恋のなやみに効くメディア

未読無視ってうざい!なんでするの?本当に恋の駆け引きに有効なのかを徹底リサーチ

森下あゆみ

森下あゆみ

目次

隠す

1:正直うざい…どうして未読無視するの?

なかなかメッセージに既読がつかないと、イライラする人もいるはず。なぜ、未読無視が起こってしまうのでしょうか。

(1)そもそも未読無視と既読無視の違いとは?

LINEの機能のひとつとして、自分が送信したメッセージが相手に見られているかがわかる「既読」表示がありますよね。既読に対して、メッセージを確認していないことを「未読」と言います。

未読無視は「メッセージの内容を確認せず返信をしていない状態」、既読無視は、「メッセージを確認しているが返信をしていない状態」のこと。未読無視と既読無視の違いは、「メッセージを見ているかどうか」にあります。

(2)LINEとメールのスピード感の違いに慣れないこともある

LINEを普段から使用している人からすると「未読無視しないで!」と感じるでしょう。しかし、LINEに慣れていない人にとっては、未読無視をうざいと思う人の気持ちがわからないのかも。

LINEに抵抗がある人、メールと同じような感覚で使っている人からすると、LINEならではのスピード感を重視していない可能性があります。未読無視をしているわけではなく、ただメッセージを見ていないだけかもしれませんね。

2:未読無視する人の状況や心理5つ

LINEの通知とともにトーク画面を開く人にとっては、未読無視する人の心理が想像できないかもしれません。未読無視する人の状況と心理を紹介します。

(1)仕事・家事・外出で忙しい

仕事や家事など、何らかの理由で忙しくスマホが見られないとき、未読の状態が続いてしまいます。「未読のまま見ないでおこう」という意思があるのではなく、スマホそのものを確認できない状態なので、無視をしていると思われているなら心外のはずです。

職場や家がスマホを見られる場所でも、会議や急用などでどうしてもスマホが見られない状況なのかもしれません。

(2)LINEの通知が聞こえなかった・通知オフにしている

意図的に未読無視をしているのではなく、LINEの通知に気づいていない状況も考えられます。スマホを離れた場所に置いていたとき、雑音が多い場所にいたときは、通知音が聞こえないこともあるでしょう。

グループLINEが苦手な人、LINEそのものが苦手な人は、頻繁にくる通知音に耐えられず、常に通知オフにしている人もいます。それで未読無視状態になってしまったのかもしれません。

(3)明日返信すればいいやと思っている

故意に未読無視をしているパターンのひとつとして、LINEがめんどうくさい、眠たいなどの理由からメッセージを読まない人もいます。LINEのメッセージは、冒頭の文章を確認することができるので、その部分を読んで急ぎの内容ではないとわかれば「明日返信すればいいや」と判断するのです。

(4)LINEの送信相手が苦手

LINEの通知がきてスマホを見たら、「この人苦手だから、あとからメッセージを確認しよう」と思って、とりあえず未読無視する人もいます。このような心理の人は、本当に苦手な人とのLINEは、急用でなければ気持ちを落ち着かせて内容を確認・返信をしたいのです。

すぐに返信できる状況であっても、LINEがくるたびに数分未読のままにしておくという人もいます。

(5)あえて既読をつけず焦らす

恋愛で駆け引きをする目的として、あえて既読をつけないという人もいるでしょう。未読のままにしておけば、LINEをしている相手は「まだ返信がこないのかな」と考えてしまうもの。その「焦らし」が恋愛の熱を高め、LINEをしている相手をドキドキさせて、恋愛がうまくいくという魂胆なのかもしれませんね。

3:好きな人にも未読無視はする?恋愛の駆け引きには有効?

好きな人からのLINEなら、すぐに返したいと思うのが恋愛感情。しかし、返信するまでの時間をあえて設けることは、恋愛に有効な手段かもしれません。

(1)好きな人に未読無視をしたことのある人の割合は?

好きな人からのLINEを読まずに無視してしまうのは、恋の駆け引き以外にもきっと理由はあるはず。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の男女412名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「好きな人からのLINEを、未読無視してしまったことはありますか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおりです。

ある・・・100人(24%)

ない・・・312人(76%)

好きな人に対して未読無視したことのある人はそれほど多くはないものの、5人にひとり以上の割合で無視をした経験があるようです。「既読がつくのが遅いな」と思っていたときは、あえてスルーしているのかもしれませんね。

(2)好きな人に未読無視をした理由は?

