恋のなやみに効くメディア

彼女、彼氏が恋人と距離を置く心理とは?そのあとどうなった?ふたりの関係をよくする冷却期間とは

大山奏K.Ohyama

目次

隠す

1:距離を置く男女が別れる確率は?

(1)距離を置きたいというときは別れたいとき?

「少し距離を置いて考えたい……」恋人からそんなふうに言われた経験はありませんか? 逆に自分のほうから「距離を置きたい」とお願いする場合もあるでしょう。

好きな気持ちはある。だけど、会えばケンカばかり……というケースでは、別れたくないけど、ちょっと距離を置いて考えてみたいという気持ちにもなるでしょう。

(2)冷却期間が長すぎると別れやすくなる?

しかし、いちど離れてしまうと、「会わないほうがラク」という気持ちになって、そのまま別れてしまうというケースも少なくありません。その確率は、付き合い期間が長かったり、同棲などしていて自分の時間がほとんど取れかったりという場合ほど高くなるようです。

本人たちも、このまま離れたら、別れちゃうかもしれない……と思うからこそ、冷却期間を作れないってことがありますよね。うすうす別れてしまうかもと感じているのに「距離を置こう」という人はどのように考えているのでしょうか。

2:距離を置く彼氏・彼女の心理7

「距離を置こう」と考える彼氏・彼女は、何を考えているのでしょうか? 体験者にそのときの心境を語ってもらいました。

(1)一緒にいすぎて疲れた

「僕の場合は、ほぼ同棲みたいな状態になったことが原因だったと思います。僕は基本的にひとりの時間がないとダメなタイプなんですけど、そのときの彼女がすごく甘えたがりで。

毎日会いたいって言って来たり、こっちが仕事が長引くとか、友達との予定があるっていうと、じゃあ帰って来るのを部屋で待ってるとか言う子だったんです。それでだんだんと僕の部屋に入り浸って、いついてしまった。重たいなぁって感じました。

結局1か月離れていたら、彼女のほうの気持ちも冷めたみたいで、別れることになりました。僕としては別れて正解だったと思っています」(Tさん・30歳男性)

(2)相手への気持ちがわからなくなった

「若いころの話ですけど、彼女に対する自分の気持ちがわからなくなっちゃって。“しばらく連絡をしないでおこう”って言ったことはありますね。そのころ、仕事も結構楽しくて、自分にとって彼女って必要あるのかな?っていう思いがあったんです。

でも、実際に彼女から毎日きていた連絡がなくなったら、物足りなさを感じたし、正直寂しいと思いました。それで“あぁ、自分は好きなんだな”ってしみじみ思って再度付き合うことになりました。自分の気持ちでも、離れてみないとわからないことってあるんですよね。今の妻はそのときの彼女です。

ただ、今でも妻から“私のこと、嫌いだったことあるでしょ”ってたまにチクリと言われたりして、それはちょっとめんどうですね(笑)」(Sさん・31歳男性)

(3)実は別れたかった

「彼女と別れるつもりで、“俺たちもう終わりじゃない?”みたいなことを話したんですよ。そしたら彼女がいきなり泣き出して、ヒステリックに“なんでそんなこと言うの?”みたいに怒り出して。

めんどうだなーって思って、“じゃあ、ちょっとだけ距離を置いてみない?”って言いました。もちろん別れる気満々だったので、最初1か月って言ってたのを、再度伸ばして2か月、3か月ってしていったら、さすがに彼女のほうも諦めてくれて。無事別れられました」(Uさん・27歳男性)

(4)仕事が忙しすぎて恋人を構えないと思った

「彼女のことは本当に好きだったんです。最初のころは彼女の声を聞くのが癒しだったし、仕事の忙しさも、彼女とデートすることが息抜きになって忘れられた。でも仕事が本格的に忙しくなってからは、土日も毎週出勤ってなって。たまに休みがあってもデートに行く体力も気力も残ってなくて。

そのときに思ったのが、“このままだと彼女にも失礼だし、今は仕事をしっかりすることのほうが重要なんじゃないか”ってことでした。だから彼女に正直にそのことを話してしばらく距離を置いてもらうのを許してもらいました。

