恋のなやみに効くメディア

かっこいい告白がしたい男子集合~!胸キュン必須のかっこいい告白の仕方とセリフ、NGポイントも

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:女子的にかっこいい告白ってどんな?

みなさんは「かっこいい告白」をしたりされたりした経験はありますか? 告白って、ときにカッコ悪い思い出にもなりやすいから、せっかくならかっこいい告白を目指したい人は多いですよね〜。

(1)少女漫画には胸キュン台詞が満載!

少女漫画を思い返してみると、胸キュン必至なセリフがたくさん散りばめられています。かっこいい胸キュン台詞のバリエーションを増やすなら、少女漫画ほど参考になるものって、なかなかないかもです。

というわけで、胸キュンする台詞を知りたい人は、迷わず女子に人気の少女漫画を頼ってみてください。

(2)かっこいい告白は世代によって違う!

ところで「かっこいい告白」って、ひと口に言っても、20代や30代が思う「かっこいい」と中学生が思う「かっこいい」には微妙な違いも!

中学生のときは「THE・青春」って感じの告白がカッコよく感じられましたし、高校生になると、少し大人びて、背伸びした言い方をされたほうが、カッコいい♡って感じましたよね~。

また、「学生のころは気取った告白とか、告白とかしないで言わなくてもわかるだろ、的な雰囲気を醸すのがカッコイイと思ってたけど。社会人になって、もっと真正面からぶつかる告白のほうが、かっこいいかなって思い始めた!」なんて人も少なくないのではないでしょうか。

2:ズッキューン!女子に聞いた「言われてみたい」「言われてノックアウトされた」かっこいい告白10個

では実際に、女子たちに聞いた「言われてみたいかっこいい告白」を10個、お届けしてまいりましょう。

(1)「“お前が好きだっ!”って叫ばれたい」(30歳・女性)

「草食系男子が増えたせいか、告白なのかなんなのかわかんないようなゴニョゴニョした告白をする男子が多すぎます。私は、“お前が好きだっ!”って、街頭で叫ばれてみたい。そんな男性を見て、赤面しながら“私も……”って言って、駆け寄って抱きつきたいです。“叫びながらの告白”って、男らしくてかっこいいと思います」

(2)「“お前しかいない”って、1度でいいから言われてみたいです」(28歳・女性)

「私はこれまでに、ちゃんとした告白って、あまりされたことがないんです。“好きだ”とか“付き合ってください”とかは言われたことがあるんですけど、男気のある感じの告白をされたことがないので、憧れています。“俺には、お前しかいないんだ”って、切ない顔をされながら言われてみたいです。想像しただけで、キュンキュンしてきました」

(3)「クイズみたいにイチャイチャしながら告られたい」(27歳・女性)

「ちょっとダサいかもしれないんですけど、クイズみたいにイチャイチャしながら告られたいんです。

“俺の好きな食いモンって、なんだと思う?”とか聞かれて、“えー。わかんなぁ~い”なんて言っていたら、“ほら、近くにあるあれだよ”とか言われて、“え~っ?”なんて言っていたら、“俺の好きなのはお前だよ”みたいな感じで告られたいです。

んで、“食いモンじゃないよぉ~”とかって言って、“お前を食いたいんだ”とか言われたい。カッコよすぎます!」

(4)「“俺の好きな人だーれだ?”って、聞かれたいです」(33歳・女性)

「この歳まで、まともに告白された経験がありません。これまで付き合った彼とは、告白を経ずになんとなく始まっていることが多くて、真正面からぶつかって告白されたことがないんです。なので、漫画とかドラマに出てくるみたいな、“俺の好きな人だーれだ?”みたいな告白のされ方に憧れます」

(5)「“好きです”って言ってくれるのは、やっぱりカッコいい」(35歳・女性)

「大人になると、自分の気持ちを言わずに、既成事実から入る交際も多くなるじゃないですか? なので、ちゃんと真正面からぶつかって、“好きです”って言ってくれる大人の男性って、かっこいいと思います。

私は30歳を過ぎてから、“好きです、付き合ってください”みたいなシンプルな告白をされる機会が減ったんですけど……。シンプルイズベストですよ」

(6)「“俺の女になれっ!”って、グイッとしてほしい」(37歳・女性)

「最近、男気のある告白をしてくれる男性が減った気がします。むしろ、オジサン世代のほうが、男らしい告白をしてくるような気がするんですよね。個人的には、“俺の女になれよ”とか、ちょっと上から目線でグイッとリードしてくれるような告白に憧れています。

