恋のなやみに効くメディア

デート後のメールやLINEで読み解く男性心理と彼が喜ぶメッセージ7つ

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:デート後のメールやLINE、なんて送りますか?

みなさんは、デートの後に送るメールやLINE、どういう内容で送っていますか?

デートした相手の男子のことを「どのくらい好きなのか」によっても、内容は変わってきますよね。

これによって、その後の関係性が変わってくることもあるから、デートの後に送るメッセージって、本当に大事……!

(1)デート後のメールやLINEは次に繋げるために重要!?

デート後のメールやLINEは、「その次」に繋げるための欠かせない連絡と言えるでしょう。それがあるかないかで、展開が変わってきます。

(2)デート後のメールやLINEはなんて送っていますか?

みんながデートの後に送るメールやLINEで代表的な内容は、「昨日は、ありがとうございました!」などのお礼系や「すごく楽しかったです!」などの感想系です。

ご馳走になった場合には、とにかくお礼を伝えなくてはなりませんから、どうしてもデート後は「ありがとうございました」が主流になりますよね~。

この辺りは、もはや定型文とすら言えるほど、一般的かも!

2:デート後のメールやLINEは男から?送られてきたメッセージで読み取る男性心理7つ

では、ここからはデート後に男子から送られてきたメールやLINEで読み取っていく、彼らの心理を7つお届けしましょう。

届く文面によって、男子の心理も異なるから、そこから本心を紐解きたいですよね。

(1)「ありがとうございました」

彼がご馳走してくれたのに、デート後のメールやLINEに「昨日はありがとう!」など、お礼が入っている場合には「時間を割いてくれてありがとう」「楽しませてくれてありがとう」などの心理が入っています。

ていねいな男子ですよね〜。

(2)「楽しかったです」

男子が、わざわざ文面に「楽しかったです」と入れてきた場合には、本気で「楽しかったな~」と思っているパターンが多め。

そこまで楽しくなかった場合には「ありがとうございます」で終わらせちゃう男子が多いのです。

あえて「楽しかった」と書いてくるのは、それだけ楽しかったというわけです。

(3)「ちゃんと帰れた?」

けっこう遅い時間に解散すると「ちゃんと帰れた?」と、メールやLINEで聞いてくる男子も。

これは「あんなに遅くまで付き合わせちゃって、ごめんね」の意味が込められている場合もありますが、単にメールやLINEをしようとしたら文字数があまりにも少なかったので、当たり障りのない質問を入れてみた、というパターンもあります。

(4)「あの店の●●はおいしかったよな~」

デートで訪れたお店の料理に言及しているメールやLINEは、お店を男子が選んでいた場合には「自分のセンスを認めて欲しい!」という気持ちの現れ。一方、お店を女子がセレクトしていた場合には、褒めていることが多めです。

(5)「今度は●●に行きましょう」

過去のデートのことだけでなく「今度は●●に行きましょう」という文言が入っている場合には、あなたと次も会う気があるということ。

ただし、そこまで気分が熱していない男子でも送りがちな文面で、「とりあえず、この子はキープしておきたいな」というレベルでもこのフレーズを送る男子は少なくありません。

(6)「次はいつ空いてますか?」

デートの感想に加えて「来週の日曜日は空いてますか?」「次はいつ空いてますか?」という具合に、次回の約束を積極的に取り付けようとしている場合には、男子の気持ちはかなり熱い!

短期決戦で会う時間を増やし、そのままお付き合いに持ち込みたい男子が送りがちなメッセージです。

(7)「またね」

デートの内容に言及し、最後に「またね」と書いてある場合は、社交辞令度がかなり高めです。

「別に、すぐに会いたいわけではないけれど、ひょっとしたらまた会うかもしれない」という複雑(?)な男子の心理が「またね」という3文字に込められていることが!

恋愛初心者な男子の場合には、「またね」が「また会いたい!」という熱の表れということもありますが……。

3:なんて送ればいい?デート後印象の良い女性からのメールやLINE7つ

続いてはデートのあとに女性から送ると好印象のメールやLINEのメッセージを7つ見ていきましょう。女性から送るメールの内容によって、男子の気持ちも上がったり下がったりします。

(1)「ありがとうございました!」

とりあえず、デートの後にはお礼が鉄則。

「ありがとうございました」とお礼を伝える女子は多いのですが、このときに、「ありがとうございました!」と「!」を入れると、この1文字で「すごく楽しかったです」という雰囲気を出せるので、便利です。

