恋のなやみに効くメディア

出会いバーにイイ男はいない!それでも行きたい人に…おすすめの店4選

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:出会いバーはもう古い?オワコンと言われる理由

「出会いバーはオワコン」と言われているのは、「流行りが終わって、人が少ない」というのが最大の理由ではないでしょうか。流行りに乗って多くの出会いバーや出会い居酒屋ができ、ナンパができるバーとして有名になったお店もあって、賑わっていました。

しかし、流行りは廃れていくものです。また、このご時世ということもあり、出会いを求めてバーに行く人は激減。そうすると、異性と話すチャンスがないまま、店を出る場合も。いまだに出会いバーで出会いを求めているのは、ヤリモクの男ばかりなんてこともあるようです。

2:ヤリモクだらけ?出会いバーにいる男たちの生態5つ

出会いバーにはどんな男たちがいるのかを見ていきましょう。

(1)お酒が好きな男

お酒が飲める場所ですから、お酒好きな男であることは、ほぼ間違いないでしょう。お酒が好きならば、出会う相手や付き合う相手もお酒が飲めるほうが会話も弾みますし、気を使って飲む必要もなくなります。飲みすぎて酔っ払いまくっていて、自己管理しながらお酒が飲めない男も多いものです。

(2)話すのがとにかく好きな男

賑やかで、いろんな人と話せる出会いバーには、とにかく人と話すのが好き!という積極的なタイプの男が多い印象です。会話のネタが多く、知識が豊富というケースも。話が苦手な男は、そもそも出会いバーには興味がないかもしれません。

(3)女遊びがしたい男

女遊びが目的の男も多いです。むしろ圧倒的多数と言っていいかもしれません。出会いバーに行けば、「声かけられ待ち」の女性が多いのも事実。その日の遊び相手を探しに行くのです。

自分がその場限りの話相手、ワンナイトができる相手など、都合のいい女性を物色しているだけなために、出会いバーに来ている女性のほうも、遊ぶ相手を探しているだけと決めつけているのかもしれません。

(4)本当に出会いを求めている男

中には、真面目に出会いを求めて来ている人も、もちろんいます。街中ではナンパができない人や、なかなか出会いのチャンスがない人が、勇気を出して出会いバーにやってくるのです。そういうタイプは、積極的に女性に話しかけまくるのではなく、ちょっと奥手そうな雰囲気があるかもしれません。

【関連記事】

バーで出会いって本当にあるの?東京でひとりカフェ・飲みで出会った体験談

3:出会いバーでちゃんとした出会いを得るためのポイント3つ

出会いバーでちゃんとした出会いを得たいときに押さえるべきポイントをお教えします。

(1)相手の話をちゃんと聞く

ちゃんとした出会いを求めているなら、相手がどんな人なのかを見極めるために、いろんな話をするべきです。遊び慣れている人は、彼女がいないと言いつつも、実は三股だったなんてこともあるからです。

じっくり耳を傾け、嘘をついてないか、遊び目的じゃないかなど探りを入れることを忘れずに。ちょっとでも怪しいなと思ったら、断る勇気をもちましょう。

(2)出会ったその日にホテルに行かない

お酒が入って会話も弾んで楽しくなってきて、意気投合することもよくあるでしょう。でも、そのノリでそのままホテルになだれ込んでしまうのはちょっと待って。簡単に流されると、軽い女だと思われてしまいますし、ヤリモクの思うツボです。気に入った人がいても、その日は連絡先を交換する程度にすることが、ちゃんとした出会いにつながります。

(3)遊び相手は探していないと言う

ヤリモクな感じがするなと思ったら、しっかり「遊び相手は探していない」と伝えましょう。会話を楽しみたいだけとか、本当に出会いを探しているなどハッキリ言うことが大切。シラけてどこかへ行ってしまう男なら、ヤリモクだったと判断することができます。ヤリモク男は後腐れのない関係を好むことが多いからです。

【関連記事】

一人飲みは出会いの宝庫!出会える立ち飲みバーと実際のエピソード

4:おすすめの出会いバー3つ

(1)2nd Room(池袋)

2nd Room(セカンドルーム)は、落ち着いた雰囲気のバー。シックでありながらも温かみのあるインテリアが、大人な空間を演出しています。出会い目的のバーではありませんが、カジュアルに使えるバーなので、誰かしらと話すことができるでしょう。常連さんも多いです。

お酒の種類も多く本格的なので、お酒好きを通じて出会いがあるかもしれません。

(2)Standing Bar 333(銀座)

この投稿をInstagramで見る

 

銀座 Standing Bar トリプルスリー(@standing_bar_333)がシェアした投稿

銀座でバーというと高級なのではと構えてしまうけど、「Standing Bar 333(スタンディングバー トリプルスリー)」は、なんと全品333円。気軽に寄れる立ち飲みスタイルで、気取らないカジュアルな交流の場として、親しまれています。銀座という土地柄ならではの、普段知り合えないような人と話せるチャンスがあるかも。

(3)BALI ROUNGE Produced by AISEKISAKABA(新宿)

この投稿をInstagramで見る

 

バリラウンジ(@baliloungeshinjuku)がシェアした投稿

バリラウンジは、居酒屋のような軽いノリで入れるバーです。店員さんが相席の確認をしてくれるので、自分で相手を探してウロウロということはありません。ダーツやゲームの貸し出しがあるので、お酒とおしゃべり以外で盛り上がることもできちゃいます。女性が入りやすい料金形態で、出会いバーが初めてという人でも体験しやすいのが魅力。

【関連記事】

バーに出会いはある?バーでの出会いを恋に発展させた女子の体験談と失敗談10

5:まとめ

出会いバーは、大ブームだったころより賑わいは落ちているし、ヤリモクの男がいるのも事実。それでも出会いバーに行ってみたいと思うなら、話しかけてきた相手がどんな男なのかを見極めることを大切にしましょう。