男って仕事でぱんぱんになると、ほかのことに手が回らなくなるんですよ。相手のことを好きだからこその冷却期間ってこともあると思います」(Wさん・28歳男性)

(5)ほかに気になる人ができて悩んでいた

「あんまり大きな声ではいえないんですけど、彼氏とマンネリを感じてきた時期に出会った男性のことが気になりだしちゃって。その相手の男性も私のこと気に入ってくれてるみたいだったので、彼氏と付き合ってるのに罪悪感を感じちゃって。

それで彼氏に“距離を置いてみたいんだけど……”って相談したら、彼もなんとなく私の気持ちを感じてたみたいで“いいよ”ってすんなり。結局新しい彼と付き合って、元の彼とは別れました」(Nさん・26歳女性)

(6)彼氏の束縛がイヤになった

「元彼ですごく束縛が強かった人がいたんです。それが苦痛で苦痛で。でも別れるって言うと、すごく怒られそうで怖かったので、まずは距離を置こうって話にして。そこからは忙しいとかほかの予定があるとか言って、なるべく会わなくて済むようにして。

それでも結構つきまとわれたというか……ちょっと怖い状態が続きました。でも時間が経つにつれて、彼氏も何をやっても無駄だと思ったみたいで。きっちり別れられました」(Mさん・33歳女性)

(7)彼を嫌いになりそうだった

「すごく相手のことを好きだとしても、ずっと一緒にいるとちょっとした癖とかが気になるようになりません? 好きって気持ちはあるけど、ちょっとした仕草とか口癖とかにイライラするようになっちゃって。

このまま一緒にいたら嫌いになっちゃいそうって思ったから、いったん離れるっていう決断をしました。で、しばらく離れてひとりで考えたら、やっぱり一緒にいたいなって思えたので、また付き合いだしました」(Hさん・28歳女性)

3:距離を置きたいと言うときの心理は男女で違う

(1)男性の場合は相手を煩わしいと思うケースが圧倒的

男性の場合は、仕事の状況や相手との関係で、恋愛自体が重たくなるという人が多いよう。距離を置いて彼女のことを考えないでいい時間を、1度作りたいと思うようです。ある意味短絡的といえます。

(2)女性は冷却期間をつくって付き合い続けるかどうか判断したい

一方、女性は逆で、彼氏のことをしっかりと考えたいからという理由で冷却期間く人が多い様子。離れている間でも彼のことをしっかりと見極めようとする傾向があるみたいですね。これは長期的な目線といえます。

【関連記事】

距離を置きたいのはなぜ?距離を置きたい人の心理と上手な伝え方

4:彼氏・彼女から距離を置く期間は連絡しない?冷却期間のルール3つ

相手から「距離を置こう」と言われて離れる場合、別れにつなげないために、戻るために絶対にしてはいけないルールがあります。別れてしまったカップルの体験から、筆者が3つピックアップしました。

(1)自分からは連絡はしない

相手から「距離を置こう」と言われた場合には、基本的には自分から連絡はしないと決めましょう。忘れられたら困ると思ってついつい連絡をしたくなりますが、さらに嫌がられてしまう場合もあります。

(2)相手のことを考えすぎない

「距離を置こう」と言われて放置された時期は、どうしても彼氏のことばかりを考え続けてしまうかもしれません。もちろん彼氏がなぜそんなことを言ったのかを考えてみる必要はあります。でも、あまりにそのことばかりに捉われすぎるのも良くありません。

相手から連絡があるまでは自分ひとりの時間を楽しみ、もっとかわいく、次にあったときに惚れ直させるように自分磨きをしていきましょう。そうすれば、別れるにしてもヨリが戻るにしても、ハッピーです。

(3)楽観的になりすぎない

「距離を置こう」の意味は、人それぞれ、関係性によっても違います。とはいえ、離れたい理由があるのです。「ただ距離を置くだけでしょ」などと気楽に構えすぎるのも良くないでしょう。