もちろん、好きな人から言われるのが大前提ですけど。嫌いな男から“俺の女になれ”と言われても、キモいだけですからね」

(7)「“君の●●が好き”って言える男性はかっこいいです」(25歳・女性)

「“君の瞳が好き”とか、“君の二の腕が好き”とか、“君のもりもり食べるところが好き”とかみたいに、“君の●●が好き”って具体的に好きな理由を挙げてくれる男性って、かっこいいと思います。

照れ臭くてなかなか言えない男性も多いので、こういうことをさらっと言える男性は、それだけ女心をわかっている気がします」

(8)「俺じゃダメか?」(29歳・女性)

「これ、実際に言われたことあるんですけど……。会社の同期に好きな男性がいて、その人についに彼女ができちゃったんですよね。結婚するつもりだっていうのを定期的に開催していた同期会のときに聞いて。みんながいる場では“え~よかったじゃん~”とか言っていたんですけど、ショックだったんですよね。

で、その帰り道、タクシーで一緒になった男性に、ポツリと。好きでもなんでもなかったけど、キュンときちゃいました。

(9)「俺は、付き合えるなら結婚したいと思ってるよ」(30歳・女性)

「仕事関係で仲良くなった3歳年下の男の子だったんですけど、やたらと積極的だったんですよ。かわいいとは思っていたけど、私も年も年だし、遊んでる場合じゃないと思ってたんですよね。で、付き合ってよ、みたいなことを飲んでるときに言われて。断る意味で“私、次付き合う人とは結婚しようと思ってるんだよ”って言ったんです。

そしたら、その子が、テーブルにあった水をがぶって一気飲みして、トンって置いて、まじまじ私の顔を見て“俺は、〇〇さん(私)と付き合えるなら結婚したいと思ってるよ”って。自分の顔が、お酒のせいではなく、かーーーーーっつって赤くなったのがわかりました。来年、結婚します」

(10)「じゃあ、結婚しちゃう?」(34歳・女性)

「その彼、釣りが趣味で、釣った魚をその場でさばくのもすごく得意な人だったんです。みんなでクルーザー遊びをしたとき、その人が持参した釣り道具を出してきて、ひょいっと海に入れたらさくっと釣れちゃって。

その瞬間にも、あらかっこいいと思ったんですが、魚を〆て、ナイフみたいのでうろこをとって、その場で三枚におろしてくれたんですよ。それを見てたら、“お魚さばける人ってかっこいいよね~。なんかキュンとしちゃった”ってつい口から出たんですよ。そしたら、私の顔をみて、ちょっとだけ笑いながら“じゃあ、結婚しちゃう?”って。

もー、撃ち抜かれました!って感じでした。それ以来、その彼がなんだか気になって気になって……すっかり好きになっている自分がいます」

3:それはないでしょ…女性がバッテンを出してしまうNG告白3つ

(1)夜中のLINEで

深い夜まで飲んだ後、人肌恋しくなって誰かと話したくてLINEに手が伸びるというのは女子でもあること。でも、その勢いで告白というのは、たとえ勇気がでないからお酒の力を借りたかったとしても、どんなにその言葉が真剣で真面目だったとしてもNGです。もちろん“付き合っちゃおうよ~ぜったいうまくいくからさ~”みたいなのは論外。

「酔わないと言えない告白ならいらね」と思うのが女子なのです。

(2)人づての告白

高校生くらいならOKがでるかもしれませんが、社会人にもなって「〇〇がお前のこと好きだって言っててさー。でも告白する勇気がないんだって」みたいなことを言われてキュンとなる人はいません。

いるかもしれませんが、子どもか……と思ったり、もっとこう、あるでしょう!となるのはやむなしです。

女性は、ここぞというときに、かっこいいところを見せてくれる男が好きなのです。ギャップ萌えという言葉がありますが、それは、草食、奥手男子が勇気だして告白、というときに発生するもので、いつもオラオラの輩タイプが、あいつ、実はシャイだからさ~みたいな話はいらないのです。

(3)「僕はあなたを幸せにする自信なんかありません。でも、僕が幸せになる自信はあります」

これ、国民的映画に数えられる『釣りバカ日誌』の主人公、浜ちゃんが最愛のみち子さんにしたプロポーズのセリフで、男性にめちゃめちゃ感動を呼んでるらしく「自分も言いたい」などと考えている人が多いですが、女子としては「マジでムリ」。

確かに映画はいい、浜ちゃんとみち子さんカップルは幸せそう。しかし、それはそれ。そんなことを言われて嬉しい~付き合う♡結婚するする~となる女子が三次元にいるとは思わないでくださいね。

4:ぱくっちゃえ!「告白の言葉」名言5つ

さて、ここからは、告白にまつわる名言を5つご紹介します。

(1)「恋愛は、チャンスではないと思う。私はそれを意志だと思う」by 太宰治

かの有名な作家、太宰治先生の恋にまつわる名言です。告白のチャンスがつかめないときに「恋愛は、チャンスではないと思う。私はそれを意志だと思う」なんて、ちょっと哲学的な伝え方をすると、知的な印象にも!

