恋のなやみに効くメディア

「空気が読めない」人は何が問題?KY診断と対処法

松田優

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:空気が読めない人の特徴5つ

「あの人、空気読めてないよね」なんて言葉はよく使われますが、空気が読めない人、いわゆる「KY」とはどのような人を指すのでしょうか。特徴といえるものを5つピックアップしてみました。

(1)相手の気持ちがわからない

「空気を読む」とは、言葉や態度に表れていない、隠れた気持ちを推し測る行為です。空気が読めない人は、他人の気持ちがわからない、鈍いことが最大の特徴。人の立場になって考えることも苦手で、自分の気持ちを最優先しがちです。

例えば、悲しんでいる人を目の前にして笑い話に夢中になったり、他人の喜びに無関心だったり……共感力が弱い人物といえるでしょう。

(2)タイミングが悪い

話しかけるタイミングにしろ、頼みごとをするタイミングにしろ、相手の状況を考慮するのが大人のマナー。ところが、空気が読めない人は相手の都合はお構いなしに、自分のやりたいように行動してしまいます。

「なぜ、今?」と言いたくなるようなバッド・タイミングでも平気で会話を始めたり、すべて終わった後で頼みごとをしてくるなど、タイミングの悪さは空気が読めない証といえるでしょう。

(3)距離感がつかめない

人と人との関係は、段階を踏んで距離を縮めていくもの。最初はよそよそしかった人同士でも、徐々に打ち解け合って親しくなるのが一般的です。しかし、空気が読めない人は、一足飛びに距離を詰めたり、逆に急に疎遠になったりと、適度な距離感で人付き合いをすることが苦手です。

また、初対面の人に個人的なことをズケズケ聞くといった無神経な面があることも特徴といえるでしょう。

(4)悪気がない

相手の気持ちを理解せず無神経なことを言ったり、プライベートに口出しをしたり……こういったことを意地悪でする人もいますが、空気が読めない人はまったく悪気なくしてしまいます。それどころか本人は良かれと思ってやっているケースもあるため、周りが問題を指摘しにくいところも難点です。

(5)空気が読めないという自覚がない

空気が読めない人の多くには、自分がKYだという自覚がありません。たとえ自分の言動のせいで周りの雰囲気が悪くなろうと、自分に原因があると気付くことができないのです。

それどころか、自分のことを棚に上げて「あの人空気読めないよね」と言うこともあるほど。自覚がないからこそ、改善もされにくいのかもしれません。

2:空気が読めない度診断

自覚しにくい問題だからこそ、客観的なデータが必要です。自分自身の「KY度」はどれくらいなのか、以下の項目にあてはまるかどうかをチェックして診断してみましょう。

(1)正直がいちばんだと思っている

好きなものは好き、嫌いなものは嫌い。たとえ言いにくいことでも正直に伝えることがいちばんだと思っている人は、相手の気持ちや状況を考慮しない発言をしている可能性大。空気が読めない人にありがちな傾向です。

(2)みんな笑っているのにひとりだけ笑っていないことがよくある

笑いは空気を読んで初めて成立することも多く、周りの空気を読んでいなければ、笑いのポイントを捉えることも難しいでしょう。笑いのツボは人それぞれ。とはいえ、周りが笑っているときにどうして笑っているのか理解できない状況がよくあるという人は、空気が読めていないせいなのかもしれません。

(3)白黒はっきりつけないと気が済まない

イエスかノーか、是か非か。明確な答えを出さなければモヤモヤしてしまう原因は、曖昧な空気を読むことが苦手なせいかもしれません。ニュアンスでものごとを進めることができないため、強引にでも白黒つけようとしてしまうのです。そういった振る舞いが、空気が読めない人と映ってしまうのも仕方がないのかも。

(4)お金の話が好きだ

お金の話はデリケートなもの。オブラートに包んで察する、スマートさも必要です。ところが、お金の話が好きな人はすぐに値段の話をしてしまいがち。食事を奢ってもらっておいて「いくらだったんですか?」と聞いてしまうなど、お金の話をしたいがために空気が読めない状態になってしまうこともままあるでしょう。

(5)自分には度胸があると思う

肝が据わっている人は、いい意味で「空気を読まない」人。周りの顔色を伺い過ぎることなく、堂々と自分を通すことができる人物です。空気が読めないことがプラスにはたらいいている例といえるでしょう。

