恋のなやみに効くメディア

嫌われたかも?好きな人からの嫌われ度診断と挽回方法

東城 ゆず。Y.Tojo

目次

隠す

1:嫌われたかもと思うのはどんなとき?

ストレートに「嫌い」と言われていなくても、なんとなく相手に「嫌われているのかも」と察することがありますよね。たいていは、態度や口調から気づくことが多いと思います。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の男女500名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「人から嫌われたかもと思うのはどのようなときですか?」という質問をしてみました。上位トップ5の結果は以下のとおりです。

1位:対応が冷たい・・・226人(46.2%)

2位:目を合わせてくれない・・・54人(10.8%)

3位:嫌がらせをされる・・・49人(9.8%)

4位:挨拶などをしても無視される・・・34人(6.8%)

5位:相手から連絡をくれない・・・22人(4.4%)

「対応が冷たい」が多くの票を集めました。少し漠然としていますが、明らかに周りに比べて声のトーンが低かったり、テンションが違ったりということでしょう。具体的になくても、そういった微妙な変化で感じ取ってしまうものですよね。

2:好きな人に嫌われたかも…嫌われ度診断でチェック

好きな人に嫌われちゃったかもしれない……。そんな不安が拭えないときは、まず嫌われ度をチェックしてみましょう。

(1)会っても目をそらされる

明らかに自分のことを認識しているのに、挨拶をしてくれなかったり、視線を外されたりしたら、嫌われている可能性があります。話している最中に目を合わさないのも、「嫌い」という本音を隠したいからなのかも。「目は口ほどに物を言う」とことわざでもあるくらいですからね。

(2)あまり話を聞いてくれていない

自分が話しているときに、うわの空な様子が見られたら嫌われているかもしれません。話を聞いているようで、返事がいつも同じような言葉だったりする場合も、適当にあしらわれている可能性があります。

(3)既読スルーや未読スルーが多い

既読スルーも嫌われている可能性大。そして何日経っても既読がつかないなどの「未読無視」からは、「連絡を受け取りたくない」という相手の意志を強く感じられます。「嫌われても構わない」と言われているようでショックですよね。

(4)その場をすぐに離れようとする

ほかの友達と話して盛り上がっていたのに、自分が近づくと逃げるようにその場を離れてしまう場合は、「接点を持ちたくない」と思っているのかも。追いかけてまで話すと、自分で傷つきにいくようなものなのでやめましょう。

(5)傷つく言葉を言ってくる

嫌いな人に、嫌われようとわざと傷つくことを言ってくる人もいます。しかし、こんな相手の感情なんてお構いなしな人は、嫌われて正解かもしれません。人のことを嫌う前に、自分も「相手の気持ちを考えられない」という本性が出ています。このような性格の持ち主とは付き合わないほうが身のためです。

3:職場で嫌われてる?嫌われやすい人の特徴5つ

職場で嫌われると、仕事に支障が出ることも……。職場で嫌われている人の特徴を5つ紹介します。

(1)人によって態度を変える

「人によって態度を変える女性が職場にいます。若い男性には色目を使うのですが、私たちには“いつまでその仕事やっているの?”とかっていってくるんです。気に入っている人の前だけ取り繕っても、周りはごまかせないですよね」(Mさん・21歳女性/アパレル)

(2)人のことをペラペラと喋る

「悪い噂ではなくとも、人のことをペラペラと話す人が苦手です。前に“あそこの部署に行きたいんだって?”と聞いてきた人がいたんですが、“はい”と答えたら、その話をその人があちこちに話したみたいで。部署全員の人がいつのまにか知っていたんです。こういう人は信用できないし、嫌われやすいと思います」(Sさん・25歳男性/経理)

(3)悪口や噂話を振りまく

「職場恋愛のカップルがいるのですが、ケンカすると職場で彼氏の悪口が始まります。そうやって悪口や噂話をところかまわず振りまく人ってどこにでもいますよね」(Wさん・27歳男性/エンジニア)

