恋のなやみに効くメディア

成功しやすい告白の言葉|思わずOKしちゃうかもしれないセリフ集

ミクニ シオリ

ミクニ シオリS.Mikuni

目次

隠す

1:告白を成功させるには「言葉」選びも重視して

告白は好意を寄せ、デートを繰り返し、その気持ちを言葉にして伝える瞬間。それまでのふたりの関係の集大成とも言えるでしょう。だからこそ、伝え方やセリフも非常に大切です。逆に言えば、告白のシチュエーションや歯切れの悪さが原因で、100年の恋も冷めてしまう可能性も。

2:告白の言葉が良すぎてついOKしちゃったことある?

最初から大好きだったわけではないけれど……、告白の言葉が良すぎて思わず心が揺らいでしまったという人もいることでしょう。

今回『MENJOY』では、独自アンケート調査を実施。「告白の言葉が良かったために、思わずOKしてしまったことはありますか?」と質問してみました。

ある・・・96人(31%)

ない・・・210人(69%)

約3割の人が言葉に惚れた結果に。これまで意識していなかった人からされる告白でも、言葉の選び方によって、OKの確率が大幅に上がるということ。告白は、はじめて伝える好意の言葉であり、第一印象を決めるタイミングとも言えるのかもしれません。

3:【男性編】女性がキュンとする告白の言葉5選

女性は男性の真摯で誠実な姿勢が見えると、意識していない人でもキュンとしてしまうことがあるようです。あいまいな言葉を使わずに、ほかの人では代替がきかない存在であることをしっかりと言葉で伝えましょう。

「こんなに好きだと思う人に出会ったことがなかった」

「唯一無二の存在である」というを伝えれば、相手の承認欲求が満たされます。ほかの人ではダメだと伝わるセリフがあるといいでしょう。

「いままでの人生でいちばん好き」

「いちばん」という言葉も、相手を安心させやすい言葉です。あいまいな感じを出さずに「いちばん」と言い切ると、本気度を伝えることができるでしょう。

「俺が幸せにしてあげたい」

昔からの王道ではありますが、「幸せにする」いうセリフにはプロポーズ的な本気っぽさが含まれており、女性の心をつかみやすいです。結婚願望が強い女性、より本気の恋愛を求めている人には効果てきめんです。

「ほかのやつにとられたくないんだ」

適度な独占欲は、女性の心をくすぐります。追われる恋愛が好きな女性には、この言葉がクリーンヒット。男らしさを感じるセリフでもあり、憧れる女性も多そうです。

「ずっとそばにいてほしい」

「ずっと」という言葉も、長い目で将来を考えているという本気度を伝えることができます。真面目な女性、カジュアルな雰囲気で付き合ってきた女友達などには、このくらいほっこり系の告白でもいいのかもしれません。

4:【女性編】男性の心にグッとくる告白の言葉5選

男性は告白の言葉に重たさを求めない人も多いです。「あなたに幸せにしてほしいです」など、男性側が責任を感じるような告白をすると、必要以上に重たく考えてしまう可能性大。うまくいく恋もうまくいかなくなるかも。

「ずっとアピールしてたんだよ」

「あなたのためにがんばってきた」という姿勢が伝わるセリフです。女性らしいかわいらしさもあるので、控えめで草食系な男子なら、このくらい小悪魔なセリフで惑わせて。

「ずっと隣にいたいなって思う」

男性にはあまり重たい告白を求めないため、長い目で見ている、ということもふわっと伝えるくらいがちょうどいいでしょう。女性と同じく、より真面目で結婚願望が強い男性に真剣さを伝えられるセリフです。

「夜になると会いたくなっちゃう」

少し重ためではありますが、ロマンチストな男性や年下の男性にささりそうなセリフ。少しあいまいなセリフのほうが「それってどういう意味?」と男性の心を掻き立てることができます。

「もっと触れたいなって思う」

少しセクシーなセリフですが、こう伝えながら実際はボディタッチを控えることで「付き合わないと触れないよ」という線引をすることができます。男性の「むしろ触りたい」という欲を掻き立てるセリフですが、都合よく触らせない注意も必要。

「一緒にいるとドキドキする」

男性らしさを感じていると伝えることができる言葉です。「あなたはしないの?」と聞き返すと、その場の雰囲気に流されて「するかも……」と返してもらえるかも。まずは付き合うまでもっていきたいときに、王手をかけるセリフです。

5:注意して!相手をげんなりさせる残念な言葉3つ

告白された側も、告白の言葉はいつも以上に真剣に捉えます。マイナスな印象を与える言葉は絶対に避けたいところです。

(1)好きかも

好意が定まっていないようなあいまいな言い方はNGです。告白はできれば、自分の中で気持ちが固まってからするのがベスト。あいまいな好意は相手を混乱させますし、照れ隠しだとしてもおすすめできない言い方です。

(2)1回付き合ってみる?

「とりあえず」感の強い言い回しも、告白の真剣度を下げてしまいます。誰にでもそんな言い方をしているのかな、といらない深読みをさせてしまいますし、軽く見られている、バカにされていると考えてしまう人もいます。

(3)付き合ってあげてもいいけどね

告白する側が上から目線に見えるような言い回しも危険です。中身のない自信はナルシスト感が強く、相手があなたに対して揺るぎない好意をもっている場合でない限り、不快感を与える可能性が高いです。

6:告白を成功させるには…場所選びやタイミングも大切!

告白にはシチュエーションが大切です。セリフだけでなく、ロケーションや状況もしっかり整えて。

(1)告白にベストなタイミングはいつ?

告白するタイミングとしては、まずあなたの中で相手への好意がしっかりと固まっている瞬間をおすすめします。迷いがあると態度や言葉に出てしまうので、告白の成功率が下がります。

できれば相手に「どこが好きなの?」と返されたときに、しっかりとポイントを説明できるくらいの気持ちがあるタイミングがベスト。真剣さが相手に伝わるはずです。

(2)告白場所選びのポイント

告白する場所は、あまり人気のない場所をおすすめします。静かな夜道や車の中など、告白された側が周りを気にしなくていいような場所のほうが、相手も落ち着いて考えられるはずです。

雰囲気のいいバーや飲食店で告白するのもいいですが、そういうときは「返事は後でいいから」と付け加えましょう。相手にゆっくり考えさせてあげることができますし、大人の余裕を見せることができます。

7:告白は「真剣に・急かさず・自信をもって」!

告白に大切なのは、真剣な言葉とそれを裏付ける真摯な姿勢です。どちらかが欠けていると、相手に不信感を与えることになってしまいます。

言われた相手のことも考え、告白の返事を急かさないこと。周りを気にしないで済む場所を選ぶこと。そして、あなた自身が相手への好意に自信をもっていることが大切です。