恋のなやみに効くメディア

男を落とす究極のLINEテクニック5選!「モテたいなら絶対NG」なテクも解説

並木まき

並木まきM.Namiki

©gettyimages

目次

隠す

1:LINEを制する者は恋愛を制する!

昨今の男女におけるコミュニケーションツールの定番と言えば、何はともあれLINE。LINEを制する者は恋愛を制する!とも言える時代なのです。

2:男を落とす究極のLINEテクニック5つ

まずは、男性を落としたいときに使える便利なテクニックを5つご紹介します。

(1)「ありがとう」を連発する

誰かに「ありがとう」と言われると、どんな男性も悪い気はしません。LINEで男性を落とすなら、この言葉を多用すべき。些細なことでも、きちんと毎回お礼を伝えることで「ちゃんとした子」という印象も与えやすく、本命に選んでもらうマストなテクニックと言えます。

(2)褒め言葉を連発する

男性は、自分を褒めてくれる女性を好きになりやすい傾向があります。褒めたから必ず惚れてもらえるわけではないですが、好きになってもらえる可能性が高まる傾向は間違いありません。

LINEでも、相手の長所や行動を褒めまくってみましょう。ポイントは、わざとらしさを感じさせないよう、さらっと褒めることです。

(3)気まぐれ送信する

出会った当初だと、「返信に時間があく人」という印象を出すだけで終わってしまいます。しかし、親しくなったあとなら、届いたLINEへの返信に少し時間があくだけでも「あれ?  今度はいつ連絡をくれるんだろう?」と男性が意識しやすくなります。

(4)ギャップを演出する

料理をしないように見える女性が「いまから煮物を作るところ〜」と送ってきたり、スポーツが苦手そうな女性から「今日はランしてきた!」という報告を受けたり……。「意外性のある一面を見せられるとキュンとする」という男性も多数います。

当然わざとらしいのはご法度。唐突にならないよう、相手の質問を答える形で返信すれば、モテテクに。

(5)返信がめんどうなときは放置する

「気になる相手や彼氏候補にと考えている男性からのLINEは、無理をしてでも返信をする」という女性は多いものですが、返信がめんどうなときにはスルーしてしまってOK。相手が「なんで返信がこないんだろう」などと勝手に想像力を発揮してくれて、捗ることこのうえなしです。

3:男を落としたいならやってはいけないLINEテクニック5つ

続いては、定番の「モテテクニック」ではあるものの、落としたい男性には使わないほうが無難なものを5選ご紹介します。

(1)わざとらしいツンデレ

「ツンデレはモテる」はある意味では正解。しかし、わざとらしさを感じさせる露骨なツンデレは「めんどうな女」のニオイしか出しません。文体によってはメンタルが不安定なイメージも醸しかねないので、やめておきましょう。

(2)過剰な好きアピール

モテには隙を見せることも大事ですが、過剰な好きアピールは逆効果になりがち。LINEでも、あからさまに「好き」と言わんばかりの文章やスタンプばかりを送ってしまうと、安っぽい印象になってしまい、真剣な恋愛につながりにくくなります。

(3)私生活を見せすぎる

落としたい男性に対しては、ミステリアスな面をキープしておくのがモテの王道。よって、私通信で生活を見せすぎてしまうと、男性の興醒めを誘い、恋愛がうまくいきにくくなります。

(4)前のめりなスタンプ

やや過激な絵柄をあえて送って相手の気を引こうとする女性もいます。確かに気は引けますが同時に「軽い女性」のイメージを強めてしまう可能性も。本命には控えましょう。

(5)長期間にわたる放置

未読スルー、既読スルーはモテLINEの王道テクニック。しかし、長期間にわたって放置しすぎてしまえば、単なる「脈なし」の様相しか醸しません。最近では「本命にこそ即レス」の文化も生まれてきているので、放置はほどほどに。

4:まとめ

ちまたには男性を落とすLINEテクニックがあふれていますが、その中には乱用すると逆効果になるものも。相手の性格を見極めつつ、効果的なテクニックだけを使うことができれば、望むような展開になるのではないでしょうか。