恋のなやみに効くメディア

なくしものが多くなる理由!ほぼ100%の確率で見つける方法

松田優

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:なくしものして困ったことある?

大切にしているものや、そのときに必要なものほど、なくしてしまうという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の男女500名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「なくしものをして、困ってしまった経験はありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・386人(77%)

ない・・・114人(23%)

全体の約7割の人が、なくしものをして困った経験があるとのこと。一度や二度のなくしものならまだしも、頻繁になくしものをして困っている人は、一度自分の行動を見直す必要がありそうです。

2:スピリチュアルな意味も?なくしものが多くなる理由5つ

なくしものが減らない原因は、他の誰でもなく自分にあるはず。なくしものが多くなる理由をご紹介します。

(1)ものの置き場所を決めていない

ひとつひとつの所有物に置き場所を決めていますか? 使うたびにランダムな場所に置いていると、当の本人もどこに置いたかわからなくなってしまいます。

鍵やパスケースなどの生活にマストなアイテムから、時計やアクセサリーなどの小物まで、ひとつひとつの置き場所を決め、「使った後は定位置に戻す」という習慣をつけましょう。

(2)部屋が汚い

部屋が汚いと、どこに何があるか把握しづらいのはもちろん、なくしものが他のものに隠れてしまいやすくなります。脱ぎっぱなしの洋服や、床に散らばるものの中から、ひょっこりなくしものが出てくるのもよくある話。

なくしものをしても見つかりやすいよう、日ごろから整理整頓を心がけ、部屋はきれいに保つようにしましょう。

(3)疲れている

人は疲れを感じると、注意力が散漫になります。すると無意識な行動をとりがちになり、いつもと違う場所に物を置きっぱなしにするなど、余計ななくしものを増やしてしまいます。

まずは脳の疲れを癒すことが先決。ゆっくりと睡眠をとるなど、体と精神を休めることに注力しましょう。

(4)なくしものが不幸を身代わりしてくれた

スピリチュアルな考え方のひとつとして、大切なものをなくしたときは、これから身に降りかかるはずだった不幸を、なくしものが身代わりとなって受けてくれた……という説があります。

なくしものが見つからないことは悲しいですが、身を挺して自分を守ってくれたのだと思うと、感謝の気持ちのほうが上回るはず。また、厄を落とすということから、心機一転の前兆であるとも考えられています。

(5)パートナーとの関係が試されている

彼氏からのプレゼントをなくしてしまったときは、神様がパートナーとの関係を試しているのかもしれません。

まずは、相手になくしたことを正直に伝えられるかどうか、そのときの相手は「そっか、じゃあ新しいのを買おう」と前向きでいてくれるのか、もしくは「なくすなんて信じられない」と激怒するのか。

それぞれの対応次第で、ふたりの信頼関係や相手の本性が浮き彫りとなります。ふたり関係を見つめ直すいいきっかけにもなるでしょう。

【関連記事】

彼氏ができるときは前兆がある…見逃したくない彼氏ができる前兆とおまじない

4:なくしものを見つける方法5つ

捨てた記憶がなければ、必ずどこかにあるはず。なくしものを見つける5つの方法をご紹介します。

(1)なくしたときの行動を再現してみる

なくものを持っていたときの状況と自分の行動パターンを振り返ってみましょう。

例えば、昨日つけていたはずの指輪やブレスレットが見つからないときは、前日の帰宅時の行動を思い出します。帰宅後は洗面所に直行して、手洗いうがいをする習慣があれば、そこで外したまま忘れている可能性も考えられます。

なくした場所に目星をつけることで、探すべき範囲が狭まって探しやすくなります。

(2)なくした場所を掃除する

「絶対にここでなくしたはず」と思う場所が散らかっているようであれば、まずは掃除をしてきれいにしましょう。特にアクセサリーや指輪などの小さいものは、他のものに隠れやすく、散らかっている場所では見つかりにくいです。

部屋を掃除するだけで、随分前にしたなくしものがひょっこり出てくることも多いですよ。

(3)最近使っていないものの中をチェック

ひととおり探しても見つからない場合は、最近使っていないものの中もチェックしてみましょう。携帯しやすいものであれば、洋服のポケットやバッグの中に入れたまま、クローゼットにしまっている可能性もあります。

他にも部屋内に置いてある箱や机の引き出しの中など、なくしものを入れた可能性のある場所は、くまなく探すことが大切です。

(4)自分の目線より高いところを探す

なくしものを探すときは、ついつい目線より下の場所ばかり探す人も多いはず。自分の目線より高い場所は視界に入りにくく、なくしものがあっても気づきにくいのです。

何かの拍子に、自分の目線より高い場所に置いてしまっている場合もあるので、自分の目線より上の場所も意識的に探すようにしましょう。

(5)意外な場所を探してみる

自分がなくししものをしそうな場所を探しても見つからないということは、想定外の場所に潜んでいることも考えられます。普段、部屋から持ち出さないようなものも、トイレや洗面台、キッチン、玄関など、至るところまで探してみましょう。

