恋のなやみに効くメディア

セックスができない原因とは?カップルで乗り越える方法

大船くじら

大船くじらK.Ofuna

©gettyimages

目次

隠す

1:セックスができないとは?

愛するパートナーがいるのに、セックスができない状態に陥ってしまうケースがあります。「セックスをしたい気持ちはあるのに、心のどこかで抵抗を感じる」「身体的な問題でセックスを行えない」など、人によってさまざまな理由があるでしょう。

セックスをしたいのに、できないことは本人にもパートナーにも切実な問題。お互いに苦しい思いをしているなら、解決策を見つける必要があるでしょう。

2:セックスができない原因5つ

セックスができない理由は、肉体的問題や精神的問題などさまざま。ここでは代表的な5つの原因を紹介します。

(1)身体的問題

「性器の入り口が狭く挿入できない」「アソコがぬれない」など、身体的な理由が原因でセックスができないケースがあります。先天的に性器の入り口が小さい場合もありますが、緊張などの精神的な問題で性器周辺の骨盤底筋群が収縮して、挿入障害が起きるケースもあるとのこと。

「アソコがぬれない」のも、ストレスや緊張、体のリズムの乱れ、前戯が不十分、水分不足、セックスに対する嫌悪感など、さまざまな原因があるようです。

(2)過去のトラウマ

過去にセックスに対してトラウマになるような経験をしていると、それが原因となって、セックスができないケースがあります。「強引にセックスを迫られた」「セックス中に言葉や暴力などで傷つけられた」「セックスに不潔感を抱いてしまった」などの原因が考えられます。

敏感な女性だと、知り合いが体験したセックスのイヤな経験を聞かされて、それがトラウマになるケースもあるでしょう。トラウマから、セックスをしたい気持ちになれない女性もいれば、したい気持ちはあっても体がいうことをきかない場合もあります。

(3)自分の体へのコンプレックス

「太めの体を見せたくない」「胸が小さいのが悩み」「体毛が濃い気がする」など自分の体に対して、コンプレックスをもっていると、それが原因でセックスができなくなってしまう場合も。「裸を見せると嫌われてしまうかも」「体を見せるくらいならセックスしないほうがマシ」などの心理からセックスができなくなってしまいます。

他人から見れば「気にするようなことじゃない」と思うような、ささいなことでも、本人がコンプレックスに感じている以上は大問題なのです。

(4)痛くてできない

セックスは誰もが気持ちいいというものではありません。なかには痛みを感じる女性も。「痛くて挿入できない」「セックス中にだんだん痛くなる」「傷ついて出血する」「セックス後に腹痛が起きる」など痛みにも種類があります。

先天的に性器に問題がある、膣のうるおい不足、性器が炎症を起こしている、性感染症、パートナーのテクニック不足など原因はさまざま。「痛い」だけでは、何が原因になっているのか特定をするのは難しいようです。

(5)彼がたたない

セックスができない原因が男性側にある場合もあります。パートナーのアソコがセックス可能な状態にならないと、セックスをしたくてもできないですよね。

パートナーがたたない原因として考えられるのは、「疲れていて、体力的に厳しい」「ストレスや悩みなど精神的な問題でセックスに前向きになれない」「セックスにトラウマがある」「対象の女性に魅力を感じられない」などが考えられます。男性のアソコは思いのほか、繊細で、あらゆる要因で不能状態になることは珍しくありません。

3:セックスができない問題を乗り越えるには?方法5つ

セックスがしたいのに、できないのはカップルにとってつらい状況。何とか問題を乗り越えたいですよね。ここではおすすめの方法を紹介します。

(1)婦人科で検査してもらう

セックスができない原因が、「挿入ができない」「痛みを感じる」「性器がうるおわない」など身体的な原因の場合、婦人科など専門の医療機関を受診するのがいちばん確実な対処法でしょう。素人が「たぶん、こうだろう」と適当な対策をとると、効果がないどころか、より悪化してしまう可能性もあります。

婦人科の医師であれば、同じような症例を見てきているもの。なぜ、セックスができないのか、原因をつきとめて、適切な治療を施してくれるでしょう。

(2)カウンセラーに相談する

「セックスでイヤな体験をしてトラウマになっている」「恥ずかしくて裸を見せられない」「理由は明確ではないけど、セックスに嫌悪感がある」など、心理的な理由が原因となってセックスができないときは、カウンセラーに相談してみるのもおすすめの方法です。

注意点はカウンセラーを名乗るのは、資格がなくても可能なので、なかには知識が不十分な人や、悪質な人も少なからずいます。「相談してみたら余計に傷ついてしまった」というケースもありうるので、事前に評判などしっかりリサーチしましょう。

(3)彼と相談する

セックスができない原因が女性側にある場合もあれば、男性側にある場合もあるでしょう。もしかしたら双方にあることも。いずれにせよ、パートナー同士で相談してみれば、解決法が見えてくる場合もあるものです。

「裸を見られるのが恥ずかしい」と打ち明ければ、「コンプレックスに感じる必要はない」と自信を与えてくれるかもしれません。パートナーが「疲れていてセックスするのがつらい」というなら、なるべく休息をとらせてあげれば解決するケースもあるでしょう。

(4)プレッシャーをかけすぎない

セックスをしたい気持ちがあるのにできないのは、つらいことだと思います。しかし、「セックスをできない自分はおかしい」とか「彼氏に申し訳ないから別れよう」などと自分を責めすぎるのは、やめましょう。自分を責める気持ちがプレッシャーとなって、ますます悪循環にハマってしまいます。

なかなか気持ちをポジティブにもっていくのは難しいかもしれません。しかし、「いつか解決する」「セックスだけが人生じゃない」と、問題を深刻に考えすぎないで向き合うことも大切でしょう。

(5)挿入ありきのセックスにこだわらない

「挿入すると痛い」「彼氏がたたない」など挿入ができないことが問題となって、セックスができないカップルもいるでしょう。そんなカップルは、「挿入するセックス」に対するこだわりを捨ててみるのも考え方のひとつ。

イチャイチャしながらお互いを愛撫するだけでも、気持ちよさは得られます。ハグをしてくっついているだけでも、幸せな気持ちになれるものです。挿入ありきのセックスにこだわって、関係がギクシャクするくらいなら、違うかたちのスキンシップを見つければいいのではないでしょうか。

4:セックスできない悩みは相談するのも大切

何らかの理由で「セックスができない」状態に陥ってしまって、悩んでいる人もいると思います。悩みはひとりで抱え込まずに、パートナーと相談して問題を共有してみましょう。深刻な場合は医療機関を受診するなど、専門家に頼るのもおすすめですよ。