恋のなやみに効くメディア

30代の恋愛は慎重?30代男性の恋愛傾向とアプローチ方法13選

並木まきM.Namiki

©gettyimages

目次

隠す

1:30代の恋愛は20代までとは違う?

30代の恋愛は、20代と異なる点がいろいろあるもの。

その違いでいちばん話題に挙がるのは、結婚を考える人の増加でしょう。20代まではまったく結婚を意識しなさそうで、ただ「好き!」だけで突っ走っていたような人でも、30代になると恋愛に結婚のふた文字がチラつくものです。

そうやって結婚を考えた恋愛というのは、経済的な部分を重視したり、価値観が合うかどうかを考えたりと、「好き」という気持ち以外の要素を考えるので、それまでの恋愛観から大きな変化があるものです。

 

2:30代男性は恋愛に慎重になる?30代の恋愛傾向5つ

(1)「結婚前提」を求める人が増える

30代になると「結婚前提」でのおつきあいを求める人が男女ともに多くなるでしょう。周囲が結婚をして家庭を築いているのを見ると「そろそろ自分も」という気持ちになる人も多いですし、駆け抜けた20代が過ぎると、ふと寂しくなったりするもの。

しかし、その一方で「まだまだ結婚はしたくない」と考える独身派の男女がいるのも事実。なので、交際の先に求めるものが異なるふたりがつきあってしまうと、その恋愛はこじれがち。

30代が結婚前提のおつきあいを求めている場合には、事前に相手の意思をチェックしたほうがいいでしょう。

(2)過去の経験をトラウマとしてもっている

20代の恋愛では「初めて」な出来事が多かった人でも、30代となるとそれなりの恋愛経験を踏んでいる場合が多いでしょう。

そのため、過去の恋愛体験が「トラウマ」となっていて、20代のころより恋愛に臆病になったり、異性に対する偏見が強くなったりする人も珍しくありません。

(3)お金がかかるデートが増える

20代のころには貧乏なデートでも楽しかった人でも、30代になって経済的に余裕が出てくると、デートに求めるレベルが上がっていることも。初めてのデートなら、ちょっといいレストランを予約したり、旅行デートも海外を提案したり。そういう部分にお金をかけられるかで、価値観を図ったりもします。

(4)好みのタイプが明確になる

20代でいろんな人とおつきあいをしてきた人が、その経験から「自分に合うタイプ」が見極められるようになるのが30代。

そのため、自身の好みのタイプや相性のいいタイプが明確になり、おつきあいする相手を絞りやすくなっていることも言えるでしょう。

(5)同世代との交際には慎重になる

「30代は結婚のプレッシャーをかけられるから、荷が重い」なんて言っている男性陣の声を聞いたことはありませんか? 「交際」の先に「結婚」を望む同世代が増えることから、やはり交際には慎重になりがち。

年下のほうが結婚へのプレッシャーが少ないと考え、あえて30代とは交際せずに20代とばかり恋愛をしたがる人もいるようです。

 

3:30代男性への恋愛アプローチ術5つ

(1)仕事の邪魔をしない

 

30代になると、20代のころと比べて仕事が忙しくなる男性も多くなります。そのため仕事の邪魔にならない範囲でのアプローチがポイントに。

自分の都合だけでガンガンと押してくる女子は「空気が読めない女」「かまってちゃんでウザい」などと嫌がられることも。

(2)「ひとりの時間」を尊重してあげる

仕事が忙しい分、疲れが溜まりやすいのも30代男性の傾向です。

体力的にも20代と比べると劣ってくる男性も多いため、仕事が休みの日にはひとりでゆったりと疲れを癒す時間がほしいと考える男性もいるでしょう。ひとりの時間を尊重してあげることが、アプローチの一環になるかもしれません。

(3)過去の恋愛を受け入れる

彼の過去の恋愛体験を尊重してあげることも、30代男性への恋愛アプローチでは重要です。元カノに対して、否定したり嫉妬したりしてしまえば「面倒な女」「嫉妬深すぎ」などのネガティブイメージが強くなり、交際に至りにくい一面も。

(4)バツイチ男性の場合には、結婚歴を受け入れる

30代独身の中には、20代や30代の早い段階で結婚し、すでに離婚した「バツイチ組」も存在します。そのような男性へのアプローチでは、過去の結婚歴を受け止め、一緒にその過去を乗り越えていくような寄り添ったアプローチが有効になるでしょう。

(5)精神的に自立しているアピールを

30代になった男性たちには、お互いがいい意味で自立した関係性を求めるタイプも。そのため、アプローチの段階でも、「いつも一緒にいたい」というようなベタベタとした関係性をにおわせるのではなく、精神的に自立した一面を強調したほうが、好感を得やすい面もあるでしょう。

 

4:30代男性の恋愛の遊びと本気の見分け方3つ

(1)親に会わせたがるか

30代男性が結婚を考えた場合には、早い段階で親に会わせようと考える人も少なくありません。「結婚を考えている」と言葉でいうのは簡単。本気の交際の場合には、言葉だけでなく行動が伴うもの。親に会わせて、そのまま結婚まで進んでいい相手かどうかを見極めようとするケースも多いのです。

(2)マメに連絡をしてくるか

多忙を極める30代男性も多いものの、連絡に関しては本命彼女には「マメ」な男性も多い傾向です。むしろ、忙しい日々でも彼女と連絡を取ることが、癒しや安心感につながるという30代男性も少なくないでしょう。

「忙しいから」「疲れているから」などを理由に連絡を怠る場合には、残念ながらも本気度が低いリスクも伴います。

(3)忙しくても時間をつくろうとするか

20代の時期と比べると、責任ある立場となり、仕事も充実してくるのが30代の傾向です。しかし、そんな忙しい毎日の中でも、会う時間をつくろうと努力しているのであれば本気度は高め。「多忙」を理由に、何週間も放置したり「時間ができたら会おう」などと適当なことばかり口にする場合には、遊びであるリスクが伴います。

 

5:30代の恋愛は「大人の恋愛」

30代の恋愛は、大人の恋愛と言えます。

20代までとは異なり、結婚前提の重みが増したり、過去の恋愛トラウマを抱えていたりといった大人の事情” も複雑に絡むもの。大人っぽい恋愛をしたい人にとっては、30代男性はうってつけの世代と言えるのではないでしょうか。