恋のなやみに効くメディア

新しい出会いが欲しいなら「動く前に備える」がカギ!必要な心構えとは

ミクニ シオリS.Mikuni

©gettyimages

目次

隠す

1:新しい出会いはどこにでもある。それをキャッチできるかが問題!

「出会いがない!」と言っている女性に限って、何年もずっと同じことをいっている……思い当たることはないでしょうか。

もしも魚が釣りたいなら、魚がいる海や川に行かなければいけません。それと一緒で、自分から出会いの場に行かねば、欲しい獲物は捕まらないのです。

あなたが出会うことに前向きになることで、日常は出会いだらけになるはず。職場、飲み会、近所のカフェ……すべてはあなたのマインド次第なんです。

【関連記事】

新しい時代に新しい出会いを!人気マッチングアプリ14選を恋活・婚活など目的別にご紹介

2:「新しい出会いがない」と言っている人のNG行動5つ

出会いがない、と言う人にはいくつかの特徴があります。失恋や仕事の失敗など、人はさまざまな理由で、出会いにもネガティブになってしまいがちですが、後ろ向きな考え方は恋を遠ざけてしまいます。

(1)「言ってるだけ」の人多すぎ問題

周りの友人に合わせて「出会いがない」とは言っているものの、そもそも自分自身がまったく出会いに能動的ではない、という人も非常に多いです。自分がそれでいいならいいですが、周りからは「実行力のない怠惰な人」と思われてしまいます。口に出すなら、しっかり行動も起こすべき。

(2)コミュニケーションに後ろ向き

出会いに後ろ向きな人は、「人とのコミュニケーション」そのものに後ろ向きな人が多い傾向が。休日に人と会って気を使うくらいなら、ひとりで過ごしたい……。その気持ちも理解できますが、出会いや人との交流を楽しむ気持ちは大切。社会人になって恋人を作るということは、そんなに一朝一夕にいくわけではありませんよ。

(3)出会いに行く女を「イタイ」と思っている

出会いに消極的な人の中には、自分からガツガツ出会いを探しに行く人のことを「イタイ女」とバカにする人もいます。確かに男性でも、恋活中の女性に対してそういう目線をもつ人はいますが……。プライドを守るためにひとりでいるか、イタイと思われようが誰かと恋したいのかは、あなた次第です。

(4)昔の恋愛をひきずりまくり…

出会いがないという人に限って、2年も3年も前の恋愛を、未だに引きずってしまっていることも。悲しい失恋がトラウマに……それも十分理解できますが、そんなふうに立ち止まっていると、時間だけがあっという間に過ぎてしまいます。昔の恋愛を忘れるには、時間と新しい思い出が必要。時間はクリアしているでしょうから、そろそろ行動してみてください。

(5)理想が高すぎて男に厳しい

異性に対しての理想が高すぎる人も、さまざまな出会いを見逃してしまいがちに。年収や外見のハードルが高く、そこからあぶれる人のことは出会いとしてカウントしないという人がいます。でも、知り合いの知り合いまでが出会いの幅と考えて、あまり男性を即ジャッジしないほうが出会いの数は圧倒的に増えますよ。

【関連記事】

出会いはどこにある?社会人がどこで出会っているかを徹底調査

3:新しい出会いを探す前に!出会いを受け入れるための準備3つ

長いこと「出会いがない」人は、時間とともに、自分に対してのプライドが高くなってしまっていたり、恋愛で傷つくことに不安を感じてしまっていたりする場合が多いです。そんな自分を受け入れれば、ストライクゾーンも広がるはず。

(1)相手を知る前にまず自分を知ること

恋愛から長く離れていた人にまず必要なのは、「自分を知ること」です。自分がどんな人間で、どんな人と気が合うのか。そして、今の自分に必要なのはどんな恋愛なのか。自己分析が深まれば、自分のストライクゾーンの幅を知ることができます。今まで眼中になかった人がストライクゾーンに入ってくるかも。

(2)「理想のタイプ」も年齢で変わることを知る

過去の恋愛を引きずってしまっている人は、自己分析をしながら「今の自分」と「昔の自分」も比較してみてください。数年経っている間に、あなたの環境も変わっているはず。あのころスキだった人も、今はもう自分に合う人ではなくなっていることに気づくでしょう。まずは自分の固定観念を取っ払って。

(3)自信がないなら自分を磨く

久々の出会いの場合、「自己肯定感の低さ」が足かせになることもあるでしょう。長く出会いから遠ざかっているうちに、自分磨きをサボってしまっていたなら、いっそ割り切ってそっちを極めてから出会いに行くのもいいでしょう。効率がまったく変わってくると思いますよ。

4:新しい時代の新しい出会いのカタチとは?4つ

さて、最後は出会いから遠ざかっていた人のために、「令和の出会い」のトレンドについてもお教えしていきます。

(1)なんだかんだで根強い「友だちの紹介」

昔から変わらず人気がある出会いの方法ですが、真剣なお相手探しの場合、やっぱり根強いのが「友だちの紹介」です。共通の知り合いがいるということは、新しい出会いの中で、大きな安心感に。まずは仲のいい人に「出会いがないから誰か紹介して」と頼んでみましょう。

最初から本気で行かなくても、紹介で会った人が別のいい人を探してくれるかも、くらいの軽い気持ちでOK。

(2)ローカルコミュニティで知り合いを増やす

コロナの影響もあり、今は婚活パーティなどの不特定出会いがトレンド外になってしまっています。まずは知り合いを増やす気持ちで、気軽に遊びに行ける近所で、行きつけの飲食店やバーなどを見つけてみて。

新しい知り合いができれば、あなたに異性を紹介してくれる対象も増えます。全員を恋愛対象と思わず、自分のタイプでない人にも壁を作らないこと。知り合いを増やすというカジュアルなマインドが大事です。

(3)まずは場馴れしたいなら「即付き合う」系のサービスを

まずは異性と普通に話す感覚を取り戻したいなら、エッチ目的ではない、本気度の高いマッチングアプリを使うのもおすすめ。『今日から恋人』、『OZEN』など「知り合って即付き合う」というコンセプトのサービスも、2020年から登場しはじめています。ネットのサービスなら金額も抑えられるので、特訓だと思ってやってみるのもいいでしょう。

(4)密を防げるシングル相席も人気

たくさんの異性と知り合いたいなら、ひとりで行ける相席屋も根強い人気があります。「シングル相席」とは、男女1対1で相席することができる飲食店のこと。コロナ禍でリアル出会いが探しづらい中でも、シングル相席ならば、密を防ぎながら1日で数人の異性に出会えるようです。相席屋が運営する『シングルス』など、徐々に店舗数も増えているので要チェック。

5:人との交流に前向きになることが大事

出会いが欲しいなら、まずは「人とのコミュニケーション」そのものに前向きになることが大事です。友人に出会いがないことを真剣に相談したり、恋愛対象でない人とも知り合いになる努力をしたり……あなたが真剣にコミュニケーションしていれば、相手も誠意を返してくれるでしょう。

まずはあなたが人に対して誠意を持つことが、いい出会いを呼び込む最初の一歩ですよ! 真剣な交流をしていれば、自分がそんなつもりがなかった人から告白される、なんてこともあるかも……?