恋のなやみに効くメディア

手をつなぐベストなタイミングは?嫌がられるNGなタイミングもチェック

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:何回目のデートで手をつなぐのが理想?

「デートでは手をつなぐの普通」というイメージを持っている人も多いと思います。しかし、初めてのデートでは、いつ、どのタイミングで手をつないだら良いかわからないということも。

そこで今回『MENJOY』では、20代~40代の男女500人に独自のアンケート調査を実施。シチュエーション別に、手をつなぐときの理想のデート回数を教えてもらいました。

(1)付き合う前のデートなら?

まずは「付き合う前のデートで手をつなぐとしたら、何回目のデートがいいと思いますか?」というアンケートを行いました。多かった回答の5つをランキング形式でご紹介します。

第5位:4日目・・・12人(2.4%)

第4位:3回目・・・81人(16.2%)

第3位:2回目・・・108人(21.6%)

第2位:付き合う前は手をつながない・・・111人(22.2%)

第1位:1回目・・・172人(34.4%)

今回のアンケートでは、「ちゃんと付き合ってから手をつなぎたい」という人を、「すぐにでも手をつなぎたい人」が上回りました。「付き合ってないとはいえ、デートをするなら脈アリということ。さっさと手をつないでイイ雰囲気になりたい」と考えている、話の早い男女が多いようです。

(2)付き合ってからのデートなら?

続いて「付き合い始めたあとのデートで手をつなぐのは、何回目のデートが理想ですか?」というアンケートを行いました。

同じく回答の多かった5つをランキング形式でご紹介します。

第5位:4日目・・・12人(2.4%)

第4位:5回目・・・14人(2.8%)

第3位:3回目・・・68人(13.6%)

第2位:2回目・・・83人(16.6%)

第1位:1回目・・・311人(62.2%)

付き合ってからのデートとなると、1回目のデートから手をつなぎたいと思っている人がほとんどのようです。

一方で、「緊張がほどけたころ合いで手をつなぎたい」という思いから、3回目以降に手をつなぐのがベストと考えている人もいました。手をつなぐタイミングは人それぞれ。「〇回目のデートだから手をつなぐ」という意識よりも、お互いが自然と出すOKサインを見逃さないことが大切なのでしょう。

【関連記事】

手をつなぐことの意味は…?手をつなぐ心理と手をつなぐベストなタイミング

2:これをやると嫌われる!手をつなぐのにNGなタイミング5つ

手をつなぐときはタイミングが命。一歩間違えれば、相手をドン引きさせてしまうことになり、最悪の場合、嫌われてしまう可能性も。まずは、好きな人と手をつなぐときに気を付けておきたい、NGタイミングを把握しておきましょう。

(1)食事をしているとき

食事をしているときは、基本的に両手が塞がっている状態です。そこで手をつなごうとするのはマナー違反。「なんで今なの?」とマイナス印象を与えてしまい、「空気が読めない人」と認定されてしまう可能性も。食事中はスキンシップを考えるよりも、会話や食事を楽しむことに注力しましょう。

(2)お酒を飲んでいるとき

お酒が入っているときといえば、酔っている勢いで大胆な行動もしやすいタイミング。普段は恥ずかしくても、お酒の勢いを借りれば手をつなげる……という人も多いと思います。

しかし、手をつながれた相手からすると「この人ノリでこういうことする人なんだ」とマイナスイメージを持ってしまいます。相手が誠実な人であるほど逆効果になってしまうので、なるべくお酒を飲んでいるときに行動に出るのは避けましょう。

(3)顔を合わせた直後

待ち合わせ直後など、顔を合わせてすぐはふたりの距離も離れた状態であり、「喜びよりも緊張感のほうが大きい」という人が多いです。いきなり手をつなごうとしても、相手は気持ちの準備が整っておらず、あなたの勢いについていけないかもしれません。初めて手をつなぐタイミングとしてはふさわしくないので、注意しましょう。

