恋のなやみに効くメディア

彼氏がうざいと思うのは普通?別れたくないときの対処法と別れの注意点

小嶋司K.Tsukasa

©gettyimages

目次

隠す

1:彼氏がうざいと思ったことある?

実際、付き合っているときに、彼氏の言動を「うざい」と思ったことがある女性はどれくらいいるのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20代~40代の社会人女性108人を対象にアンケート調査を実施。「彼氏がうざいと思ったことはありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・70人(65%)

ない・・・38人(35%)

「ある」と回答した女性が半数以上をしめる結果となりました。どんなに好きな相手でも、関係を続けるうちに「うざい」と感じることも増えてきます。交際期間が長いほど、相手のイヤな部分も見えくるので、多少の「うざさ」はしかたがないことかもしれません。

2:彼氏がうざいと思う瞬間5つ

上記のアンケート調査で「ある」と回答した女性たちに、うざいと思う瞬間について聞いてみました。女性たちがもっとも「うざい」と感じたのは、どのような瞬間なのでしょうか?

(1)束縛がはげしいと感じたとき

「必要以上の束縛がめんどうだった」(36歳女性/デザイン関係)

「とにかく束縛がきつかった」(25歳女性/総務・人事・事務)

「束縛されるのがイヤだった」(30歳女性/営業・販売)

社会人であれば、仕事の付き合いもありますし、自分だけの時間がほしいときもあるでしょう。行動の制限など、妙な嫉妬による束縛は、「うざさ」を感じるようです。

(2)浮気をされたとき

「浮気が発覚したとき」(34歳女性/その他)

「知らない間に浮気されていた」(39歳女性/その他)

「彼が長年浮気していたと知ったとき」(25歳女性/その他)

浮気がうざい、というのは、一瞬「?」となるかもしれませんが、トラブルのもとをつくり、そのせいで、悩んだり悔しくなったり、感情の波を立てられるのが「うざい」のです。

(3)価値観(意見)が合わないと感じたとき

「家族の話で価値観が合わないのに話を続けられたとき」(46歳女性/その他)

「意見が合わなかった」(40歳女性/その他)

「次第に価値観が合わないと感じてきた」(33歳女性/学生・フリーター)

交際を続けるうえで、価値観の違いは重要です。価値観が違いすぎると自分の思ったようにことが運ばず、それが「うざい」の要因に。

(4)かまってほしいアピールが多いとき

「自分ひとりの時間がほしいときがあった」(38歳女性/営業・販売)

「べったりで依存してくる相手だった」(35歳女性/総務・人事・事務)

「いつも一緒にいなければならないことに窮屈を感じた」(35歳女性/その他)

自分は会いたくないときに、「会いたい、会いたい」言われれば、そりゃうざくもなるものです。

(5)仕事が忙しくなったとき

「仕事が忙しいとめんどうくさい」(34歳女性/コンピューター関係技術職)

「自分が忙しいときに遊びたがると、付き合えない」(48歳女性/営業・販売)

「お互いに忙しくてイライラしてしまいそうだった」(41歳女性/その他)

忙しいと、相手のことを考える余裕がなくなります。でも、彼氏だからそこそこ気を遣わなければいけない……。そういう状況をつくられてしまうと、やはり「うざい」のひと言になってしまいますよね。

3:彼氏がうざいけど別れたくないときの対処法5つ

彼氏のことを「うざい!」と感じても、未練や情もあるから別れたくないと感じる人もいるでしょう。交際期間が長ければ長いほど、別れられない人は多いと思います。「彼氏がうざい」と思いつつ、別れたくない人に向けて対処法を紹介します。

(1)改善してほしいところを伝えて話し合う

彼氏に不満を抱えたまま自分の中に溜め込むばかりでは、いずれどこかで爆発してしまいます。その結果、フラれる危険性もありますから、不満に感じていることは、まずは素直に伝えて話し合ってみてはいかがでしょうか。

不満を言い合える関係でなければ、その先も付き合っていくことは難しいでしょう。

(2)彼氏のよい部分に目を向けてみる

「うざい」というのは短所ですが、人には誰しも長所があります! 「うざい」という感情に邪魔されて、相手のよい部分を見られていないことも考えられます。長所が見つかれば「不満はあるけど、いいところもあるしなぁ」という気持ちが芽生えてくるかも。

(3)距離を置いて存在の大きさを再確認する

一定の期間、彼氏と距離を置いてみましょう。不在の寂しさ、存在の大きさを再確認できれば、「うざいけど、私にはこの人が必要だ!」となって、少なからず不満も解消されるかもしれません。交際を続けるうえで必要な対処法のひとつです。

(4)自分だけの時間を確保する

彼氏に不満があっても、良好な関係が続くカップルの特徴として「お互いに自分の時間を確保している」という傾向があります。会わない時間がとれれば、気持ちのリセットもしやすくなります。

(5)共感し合える人に吐き出してみる

恋人がいる女性同士なら、彼氏に対して「うざい」と感じる部分が共通していることが多いはず。友人や身内など、共感し合える人に彼氏の「うざいと感じている愚痴」を吐き出しましょう。彼氏の不満を共感し合える相手がいることで、「自分だけじゃない」と思えるかも?

4:彼氏がうざくて別れたいときの注意点3つ

彼氏と別れるときに、めんどうな話し合いになるのは極力避けたいですよね。彼氏がうざくてお別れしたい人のために、3つの注意点を下記にまとめました。別れを決断しているなら、事前に読んでおいてくださいね。

(1)「うざい」とストレートに言わない

別れたい原因が「うざいと感じる」ことであっても、相手にそれをストレートに伝えるのは得策ではありません。逆ギレされてケンカに発展し、別れ話がさらにめんどうになる可能性も考えられます。

特に自分のほうが上だと思っている彼氏にはNGです。めんどうごとを避けたいならば、ストレートに理由を伝えるのはやめておきましょう。

(2)自然消滅を狙わない

話し合いがめんどうで自然消滅を狙う人もいると思います。ですが、そのあとでLINEや電話がジャンジャンきて、余計に「うざい!」と感じるケースもあるようです。うざい相手ほど、別れる意志はハッキリ伝えたほうがいいでしょう。

(3)決断したら揺るがない

別れを決断したら、別れ話で相手に何を言われても揺るがないことです。「別れたくない」とせがまれて、関係を続けても同じことの繰り返しになる可能性が高いです。

そして、またつらい思いをすることになるわけですから、決断したら揺るがない覚悟をもちましょう。もちろん、後悔が残らないように、しっかり考えるのが大前提です。

5:まとめ

うざい彼氏に別れをすぐ決断できる人もいれば、ためらう人もいるでしょう。うざい彼氏とどう向き合っていくのか? お別れするのか? いずれにせよ、自分が幸せになるために後悔しない決断をしてほしいと思います。