(4)仕事ができない

「いつまでも仕事が覚えられない人は、正直イラっとしますね。わからないことがあるなら聞いてくれればいいのに、デスクに突っ伏していたりとか、茫然と突っ立ってられたりすると、周囲のみんながピリピリします」(Wさん・31歳女性/看護師)

(5)自分の非を認めない

「仕事の納期に間に合ってなかったり、ミスがあったりと、何かと問題が多い部下がいるのですが、それを指摘しても絶対に非を認めません。“だってこの仕事量が多くないですか?”とか、とにかく言い訳ばかり。正直周りからは嫌われていますね」(Hさん・33歳女性/マスコミ)

【関連記事】

嫌われてるサイン7つ!「嫌われている人のあるある行動」と診断方法

4:挽回する方法5つ

嫌われてしまっても、自分が好きな相手からは好感を持たれたいですよね。ここでは挽回する方法を紹介します。

(1)「何かしたかな?」と聞く

「相手がなんだかいつもと違うと感じたら“何かしたかな?”と聞くようにしています。その違和感を誰かに聞いたり、憶測したりするより、本人に直接聞いたほうが早いと思います」(Mさん・21歳女性/大学生)

「嫌われたかもしれない」と感じたときは、誰かにそのことを確認したくなるもの。またその不安を聞いてほしくて、誰かに愚痴ることもあるかもしれません。しかし、それはトラブルのもと。話し合いは当事者同士でするに越したことはないでしょう。素直な態度で接することで、嫌われ度が深まることを抑えられるかもしれません。

(2)しつこくしない

「嫌われているかもしれないのに、好かれようとして、遊びに誘ったり連絡を頻繁にするようにすると逆効果ですよね。嫌いな人から連絡がきたら、普通はストレスです。相手の立場になって考えたほうがいいと思う」(Sさん・28歳女性/アパレル)

嫌われたかもと思ったときは、いったん距離を取りましょう。相手も不快な思いから冷静ではないかもしれません。連絡を控えることをおすすめします。

(3)心当たりあることを素直に謝る

「私はまず嫌われてしまった原因について、自分で考えてみます。そして、それを相手に伝えて素直に謝りますね。もし怒っている内容が違っても、その誠意は伝わると思うんです」(Mさん・28歳女性/法律関係)

自分に心当たりがあることを素直に謝ると、相手も反応しやすいです。自分なりに心当たりがあるなら、そのことをまず謝るだけでもいいので歩み寄りの姿勢を見せましょう。

(4)避けられて「辛い」と投げかける

「相手が話し合いをすることも取り合ってくれない場合は、“避けられるのは辛い”と伝えてみます。自分の思っていることは、ちゃんと聞いてほしいじゃないですか。誤解を受けたままは嫌なので、話し合いだけ最後にしてもらえるように交渉します」(Sさん・31歳女性/秘書)

いつも顔を合わせなくてはならない環境にいる人に避けられているときは、その態度に自分も傷つきますよね。ひとまず、あからさまな態度だけでも改善してほしいことを伝えてみるといいかもしれません。

(5)伝えたいことを文章としてまとめる

「嫌われて悲しいとか、自分もイライラしたりとかいろんな感情があるし、そのようなときに話してもケンカ腰になっちゃうと思うんですよね。だから、冷静に話せるように手紙を書きます。電話で話し合いするときも、メモを手元に用意しておくと話しやすいです」

冷静な話し合いをするには、まず客観視して原因を突き詰めることが必要になります。感情的にならない工夫として、メモやノートに自分の感情や要望をまとめると、論点がずれず、言いたいことが伝えやすくなります。

5:「嫌われたかも……」と思ったらすぐ改善!

相手の態度に違和感を覚えたら、すぐに自分が思い当たる短所を改善するように心がけましょう。相手を問いただしたり責めたりするのではなく、まずは自分を振り返ってみることが必要ですよ。