(6)怒られている理由がわからないことがある

空気が読めない人は基本的に鈍感です。相手の気持ちの変化に鈍く、自分の言動が原因で相手を怒らせていたとしても気づきくいのです。理由が思い当たらない怒りを買っている場合、「空気の読めなさ」が原因かもしれません。

(7)LINEのトークを終えることができない

空気を読めない人は、オンラインでのやりとりも不得手であることが多いです。言葉の端々やスタンプの使い方などで「終わり」を匂わされても察知できず、LINEのトークをだらだら続けてしまいがち。特に盛り上がっていないのに、やたらとやり取りが長く続く場合は、終わりの空気を読めていないのかも。

(8)自分が話し始めると会話が止まりがち

複数で会話している場合、空気を読んで話を弾ませるテクニックが必要。空気が読める人は、流れを止めず脱線せず、上手に会話を回していくことができます。逆に会話をストップさせることがよくある人は、内容以前に会話の空気を読むことができていないのかも。

(9)マイペースだとよくいわれる

とにもかくにも、空気を読まない人はマイペースであることは確か。他人の顔色や周りの空気に影響されることもなく、我が道を行く……。他人から「マイペースだよね」と言われることがよくあるのだとしたら、遠まわしに「空気が読めない」と指摘されているのかもしれません。

(10)お喋りなタイプだ

口は禍のもと。空気が読めない人は、余計なひと言を言ってしまいがちです。空気が読めるお喋り上手がいる反面、お喋り好きなせいで墓穴を掘っている人も一定数いるでしょう。

ここまで紹介した10項目で、あてはまる項目が0~3つ以下であれば「空気読めない度0~30%」大人としての気遣いは合格点。

6つ以下なら「空気読めない度50%」やや空気が読めない傾向がある、危険度高め。

そして7つ以上であれば「空気読めない度100%」。周りの人から「空気読めない人」と認定されている可能性大です。

3:空気が読めないのがつらい…空気が読めるようになる方法3つ

KY度が高めだった人は要注意。人間関係をスムーズにするためにも、空気が読めない人から脱却する方法を学んでいきましょう。

(1)相手の反応をよく観察する

空気が読めない人は、基本的に観察力に欠けています。観察力が乏しいせいで、相手の心の変化や気持ちに気づくことができないのです。観察力を身に着けるためには、ひたすら観察する癖をつけるのみ。会話中など、意識して相手の反応をよく観察しましょう。

(2)空気が読める人に相談する

空気を読むことが苦手な人が、自分自身だけで空気が読めるようになろうとしても限界があります。コミュニケーションに長けている、空気が読める人に相談してみるのもひとつの手。四六時中空気を読もうとしてもつらいだけ。ここぞという肝を教わることで、効率的に空気を読むテクニックを身に着けることができるはず。

(3)常にマナーを意識する

空気を読む、読まないの感じ方は人それぞれ異なるもの。明確に判断する基準があるわけではありません。ただ、空気を読むことができる人は皆マナーのいい人ばかりであることも事実です。

親しい仲だからと気を抜かず、マナー第一を心掛けてみて。品行方正な行いをすることで、自然と空気の読める人の振る舞いになるでしょう。

4:空気が読めない人への対処法3つ

空気が読めない人に困っている、という人も多いですよね。KYな人と上手く付き合う方法を調べてみました。

(1)諦めてスルーする

空気が読めない人は、往々にして無礼なことが多いですよね。失礼な態度をとられたらイラッとするもの。ですが、空気が読めない人はそれすら気付いてくれないことも多いはず。相手に気づいてもらえないのであれば、しつこく怒っていても仕方がありません。こちらが大人の対応をとって、冷静に受け流しましょう。

(2)あからさまな表情に出す

空気が読めない人のなかには、曖昧な表現が苦手なだけで、はっきり表情に出せば気付いてくれる人もいます。あからさまに顔に出すことは、それこそ「空気が読めない」行為ですが、KYな人には必要な対応。それとなく伝えるのではなく、はっきり表情に出すと案外ハッとしてくれるかもしれません。

(3)はっきり指摘する

友人や年下の場合であれば、はっきりと「空気が読めていないよ」と指摘することも必要です。ただし、信頼関係がある限られた人にしか使うことができない手であることも確か。中途半端な人間関係の相手に指摘してしまうと、自分自身が「空気が読めていない」状況になりかねないので御注意を。

5:まとめ

空気が読めないというと、コミュニケーション失格というイメージもありますが、逆をいえば我が道を進む強さがあるということ。他人を不快にする悪いところは直さなければいけませんが、個性を認めてあげることも大切かもしれませんね。