恋のなやみに効くメディア

エッチで感じやすい人は好き?男性が惚れるカラダになるには

桃倉ももM.Momokura

©gettyimages

目次

隠す

1:エッチで感じやすいほうですか?

エッチのとき、気持ちいいと感じていますか? 「触られてもぜんぜん何も感じない」という人もいれば、「敏感すぎてくすぐったい」というってという人もいるでしょう。「自分は感じやすいタイプ」だと自覚している人はどれくらいいるのでしょうか。

そこで『MENJOY』では20~40代女性244名に独自のアンケート調査を実施。「エッチのとき、自分は感じやすいほうだと思いますか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおりです。

感じやすい・・・120人(49%)

感じにくい・・・124人(51%)

感じにくいと答えた人のほうが若干多いですが、ほぼ半々という結果になりました。

2:感じやすい女性に対する男性の本音5つ

では、エッチのときに敏感「すぎる」女性に対して男性はどのように感じているのでしょうか。そこで、20~40代男性381名に独自のアンケート調査を実施。「エッチの時、感じやすい女性は好きですか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおりです。

好き・・・369人(97%)

嫌い・・・12人(3%)

嫌いはわずか3%と、「感じやすい女性が好き」という男性が圧倒的。ではその理由をみていきましょう。

(1)興奮する

「雰囲気が出て興奮する」(44歳男性・コンピューター関連技術職)

「こちらも興奮するので盛り上がれる」(45歳男性・コンピューター関連技術職)

視覚効果で自分も興奮できるからいい、という意見です。たしかに相手が無反応だと、気持ちも萎えてしまいますよね。

(2)嬉しい

「とにかく嬉しい」(48歳男性・営業販売)

「自分とのエッチで感じてくれたら嬉しい気持ちになる」(26歳男性・その他)

感じている=気持ちがいい、そしてそれを生み出しているのは自分……ということに喜びを感じるようです。セックスがうまいと認められている気がするのでしょうね。

(3)わかりやすい

「わかりやすくてよい」(45歳男性・公務員)

「わかりやすくて嬉しい。性欲があるんだとやりがいを感じる」(29歳男性・その他)

感じている=気持ちがいい、つまり、続けていい、というわかりやすいサインになるのもメリットです。

(4)かわいい

「かわいく見える」(24歳男性・その他)

「かわいくて興奮する」(45歳男性・研究開発)

女性からすると恥ずかしいいかもしれませんが、好きな女性が感じているときの姿は、男性にとってたまらないようです。

(5)嘘くさい・声が大きい

「あまり喘ぎが大きいとうるさすぎて萎えてしまう」(46歳男性・その他)

「わざとらしい」(41歳男性・その他)

今回のアンケートでは、全体の3%の人が「エッチで感じやすい女性が嫌い」と答えています。その理由として挙がったのが「嘘くさい」「声が大きすぎる」というもの。少数派ではありますが、無音セックスを好む人もいる、ということも覚えておきましょう。

3:エッチで感じやすいカラダになるメリット5つ

(1)濡れやすくなる

エッチのとき感じやすいと、濡れやすくもなります。濡れているほうが挿入がスムーズに進み、痛みを伴うことなくエッチが楽しめます。また、女性がたくさん濡れていると嬉しく感じる男性も多いです。

(2)イキやすくなる

感じやすい人のほうがオーガズムを得やすいでしょう。エッチの際に何度もオーガズムを得られれば、エッチの質も上がるといえます。より充実したセックスライフが送れることは間違いありません。

(3)下半身が引き締まる

オーガズムに達するとき、下半身にかなりの力が入ります。感じやすければ何度もイケますから、そのたびに筋肉が鍛えられ、キュッと引き締まった足腰になれるかもしれません。

(4)痩せやすくなる

セックスの刺激によって分泌されるといわれるDHEAという分泌物は、快感を感じるのに必要なホルモンであると同時に、体温を上げて脂肪燃焼を促す効果があるといわれます。感じやすい体になると、このホルモンが活発になるために痩せやすい体になるという説も……。

(5)心も満たされる

感じやすい人は、体はもちろん、心も充分に満たされたエッチがしやすいといえます。高い満足度が得られるので、リフレッシュにもなるでしょう。相手が信頼できる人であればなおさらです。

4:エッチで感じやすい人になる方法3つ

(1)ひとりエッチでカラダを開発する

感じやすい体作りに、ひとりエッチは欠かせません。まずは自分で自分の体を知ることが大事です。どこをどう触られると気持ちいいのかを知り、エッチで生かせるように準備しておきましょう。

(2)ムードが高まる雰囲気作り

エッチな雰囲気作りも大事です。例えば、明るい部屋よりも薄暗い部屋のほうが雰囲気がでますよね。下着などにもこだわってみましょう。たまにはセクシーな下着で彼を誘ってみてください。

(3)お酒を飲んでリラックス

シラフの状態よりも、ほろ酔い状態のほうが感度が高まるという人は多いです。もちろん、飲みすぎはNG。体がリラックスできるくらいがおすすめです。

5:まとめ

感じやすい女性は男性に人気です。また、感じやすい体にはメリットがたくさんあります。さらにセックスを充実したものにしたいのであれば、自分で自分の体を開発していきましょう。もちろん、相手との相性も大事。自分本位にならず、互いを思い合ったエッチを心がけるようにしてくださいね。