(2)「恋の始まりは、晴れたり曇ったりの4月のようだ」by シェイクスピア

恋の始まりを予感したときに、思わせぶりなことを言いたいならば、シェイクスピアの名言を拝借♡ 「私たちって、まるで4月のようだよね……」など、とアンニュイな表情で伝えれば、「え、何それ……」と興味を惹かれる男子も続出!?

(3)「人は恋愛を語ることによって恋愛するようになる」by パスカル

フランスの哲学者パスカルによる恋の名言です。愛とは、恋とは、などを語りたがらないシャイな男性に「人は恋愛を語ることによって恋愛するようになる」と伝え、ふたりの恋愛について意識を向けさせることもよい方法だといえるでしょう。

(4)「愛せなければ通過せよ」byニーチェ

告白したけれど、返事をゴニョゴニョしている彼には、ビシッとひと言「愛せなければ通過せよ」と、伝えちゃうのもアリ!

「付き合うの? 付き合わないの? どっちなの?」と聞くのはちょっとヤボいけれど「愛せなければ通過して」なら、なんだか大人な言い方に聞こえるから不思議です。

(5)「愛して勝ち取るのが一番よい。その次によいのは愛して敗れること」by ウィリアム・メイクピース・サッカレー

これは告白して失恋したときに思い出してほしい、イギリスの小説家ウィリアム・メイクピース・サッカレーの名言。この言葉を繰り返し唱えると、心がスッキリする……かも?

3:女子が使える告白セリフ集

では、最後に女子が使える告白のセリフ集をお届けしちゃいます。

(1)「ずっと見てました」

「女性から告白されるなら、奥ゆかしい言い方にグッとくる」な男性も多いので、ちょっと控えめに「ずっとあなたを見ていました」的な想いの伝えかたもかわいいです。

照れ臭そうに伝えるのが、男性をキューンとさせるポイントです!

(2)「好きです」

告白は、ストレートに真正面からぶつかってこそ、想いが通じることも。なので、「好きです」と想いをまっすぐに伝える告白も、ズッキューン!としてくれる男性は多いです。

しのごのセリフを考えても、いざ彼の前に行くと、何も言えなくなっちゃう女子だって多いはず。そんなときにも「好きです」は、鉄板です!

(3)「よかったら付き合ってください」

ちょっと控えめに、彼女候補に立候補したいです、な気持ちを伝える「よかったら(私と)付き合ってください」も、男心をくすぐる告白フレーズです。

「よかったら」と言っているあたりに、奥ゆかしさを感じてくれる男性も少なくありません。ガンガン押していくキャラにはなりたくないってときには、控えめすぎる言い方で想いを告げて、彼の出方を様子見です。

(4)(ボソッと)「好きかも…」

ちゃんと告白するのではなく、聞こえるか聞こえないかくらいの声量でボソッと「好きかも……」と呟く告白も、男性を胸キュンさせる王道のテク。面と向かって言葉にしたくない、けれど想いには気付いて欲しい……なんてときには、ボソッとひと言だけ、思いを口に出して。これ、キュンっとさせつつ、意識させるテクニックにもなるんですよ~。

(5)大きな声で「●●くんが好きっ♡」

元気がウリの女子なら、思い切って大声で「●●くんが好きっ」って伝えるのも、かわいい告白に。面と向かって想いを告げられる経験が少ない男性ほど、キュンキュンしてくれる告白方法です。

一緒にハイキングに行って、誰もいない山頂で「●●くんが好きーーっ!」って叫んでやまびこ効果を狙ったりしても、ふたりにとって思い出深い告白にもなりますね!

5:かっこいい告白はしてもされても人生の宝物!

記憶に残るほどのかっこいい告白は、してもされても、その後の人生において、大切な宝物になるのは間違いありません。

仮に告白した結果が「NO」だったとしても、かっこいい告白ができれば、告白した側としても思い残すことが減り、気持ちの整理がつけやすいっ!

みなさんは、どんな告白が「かっこいい」と思いますか?