの運転する車には乗れないね”って言われてこっちもブチ切れましたね。それですっごい修羅場になって。

家に帰ってきた旦那をつかまえて、“こんな家にはいられない”って言ったら、“落ち着けよ。とりあえずお袋に謝ってこい”って私の話を聞こうともしないんです。本当に腹が立って、子どもを連れて実家に帰りました。そして、翌日、離婚届けに押印して郵送で送りました。“ごめん、俺が悪かった”って電話で言ってきましたけど、もう知りません」(Aさん・39歳女性/主婦)

3:義母が嫌いで仕方ない!離婚する前にこれだけは試したいこと4

今度は、離婚する前にこれだけは試しておきたいことをご紹介します。いろいろな人の相談に答えているという占い師の草薙つむぐさんにお話を伺いました。

(1)理想の嫁を目指すのをやめる

草薙:まずは理想の嫁を目指すのをやめてみてください。どんなに頑張っても、文句をつけてくる人は文句をつけてきます。「自分さえ我慢すればいい」という自己犠牲の気持ちは捨てましょう。そうすることで余裕が生まれたり、気持ちが軽くなったりすることもあります。

(2)離婚に向けて具体的な計画を立てる

草薙:「子どもがいるから」や「生活があるから」など、離婚できない理由を探す人がいますが、離婚をしても立派に子育てをしている人や収入を得て生活している人をたくさん知っています。仲が悪い状況をずっと子どもに見せるよりも離婚してしまったほうが子どものためになることも多いです。

ファイナンシャルプランナーや弁護士と相談して、離婚後にひとりで生きていくための計画を立ててみると、「できない」と思っていたことも案外なんとかなるとわかってきます。もし離婚をしなくても、「最悪、離婚をすればいい」と思っているほうが気持ちに余裕が生まれることもあります。

(3)自分の気持ちを夫に率直に伝える

草薙:「どうせわかってもらえない」と諦めずに、旦那さんに自分がどれだけつらいのかを率直に伝えてみてください。そして、どれだけ本気であるかを伝えることも重要です。離婚する気はなくても、離婚届けをもっていくことで旦那さんに本気度が伝わるので試してみてもいいかもしれません。

口で言っても伝わらないなら、手紙を書いてみるのもいい方法です。

(4)締切りを設定する

草薙:期限を設けることも重要です。「わかった。何とかするよ」と言ってくれたとしても、動いてくれないことも考えられます。それを回避するためにも、旦那さんに何をしてほしいのか、いつまでにそれをしてほしいのかについて話し合ってみてください。その期限内に解決しなかったら、離婚すると通告するのも効果的です。

旦那さんだけではなく、自分自身も覚悟を決めることができます。

4:義母が嫌いで離婚はあり?まずは自分の気持ちを大切に…

旦那さんのことはそれほど嫌いでなかったとしても、義母と軋轢が生まれたとき、味方をしてくれない人であれば、どんどん不信感や嫌悪感が広がっていくものです。発端は義母でも、結果的に夫との関係がうまくいかない……となれば離婚も視野に入ってくるかもしれません。

旦那さんは知らない……という状況であれば、まずは旦那さんに相談を。その態度や行動によって判断するのがよいと思います。

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。