「絶対にここではない」と思うところにこそ、意外となくしものがあるかもしれませんよ。

3:なくしものが見つからない!見つかるおまじない3選

どうしてもなくしものが見つからない場合は、おまじないに頼るのもひとつの手。効果絶大と噂されるおまじないを3つご紹介します。

(1)にんにく、にんにく

古くから、西洋では「なくしもの=魔女のいたずら」と言われており、魔女の嫌いな食べ物である「にんにく」と唱えると、なくしものを返してもらえる……という考えのもと、生まれたおまじないです。

「にんにく、にんにく」と言いながら探すと、不思議となくしものが見つかったという声が多く見られます。言うだけはタダなので、ぜひチャレンジしてみて。

(2)たぬきがこけた

日本では、なくしものは魔女ではなく、たぬきのいたずらと考えられてきました。

魔女に「にんにく」と唱えるように、「たぬきがこけた」と言いながら探すと、なくしものが見つかると言われており、見つかる確率はなんと8割にも上がるそう!

(3)ハサミさんのおまじない

誰でも簡単にできるおまじないで、用意するのはハサミだけでOK。

ハサミを耳の横付近でチョキチョキと開閉しながら、「ハサミさん、ハサミさん、●●はどこにありますか?」と唱えながら探すと、なくしものが見つかると言われています。

できるだけ静かな環境かつ落ち着いた状態で行うと、より見つかる確率が高まるそう。また、「ハサミさん」に力を借りるおまじないなので、なくしものが見つかったら、忘れずにお礼を言いましょう。

5:なくしものを見つけるアプリ・グッズ5選

あらかじめなくしそうなものに目星をつけておけば、いざなくしものをしても、アプリやグッズを使って見つけ出せます。なくしものが多い人はぜひ活用したい、おすすめのアプリ&グッズをご紹介します。

(1)アプリで置き場所を管理「TagShelf」

スマホ画面でタグ付けしたアイテムの置き場所を確認できるスマホアプリです。手持ちの物を撮影して、置き場所と一緒にアプリに登録するだけで完了です。なくしものをしたときも、アプリを確認すれば、何がどこに置かれているのかが写真付きでわかります。

使い終わったら同じ場所に戻すという習慣をつけておけば、なくしものをしてもアプリを活用して見つけ出せるでしょう。

(2)なくしてもアラーム音でお知らせ「Tile」

「Tile」は、スマホアプリと連動させて使用するスマートトラッカーです。アプリを経由してアラート音を鳴らせるため、機械本体をなくしやすいものにつけておけば、どこにあるか音で判断できるようになります。

500円玉ほどのサイズ感で、重さも7.5gと軽いのが特徴。キーホルダー代わりに付けておけば、いざなくしものをしたときも安心です。

(3)圏外でも位置情報が届く!?「TrackR bravo」

こちらもスマートトラッカーのひとつで、あらかじめアイテムに付けておけば、アプリを操作して本体から音を鳴らせるのはもちろん、本体にあるボタンを押してスマホからアラート音を出すこともできます。

さらにBluetooth圏外にある場合も、他の「TrackR bravo」ユーザーが本体の近くにいれば、管理サーバーを経由してスマホに送られてくる位置情報をもとに、なくしものの場所が特定できます。

ひとつのものを会社や自宅、お店など、あらゆる場所でなくしがちな人にもおすすめです。

(4)見た目も可愛い「MAMORIO」

見た目にこだわりたいという人には、「MAMORIO」がおすすめです。キーホルダータイプのスマートトラッカーで、小ぶりなデザインでカラバリも豊富です。

本体内蔵のキーリングも販売されているなど、おしゃれを楽しみながらなくしものを防止できます。紛失位置を記録する機能が備わっているので、なくしものをしがちな場所を視覚的に把握できるのも嬉しいですね。

(5)スマホ連携なしでも使える「キーファインダー」

家の中でなくしものをしやすい人は、リモコン操作でアラート音が鳴らせる「キーファインダー」がおすすめです。キーリング型の受信機とリモコン型の送信機がセットになっており、スマホを連携する手間がいりません。

受信器は複数あり、色や絵柄ごとにアラート音が鳴らせるので、1台あれば複数のアイテムに使えてとても便利です。

6:なくしものをする夢の意味は?

なくしものをする夢は、何かに対して強い不安感を抱いている自分を象徴しています。落ち込む出来事があったり、日々不安や焦りを感じながら過ごしていたりするのかもしれません。

また、なくしたものがが見つかる・見つからないによって、今後の運気を表します。指輪やスマホをなくす夢は対人運や仕事運、通帳をなくす夢は金運を表すなど、なくしものによって運気の種類が異なります。

運気の上下はその時々で変化しますが、なくしものをする夢を見る原因となる不安や焦りは、自分の行動でしか変えられません。なくしものをする夢を頻繁に見るという人は、日常生活を振り返り、不安や焦りの元凶となるものを解消するように努めましょう。

7:まとめ

注意力が散漫になっているときほど、なくしものは増えます。「なくしものが多い=ライフスタイルor心の乱れ」と捉え、まずは自己管理や生活環境を整えることを頑張りましょう。

自分も含めた身の回りの環境が整うと、頭も冷静さを取り戻し、自然となくしものも減っていくはずですよ。