恋のなやみに効くメディア

気になる彼と恋人になりたい!女性から自然に付き合うきっかけをつくる方法

森下あゆみ

目次

隠す

1:気になる彼はいるのに…付き合うきっかけがつかめない!

気になる男性がいても、積極的にアプローチできず「遠くから見ているだけでいい……」と、付き合うきっかけがつかめない女性は多いもの。自分に絶対的な自信があるなら告白するかもしれませんが、それは少数派と言えます。

付き合うきっかけがつかめない原因は、女性側にある場合もあれば、相手の事情にもよる場合もあるでしょう。さらに、年齢を重ねるごとに恋のハードルが高くなることも。では、どうすれば気になる彼と付き合えるのでしょうか。

2:女性が付き合うきっかけをつくれない主な理由5つ

まずは、気になる彼がいても付き合うきっかけがつくれない5つの理由を紹介します。

(1)相手の欠点を探してしまう

「この人素敵だな」と思っても、しばらく見ていると、あれも嫌これも嫌と欠点ばかり見つけてしまい、交際まで発展しないことがあります。

人には大なり小なり欠点があるものですが、それ以上に長所もあるはず。ひとつでも気に入らない部分があれば即却下のような、極端な考え方をしていると恋愛成就が遠のいてしまうでしょう。

(2)男性にアプローチされないと諦める

気になる彼がいても、アプローチされないとすぐ諦めてしまう女性もいます。恋愛に積極的になれない女性や、告白は男性がするものと思う女性に多いパターンです。いつまでも男性のアプローチを待っているだけでは、努力すれば叶う恋も叶いません。

(3)相手に好意を示すことも苦手

先ほどの話に通じるのですが、恋愛に消極的だったり、男性にリードしてほしいと考える女性の中には、自分から積極的にアプローチできないだけならまだしも、好意を示すことさえ苦手な人も。相手が奥手な男性だったり、確信がないと恋愛を進展させない男性だったりすれば、より付き合うきっかけをつくるのは難しくなるでしょう。

(4)女友達枠におさまってしまっている

気になる相手の「女友達枠」におさまっていることも、付き合うきっかけがつくれない原因のひとつ。好きな気持ちはあっても、なんでもありな友達同士の雰囲気になってしまうと、いいムードにもなりにくくなるでしょう。それに慣れてしまうと、お互いにその枠を越えにづらくなってしまいます。

(5)気になるだけで満足している

気になる彼ができても「付き合いたい!」と思うのではなく「見ているだけで幸せ……」という女性もいます。これは、しばらく恋愛をしていない女性や、最初から恋の成就を諦めている女性にありがちなこと。そもそも、無意識に付き合うことをゴールにしていないのです。

【関連記事】

付き合う前のデート!成功法と「どこまで許していい?」のライン

3:まずはこれをして!付き合うきっかけをつくる方法5つ

付き合いたいと思っても、きっかけがなければ仲良くなることはできません。気になる彼と恋愛関係に発展したいなら、5つの方法を試してみましょう。

(1)さりげなく男性を褒める

自分からアプローチする勇気がない女性は、まず男性を褒めることから始めましょう。

「好き」とストレートに言えない女性でも、「かっこいいね」「気が利くね」のように褒めることならできるはず。過度に褒めすぎると違和感になるので、さりげなく自然に男性が言われてうれしい言葉をかけてみてください。

(2)一緒に食事をする

会社で話したことがある人でも、プライベートで食事をするとまた違う一面が見えてきます。食事をすれば今まで以上に踏み込んだ会話ができるので、仕事や恋愛について深く話せるでしょう。食事に誘うのは勇気が必要ですが、一度でも食事できれば親密な仲になれる可能性は大です!

(3)価値観の共有

男女が付き合うためには、お互いの価値観を共有することが重要です。LINEでのやりとりでもいいので、それとなく価値観の話をふってみましょう。

お金、恋愛、ゆずれないことなどの価値観がマッチすれば、男女としての意識が芽生えやすいでしょう。

(4)悩みを打ち明ける

ある程度仲がいい相手なら、思い切って悩みを打ち明けてみるのもいいでしょう。悩み相談は心をオープンにできるので、男性が懐に入り込めるきっかけになります。

「○○君ならどうする?」と悩みを相談して、アドバイスをもらったら「相談してよかった!」と感謝の言葉も添えるとより効果的です。

(5)ストレートに好意を伝える

告白とまではいかなくとも、ストレートに好意を伝えましょう。「好き」と言えなくても「○○君みたいな人が彼氏だったらな」「○○君の彼女になる人は幸せだね」のようにそれとなく伝える方法はいくらでもあります。

相手に好意が伝わるのが嫌…という人もいるかもしれませんが、好意が伝わったほうが相手も意識しやすいもの。ここは勇気を出してできることからトライしてみましょう。

4:【関係性別】付き合うきっかけになりやすい出来事3つ

男性との関係性ごとに、付き合うきっかけを考えてみましょう。的確なアプローチが、付き合うまで最短ルートで到達できる手段ですよ!

(1)もともと友達の彼なら素直に好きと言う

もともと友達付き合いをしていた彼なら、それなりに関係性が築けているはずなので、素直に告白するのがおすすめ。ある程度話せるので、回りくどいアプローチや駆け引きは逆効果になりかねません。いつものように食事を楽しんだ帰りに「実は好きなんだけど……」と打ち明けてみるのもよいでしょう。

(2)職場の彼なら仕事の相談を

職場の同僚や先輩が気になるなら、仕事のことで相談するところからスタートしましょう。悩みがあるなら「ちょっとふたりで話したいんですけど」と声をかけて、ふたりきりになれるチャンスをつくってみましょう。悩んでいることを相談しつつも、「頼りになるね」「尊敬しています」と伝えれば、彼の心がつかめるかもしれません。

(3)年下の彼ならちょっと甘える

気になる彼が年下なら、少しだけ甘えてギャップを見せてみるのがおすすめです。年下でも彼も男性なので、女性から頼られることはうれしいはず。「なんだか疲れちゃった」「最近いいことがないな~」のように、彼からの反応を引き出しやすい甘え方や落ち込み方をすると、心の距離が近づくチャンスをつかめるでしょう。

【関連記事】

合コンから付き合う確率は○%!成功者に聞いた合コンから付き合うまでの流れ

5:まとめ

気になる彼を眺めているだけでは、恋が成就することはないでしょう。本気で付き合いたいのなら、女性からもチャンスやきっかけをつくることが必要です。自然にきっかけをつくってアプローチできれば、気になる彼の恋人になれるかもしれませんね。