ここでは、上記のアンケートで「好きな人からのLINEを未読無視した」経験のある100人に、未読無視をした理由を聞いてみました。回答の多かった5つをランキング形式でご紹介します。

第5位:鬱陶しい・嫌いになった・・・7人(7.0%)

LINEがしつこい、噛み合わないなどの理由から、好きな人であっても興味が失せてしまうパターンがあるようです。LINEの内容や頻度は、その人の性格を示すもの。なので、やりとりをしているうちにがっかりしてしまうのかも。未読無視が続くとき、「もしかして嫌われている?」というのは、ありえない話ではなさそうです。

第4位:どう返信しようか迷った・・・8人(8.0%)

好きな人からのLINEが複雑だったり、内容が薄すぎたりしたときは未読無視をする人もいました。LINEの冒頭部分だけを見て判断する人もいれば、これまでのやりとりから、「またよくわからないLINEがきているだろう」と思い未読無視をするのだとか。未読無視をされないために、返信しやすい話題で送信することが大切です。

第3位:駆け引き・恋の作戦・・・10人(10.0%)

好きな人の気を引くための作戦として、あえて未読無視をする人は10%という結果になりました。恋の駆け引きを目的に未読無視をする人は、割合的にはあまり多くないようです。駆け引きするよりも「LINEを早く見たい!」という人が多いのかもしれませんね。

第2位:忙しいから・・・15人(15.0%)

仕事などで忙しいとき、LINEが確認できない、気がまわらないという理由で、やむをえず未読無視をしてしまう人は15人という結果に。誰にでも一度や二度は、忙しいという理由でLINEを放置した経験はあるはずです。LINEを送信したほうも受信したほうも、どちらも「しかたがない」としか言えませんよね。

第1位:めんどうくさいから・・・18人(18.0%)

今回のアンケートでは、めんどうくさいという理由で、未読無視をする人が最も多い結果になりました。未読無視の経験者や未読無視で悩んでいる人にとっては、悲しい事実と言えます。ただ、LINEをしている相手がめんどうくさいというわけではなく、LINEそのものがめんどうくさいという人は少なくないようです。

4:未読無視されてしまったときの対処法3つ

未読無視はその時間が長いほど、イライラしたり心配したりと心が落ち着きませんよね。未読無視をされているときは、どうすればよいのでしょうか。

(1)電話する

急用時や相手に何かあったかもしれないと不安なときは、電話をして確認しましょう。ただLINEを確認できていないかったというパターンが多いかもしれませんが、内容によっては早く伝えなければならないときもあります。

特に急用時の連絡は、相手がLINEを確認するまでの数分間で、物事が大きく変わることがあるかもしれないので、LINEの連投ではなく電話を1本入れたほうが対処法として効果的です。

(2)メッセージの最初に既読をつけたくなる言葉を添える

相手が故意に未読無視をしているときでも、誰からどのようなメッセージがきているのかは気になるはず。LINEのメッセージの冒頭文が読める仕様を利用して、冒頭に相手が既読をつけたくなるような文章を添えるのが効果的です。

メッセージの内容にもよりますが、「実は」「そういえば」などの、次にくる文章が気になるような「接続詞」や画像を添えた文章を送れば、トーク画面を開きたくなる可能性があります。

(3)話題を変えてみる

未読無視をしている理由が「この話題には触れないでほしい」というとき、別の話題に切り替えると既読をつけてくれるかもしれません。話題を変えて相手が話しやすい雰囲気をつくることも、LINEをスムーズにやりとりするためのコツ。

特定の話題になったときだけ、既読がつくまでの時間が長くなる、その話題を避けようとするときは、話題を変えるのがおすすめです。

5:未読無視されないLINEの送り方3つ

特定の人だけではなく、数人の人から未読無視をされている人は、自分自身が送信するLINEに問題があるのかも。未読無視されないLINEの送信方法を紹介します。

(1)質問攻めをしない

気になる異性とLINEするとき、相手のことを知りたい気持ちが前面に出すぎるあまり、ひとつのメッセージでいくつも質問をする人もいるでしょう。いろいろと聞かれるのは嬉しい反面、そのぶん頭を悩ませてしまいます。

LINEを受け取った相手が「また質問されている……」と感じたとき、とりあえず未読のまま放置するということが考えられます。ひとつのメッセージにひとつの質問まで、質問攻めをしないということを心がけてみてください。

(2)長文を送らない

LINEで言いたいことが多すぎた結果、トーク画面を埋め尽くすほどの長文を送信する人もいますが、これは相手を驚かせてしまいます。相手から長文LINEが送られてくるのに、自分だけひと言や2~3行ほどの返信だけでは申し訳なくなってしまうもの。

常に長文LINEを送信する人とのやりとりは、「また長文だ」とがっかりさせるでしょう。LINEがくるたびに疲れてしまうので、故意に未読無視される可能性がアップしそうです。

(3)相手の生活リズムを考慮する

自分にとってはLINEを送りやすい時間帯でも、相手にとってはLINEが見づらい状況のときもあります。仕事中スマホを見られない人、夜勤の人などは、日中であってもLINEを確認できないタイミングがあります。

未読無視されている頻度や時間が長いと感じたときは、「LINEを見やすい時間はある?」「夜勤があるの?」のように、相手の生活リズムやLINEができるタイミングを探ると、相手に気を遣わせずLINEができそうです。

5:まとめ

「無視」というと、とても冷たく怖いイメージがあるかもしれません。ただ、LINEにおける未読無視は、故意に無視をしているわけではなく、結果的に無視をしてしまったということも考えられます。未読無視を避けるためには、LINEを送信するタイミングや内容にも注意していきたいところですね。