(2)お店ボメ

「昨日のお店、ステキでした」「お料理が最高でした!」など、男子がお店を選んでくれた場合には、レストランを褒めると好印象。

男子って褒められるのが大好きな生き物。自分が選んだお店を褒められただけでも、プライドをくすぐられる人が多いんです。

(3)会話ボメ

単に「楽しかったです」と伝えるよりも、男子が発していた話題のひとつを拾って「勉強になりました」「あんなことをご存知だなんて……尊敬します」など、会話ボメをしておくと、ご満悦になる男子も少なくありません。

(4)ファッションボメ

「昨日の田中さんのスーツ、とってもステキでした!」など、話題に困ったらとりあえずファッションボメしておけば、文字数を稼げます。

定型文のようなお礼だけでは味気ないと感じるときには、服装を褒めておけば「おっ、俺のことよく見てるんだなぁ」と男子はご機嫌です!

(5)さりげない質問

「佐藤さんって、ああいうお店がお好きなんですか? すごくいい雰囲気でした」「普段は、どんなものを食べることが多いですか? 昨日のお店は感動でした!」などなど、ちょっとした質問文をお礼メールやLINEに忍ばせておくと、男性が返信しやすくなります。

「俺に興味があるのかな?」と思わせることもできます。

(6)迷ったらとにかく「すごかったです!」

男子って、「すごい!」とか「すごかったです!」とか言われるのが大好きなんですよね。

なので「お礼メールしたいけど、話題が思いつかない」というときには、迷ったら、とにかく「すごかったです!」と入れておけば好感度がUP。

「何がすごかったのかに触れないとダメなのでは?」と思う女子もいるかもしれませんが、相手の少しでも印象に残ったポイントについて「昨日は本当にすごかったです!」とか書いておけば、OKですッ。

(7)「嬉しかったです」

男子って、女子を喜ばせるのが大好き。なので「嬉しかったです」の言葉も鉄板の好印象フレーズです。

(6)の「すごかった」同様に“何が”を入れないと違和感があるように思えますが、こちらは「昨日は嬉しかったです」などの抽象的な言い方でまったく問題ナシです!

4:初デート後メールやLINEが来ない!?これって脈ナシ?男性心理5つ

ところで、初デートの後、メールやLINEを送らずに相手の反応を待っていたら、まさかのナシ……だと、「あれ? 脈ナシ!?」って思いますよね。

そこで、初デート後にメールを送ってこない男子の心理を5つご紹介します。

(1)忙しすぎるぜ!

デートそのものには満足していたけど、仕事が忙しいなど日々に忙殺されているとデート後のメールを送らない男子も。

このときの男子の心理は、単に「やべ。あの子に、連絡してなかった」です。

(2)恥ずかしいんだよな……

デート後に、ノリノリのメールを送るのが恥ずかしいと思っている男子は、デート後のメールやLINEを送らず、そのまま時間が過ぎていきます。

女子的にはヤキモキしちゃいますが、「恥ずかしいよなぁ。ガツガツと思われたくないしなぁ」などの消極的な気持ちがあるだけで、相手の女子に対しては、別にどうこう思っているわけではありません。

(3)つまんなかったなー

デートが「つまらなかった」と感じている男子も、デート後にはメールやLINEをせずにスルーし続けることがあります。

これは、女子的にはちょっとショック……。

(4)俺、嫌われた?

「俺、ひょっとして嫌われたかも……?」と、ネガティブな感情を抱いている男子も、ビビってしまってデート後のメールやLINEを送ってきません。

男子がそう思ってしまうのには、デート中の女子の言動が関係していることも多々あります。

「嫌われたかも……」と思っている相手に、それ以上アクションを起こしたくないと考えているんです。

(5)恋愛には発展させたくないんだ

「いろんな女子とデートは楽しみたいけれど、ひとりの女性には決めたくない」と思っている男子も、デート後のメールをおろそかにする傾向があります。

変にメールして、女子をカン違いさせても悪いと思っている恋愛上級者男子がやりがちな手口です。

5:デート後のメールやLINEはその後の関係を左右する!?

デートの後にどんなメールをやり取りするかによって、その後の進展をも左右することがあるから、デート直後のメールやLINEは本当に大事です。

男性から送る場合も女性から送る場合も、その内容次第で、その人の印象が変わってしまうこともあります。

また、メールやLINEのやり取りがないと、1度デートしただけの他人の関係に戻ってしまうこともあります。

デート中に「この男とは付き合いたい!」と思ったのなら、デート後のお礼メールやお礼LINEはしっかりと送っておきたいですよね~。