恋のなやみに効くメディア

職場恋愛でむやみなアプローチは危険!成就のためには計画的に近づいて

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:職場恋愛のアプローチは計画的に!

(1)職場恋愛のリスクとは?

職場内での恋愛は「平日でも毎日会える」「仕事中でも顔が見られる」など、もちろんメリットもありますが、実際には職場恋愛を始めたことにより、仕事や業務に支障をきたしている例も珍しくありません。仕事への悪影響が出やすいことが、職場恋愛の最大のリスクでしょう。

他にも、もしも恋愛をオープンにしている場合、職場内でアレコレと詮索されてしまうというのも、苦手な人にとってみると、マイナス要素に。仕事でミスなどがあると「恋愛にうつつを抜かしているのでは?」などと思われてしまうリスクもあります。それを回避するために秘密にする……というのも、また面倒なことです。

さらに、別れた後にも顔を合わせなければいけないのも、問題のひとつ。異動などが存在しない会社では、当人だけでなく、周囲から気を使われるケースもあります。

(2)上司と歳の差恋愛も…でも不倫には要注意

また、職場恋愛でよくあるのが、上司との歳の差恋愛。指導する/されるの関係から、情が入って、次第に男女の関係に……というのは、珍しくありません。この場合、上司の立場として、その関係を周囲に知らせるのか、それとも秘密にするのか、悩ましい問題に。

さらには、職場は不倫関係が始まる温床でもあるのが現実。社内恋愛OKの会社でも、職場不倫はNGですので、ハマってはならない罠でしょう。

2:職場恋愛に発展しやすいきっかけBEST3

(1)残業

残業で一緒になったことをきっかけに、職場恋愛へと発展する話も多いです。特に職場のみんながそろっての残業ではなく、ふたりきりで仕事をするシーンに遭遇すると、なんとなくお互いが異性として意識をしてしまい、そこから恋愛対象へと昇格するきっかけになりやすいでしょう。

(2)職場の飲み会

部署やプロジェクトメンバー単位での飲み会をきっかけに、恋愛へと進展していく話もよく耳にします。お酒が入ることで緊張がゆるみ、プライベートな話にもなりやすいところが、心の距離が縮まる機会につながるのです。

(3)ひと目惚れ

社内でのひと目惚れをきっかけに、恋愛へと進んでいくパターンも少なくありません。部署の異動や転職などの挨拶で初めて会った瞬間に胸キュンし、そこからだんだんと距離を縮めていく例が一般的です。

【関連記事】

職場恋愛の成功マニュアル!アプローチ方法から脈ありサイン、リスクまで

3:職場恋愛が成功する効果的なアプローチ方法5つ

(1)褒め上手になる

職場での働きぶりを褒められて、悪い気分になる人はいないでしょう。よって、好きな人の仕事を見ていて褒めるポイントが見つかったときは、こまめに褒め言葉を口にすることが、効果的なアプローチに。何度も褒めているうちに、相手の中で存在が大きくなる効果が見込めます。

(2)さりげないアプローチを盛り込む

職場では、わざとらしいアプローチは悪評のもと。そこで、さりげないアプローチが功を奏するでしょう。相手の視界に入るよう立ち位置を工夫してみたり、会ったときにはとびきりの笑顔で挨拶したりなど、好感度を上げる行動の積み重ねが、恋愛へとつながっていきます。

(3)お茶やランチに誘う

食事やお酒の席に誘うと、いかにも異性としてデートに誘っているようにも見えがちです。一方、お茶やランチであれば、同僚として気楽に声をかけているようにも感じられて、職場アプローチにぴったり。ふたりで過ごせる時間を少しずつ増やしていくことで、異性として意識してもらうきっかけづくりになりやすいのです。

(4)雑談の機会を増やす

雑談の機会を増やせば、仕事以外の話ができ、互いへの理解を深めるきっかけが生まれます。ただし、仕事をそっちのけで雑談ばかりしていると、残念な印象にも見えやすいため、打ち合わせが終わったあとに数分間の雑談タイムを取るなど、さりげなく取り入れるのがベストです。

(5)LINEなど個人的な連絡先を交換する

社内ツールなどで連絡を取り合える仲にあったとしても、個人的な連絡先を知らない場合には、なかなかプライベートな話をしにくいもの。そこで、LINEなどプライベートな連絡先を交換することで、単なる同僚から恋愛対象へと昇格するきっかけづくりが狙えます。

【関連記事】

職場に好きな人が…アプローチ方法と気になる女性への男の態度16選

4:片思いが実るかも…!職場恋愛の脈ありサインはこれ

(1)よく目が合う

社内で、特によく目が合う異性がいるならば、その人は好意を寄せてくれている可能性が大きいでしょう。よく目が合うということは、それだけ相手が意識しているという証。気になる異性でなければ、仕事中には特に、目で追うことはないでしょう。

(2)過去に話したことをよく覚えている

過去に話をした話題を、細かなところまでよく覚えている場合には、脈ありサインの可能性が高いです。気になる相手や好きな人と話した内容は、些細なことでも記憶しているもの。話した本人すら忘れているようなディティールまで詳細に覚えてくれているときには、かなり真剣に想いを寄せてくれている可能性大です。

(3)食事や飲みに行きたそうな発言が多い

個人的な食事や飲みに誘われるのは、脈ありサインの典型。そして、実際にはまだ誘われていなくても「行きたいですね」「今度、行きましょうよ!」など、食事や飲みに行きたそうな発言が目立つのも、脈ありサインと言えます。実際に誘うには、まだ様子見をしている段階で、相手の反応をみながら時期を待っている人がやりがちな態度です。

【関連記事】

職場恋愛の脈ありサイン!男性からのアプローチ方法と職場恋愛への心理3つ

5:まとめ

職場恋愛は、仕事中にも好きな人の近くにいられるのが最大のメリットでしょう。しかし反対に、別れたあとには気まずい状態を迎える人も多いのが現実です。

付き合う前から別れたあとのことを考えるのは面白くない話ではありますが、社会人として、別れたあとのリスクも考慮しながら、慎重に関係を進めるに越したことはありません。