恋のなやみに効くメディア

彼氏が友達を優先する心理とは?寂しい、疲れた、冷める気持ちへの対処法

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:彼氏が友達を優先すると感じている人の割合は?

彼氏が友達を優先するか、恋人を優先するかは、その人の考え方次第。実際はどれくらいの人が「友達優先」と感じているものなのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の未婚男性236名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「自分自身を、恋人よりも友達を優先しがちだと思いますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

思う・・・74人(31%)

思わない・・・162人(69%)

実際は3割の男性が、「友達を優先している」と感じているようです。ちなみに、20代では35.8%、30代では33.0%、40代では23.8%が、そのように感じていました。年齢とともに、友達を優先する男性も少なくなってくるのかもしれませんね。

友達を優先される女性はどのように感じているのでしょうか。そこで今回『MENJOY』では、20~40代の未婚女性236名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「もしも恋人が自分よりも友達を優先したら、どう思いますか?」という質問をしてみました。

結果についてTOP5をご紹介します。

1位:彼氏の判断だから尊重したい・・・61人(25.8%)

2位:なんとも思わない・・・51人(21.6%)

3位:悲しい・・・33人(14.0%)

4位:私も彼氏より友達を優先しようと思う・・・21人(8.9%)

5位:そのほうがいいと思う・・・19人(8.1%

以下、冷める・・・15人(6.4%)、ムカつく・・・14人(5.9%)、友達に嫉妬する・・・14人(5.9%)、なんで付き合っているんだろうと考えてしまう・・・8人(3.4%)と続きます。

「彼氏の判断だから尊重したい」という人と「なんとも思わない」という人が多いようです。そのふたつの回答者だけで半数近くになるため、理解を示す人の方が多いことが分かります。

2:彼氏が友達を優先する心理5つ

男性はどうして恋人よりも友達を優先してしまうのでしょうか。実際に男性にお話を聞いてみました。

(1)突然の再会

「自分の場合は彼女とデートの約束をしていたんですけど、沖縄にいる友達が“東京に行くから飲みに行けないかな”って言われて、彼女との予定をキャンセルして友達を優先したことがあります。たまにしか会えない友達なので、さすがに断れませんでした」(Kさん・32歳男性/会社員)

たまにしか会えない友人から連絡がきたときは、やはり断りづらいもの。いつでも会える友人だったら彼女を優先する人でも、遠方からくる友人であれば話が違ってきます。このケースであれば女性も理解できるのではないでしょうか。

(2)友人の失恋

「親しい友人から連絡があって、泣きながら“今、彼女と別れた”って言われたことがあります。彼女との予定が入ってましたけど、“ごめん、彼女と会うから無理”とはさすがに言えませんよね。友人の傷をえぐるようなことはちょっと無理です」(Mさん・23歳男性/公務員)

友達がつらい状況にある場合、助けてやりたいと思うのが人情です。彼女を連れて友人の元に駆けつけるのも気がひけるもの。逆に自分が失恋したときもその友人が飲みに連れて行ってあげているのだと考えると、持ちつ持たれつの関係のため断りづらいともいえます。

(3)その日しかダメ

「友人から“サッカーのチケットが取れたけど、観に行かない?”って言われて彼女とのデートをキャンセルしたことがあります。日本代表の試合だったし、その日しか味わえないイベントだったので……。ごめんなさい」(Dさん・33歳男性/会社員)

自分がハマっている趣味のめったに取れないイベントのチケットなど、「埋め合わせが効かない」ものである場合、希少価値に目がくらんで友達を優先してしまうことも。この場合は、友達優先というよりも、イベント優先といったほうがいいかもしれませんね。

(4)付き合いの質と長さ

「親友と言えるような友達が相手であれば、彼女よりも優先するかもしれません。親友は10年以上、下手したら20年以上も長い付き合いですからね。例えば、3年付き合った彼女との価値を考えると、どうしても友達のほうが重くなる。それだけ助けてもらったこともありますから。でも、その友達は“彼女を優先しろよ”って言うかもしれませんけどね」(Mさん・30歳男性/消防士)