相手から再び連絡があったときに、復縁できるか別れることになるかは誰にもわかりません。復縁できると決まる前から楽観的に構えすぎていると、別れると決まったときのショックが大きくなってしまいますよ。

【関連記事】

彼が考える距離を置く理由って?終わりたくないときの対処法

5:別れずに済む理想的な冷却期間とは…体験談5つ

最後に取材した人たちから訊いた、距離を置く場合の理想的な期間を紹介します。

(1)1週間

「毎日のように会っていた彼女と大喧嘩して。そのときには絶対に別れるって思ったんですけど、勢いに任せてっていうのは後悔するかもと思って、1週間連絡を取らないって決めたんです。

お互い、1週間でだいぶ気分が落ち着いて、謝罪とかもできたので、話し合って付き合い続けてみることになりました。毎日連絡していたり、毎日義務のように会っているカップルは1週間くらいが妥当ではないでしょうか。あんまり冷却期間が長いとどうでもよくなっちゃうかも」(Yさん・28歳)

(2)1か月

「僕たちはお互いに仕事が忙しくて、全然会えない時期が続いて“付き合ってても意味がないんじゃないかな?”って話から、どちらからともなく“ちょっと距離を置いてみようか”って話になりました。

で、とりあえず1か月くらいはお互いに好きなこととか仕事を頑張ってみようって話し合って。

そしたら日に日に寂しさが増していって、約束の1か月後には寂しさマックスになり、すぐに復縁が決まりました。愛が完全復活した感じでしたね。1か月ってあっという間なので、ヨリも戻しやすいと思います」(Oさん・30歳)

(3)3か月

「僕の場合は、彼女と一緒にいても楽しくないなぁって感じ始めたので、ちょっと距離を置いたら自分の気持ちも確認できるかなって思って3か月離れてみることにしました。彼女も意外とすんなり受け入れてくれたので、同じようなことを考えていたのかもしれないですね。

でも、結局そのまま自然消滅になっちゃいました。でも少したってから、冷却期間中、彼女には新しい彼氏ができてたこともわかって。3か月は長すぎたのかもしれません」(Aさん・25歳)

(4)半年

「僕のほうの仕事がすごく忙しくなっちゃって。出張も多いし、残業や休日出勤も当たり前で。彼女には寂しい思いをさせてるなぁて思ってたんです。

でも中途半端な気持ちで仕事をするのもイヤだったので、仕事が落ち着くまでの半年間、ちょっと離れてみたいって話し合いをしたんです。

彼女もその間すごく仕事を頑張っていたみたいで、友達から噂は聞いてたんです。なんかこういう関係も良いなぁって思ってて。で、半年後に仕事が落ち着いてから彼女と話し合った結果、友達に戻ろうという結論に至りました。半年別れて普通の生活になっちゃったら、ヨリを戻すっていう気持ちにはなれないかもしれないですね。でも、今でもお互いに尊敬しあえる良い友達です」(Tさん・30歳)

(5)3年

「正直距離を置くとかいうレベルじゃなくて、“一旦別れた”って言っても良いと思うんですけど、3年くらい離れてから再度付き合うことになったのが今の彼女です。

お互いにたぶんまだまだ遊びたい盛りだったので、ケンカも多くて。別れるときもケンカの勢いで別れた感じだったんです。

ただお互いSNSとかは繋がったままにしてあって。先に彼女に新しい彼氏ができて、僕の方にも新しい彼女ができて。でもお互いに別の人と付き合ってみて、余計にお互いにとって相手が必要な存在だったって気づけたんだと思います。長くするなら年単位がおすすめだと思いますよ」(Mさん・31歳)

【関連記事】

冷却期間はどの位置くべき?冷却期間を置く目的別ベストな長さとルール

5:距離を置くのは3カ月未満が良い?

あまり長い期間距離を置いてしまうと、気持ちが離れてしまうことが多いようです。さすがに1週間では短いかもしれませんが、1か月くらい、長くても2~3か月くらいにしたほうが、復縁できる可能性は高まりそうですよ。