付き合いの長さや質を考えると、彼女よりも友人との関係のほうが、濃くて長いものになってしまうこともあります。他にも「束縛する彼女だから、たまには息抜きしたい」という理由で友人と飲みに行くこともあるよう。もし「友達よりも私を優先してほしい」と思うなら、その友人を超える人間性を身につける必要があるでしょう。

(5)先輩に呼び出された

「怖い先輩に呼び出しをされたときに、さすがに断れませでした。彼女からすれば飲み仲間ってことで“友達”なのかもしれませんけど、俺からすれば絶対に逆らえない相手なので、そこはわかってほしい」(Wさん・28歳男性/消防士)

体育会系の部活など、厳しい上下関係があるところもあります。先輩の命令は絶対、という人間関係を構築している場合も。その上下関係はすぐに失われるものではないので、「彼女を優先したいけどできない」状況と言えるでしょう。

3:彼氏が友達と遊びすぎ…寂しい時の対処法5つ

今度は、彼氏が友達を優先しすぎていて寂しい……そんなときの対処法をご紹介します。

(1)自分磨き

「自分に無理向いてほしいと思う場合は、自分が魅力的になるしかないと思います。その友達以上に“一緒にいて楽しい”とか“安心する”相手に慣れば彼氏も友達ばかりを優先することもなくなるはず」(Eさん・28歳女性/看護師)

まずは自分磨きを頑張ってみるといいかもしれません。魅力的な女性になれば、男性もほうっておかないはず。彼氏よりももっと素敵な男性からアプローチを受けることもあるでしょう。彼への不満をプラスの方向に発散するいい対処法だといえます。

(2)不満を伝える

「不満な気持ちは相手に伝えないと、分かってもらえないことも多い。だから、“友達を優先するなとは言わないけど、さすがに今のままだと寂しい”って言ったら、彼は改善してくれました」(Yさん・27歳女性/会社員)

不満を伝えるときのポイントは喧嘩にならないようにすること。そのため、「なんでいつも友達優先なの?」とか「あなたはいつだってそう」と相手に不満をぶつけるような言い方はNG。「土日のどちらかは一緒にいたい」といった感で伝えてみることをおすすめします。

(3)彼氏の友達と仲良くなる

「彼氏が友達を優先するなら、その友達と仲良くなれば一緒に遊べると思うんです。だから自分は積極的に彼の友達と仲良くなりました。そうすると、“彼女も呼べよ”って言ってもらえるようになるので、彼氏が“友達と彼女のどちらかを取る”ってことがなくなった」(Yさん・26歳女性/保育士)

例えば、彼氏の友達がやるBBQについていったり、彼氏の友達を紹介してもらうなどして、彼の友達と仲良くなってしまいましょう。そうすれば、「友達と一緒に遊ぶこと」が解決策になります。そうすれば、浮気をされる心配もなくなって一石二鳥。

(4)同棲する

「一緒にいる時間を作るには同棲することが手っ取り早い解決策かなって思って、そうすることにしました。彼氏が飲みに行っても帰ってくる家は一緒なので、今まで以上に一緒にいられる時間ができて満足しています」(Kさん・29歳女性/会社員)

一緒にいる時間が減って寂しく思っているなら、同棲することもひとつの方法です。日常生活の中で一緒にいられる時間を増やすことができ、今まで以上の関係を築くことも。

(5)ルールを設ける

「私の場合、解決策としてルールを作ってみました。例えば、“一週間のうちで絶対に一回はデートする”とかそういうのです。土日がダメでも、金曜日の夜とか平日の夜に時間を作って、一緒に食事にいったりするだけでも、全然違いますね」(Wさん・28歳女性/看護師)

ルールを設けるというのもひとつの方法です。友達優先をやめさせるのではなく、両立してもらうという考え方。そのため、「友達優先は月に一回だけ」とかそういう束縛系のルールはおすすめしません。彼の不満が溜まって喧嘩になるのが目に見えています。

4:まとめ

今回は、友達を優先する男性心理やその対処法をご紹介しました。寂しさを感じる女性はまず男性心理を知ることから始めてみてください。それが分かれば理解することができたり、不満を解消するきっかけになります。ふたりの関係にあった解決策を見つけてみてくださいね。