(4)手が汚い

地面などを触ったあと、頭や体をボリボリ掻いたあとや、耳や鼻をほじった手でつなぐなんて言語道断。汚い手に触れたいと思う人はいません。

(5)相手が離れて歩いているとき

ふたりで歩いているときに、相手と距離が離れている状態にも関わらず、無理やり手をつなぎにいくのはNGです。相手は「適度な距離を保ちたい」と考えた結果、あえて距離を空けて歩いている可能性があります。物理的な距離は、精神的な距離に比例するもの。

自然と距離を空けて歩いている場合は、手をつなぐよりも、まずはふたりの距離を縮めることから始めましょう。

3:女性から仕掛けてOK!デート中に手をつなぐベストなタイミング5つ

手をつなぎたいと思うのは女性も同じ。特に奥手な男性が相手であれば、自分から仕掛けたほうが早いケースもあります。タイミングさえ見計らえば、自然を装って手がつなげるので、恥ずかしがり屋さんでも安心です。手をつなぐベストなタイミングをご紹介します。

(1)道案内や移動するタイミング

場所を移動するときは、手をつなぐのにもっともベストなタイミングともいえます。「向こうのお店に行こうか」や「ほら、こっちだよ」と、目的地に案内することを理由に手をつなげば、違和感なく自然に手をつなぐことに成功するでしょう。

(2)人混みの中で

人が多い場所では、はぐれてしまう可能性があるので、「はぐれないように」という理由をつけて手をつなぐことができます。人が多い状況を指摘してから、さり気なく手を取り、「はぐれたくないから手を繋いでてもいい?」と尋ねれば、断られることはないでしょう。

(3)デートの帰り道や別れるタイミング

デートがそろそろ終わる……というタイミングは、互いに好意を持つふたりであれば、「相手に触れたい」という気持ちも高まってくるはず。「今日はありがとう」「また今度ね」という別れの挨拶とともに、手をぎゅっと握れば、短時間ですが自然に手をつなぐこともできます。別れ間際のワンアクションで「早くまた会いたい」と思わせることもできて、一石二鳥です。

(4)ドライブデート中

ドライブデート中は、エンジンを止めてひと息ついているタイミングが狙い目です。運転席と助手席は隣り合っているので、ちょっと手を伸ばせば触れられる距離です。話しかけるついでや、「運転してくれてありがとう」などねぎらいの言葉を伝えながら、空いている手にそっと触れてみましょう。

(5)階段や坂道を上るときに

ヒールのある靴を履いていると、階段や坂道を上るのもひと苦労。手をつなぎたいと思うなら、男性からのエスコートされるのを待つのではなく、あえて自分から手を借りてみましょう。「上りにくいから」「ちょっと疲れちゃったから」という理由を添えれば、男性側も頼られている気分がして、気持ちよく手をつないでくれるかもしれませんよ。

【関連記事】

付き合う前のデートで手をつなぐのは何回目?デートで手をつなぐタイミング10個

4:手をつなぐのをイヤがっていないときのサイン5つ

手をつなぐときは、相手のタイミングを見計らうことも大切です。「手をつないでもOK」と読み取れる5つのサインをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

(1)ふたりの距離が近い

ふたりで歩いているときの距離に注目してみましょう。狭い場所以外でも相手と距離が近い場合は、相手もあなたと近い距離にいたいと思っている証拠。距離が近い状態が続くようであれば、思い切って手をつないでみましょう。

(2)手が触れる

偶然、お互いの手が触れることはあります。しかし、イヤであれば二度と触れないように距離を取るはずです。しかし、相手が触れる手を避けようとせず、離れようとしない場合は、「手が触れても良い」と判断しているということ。そのまま手をつないでもOKである可能性が非常に高いです。

(3)「手が冷たい」とアピールしてくる

相手が手を擦り合わせて「手が冷たくなったアピール」をしてくる場合は、「手が寒いから温めてほしい」というサインである可能性も。「こっちも手が寒いんだよね」とアピール返しをしたり、「じゃあ温めてあげようか?」と冗談ぽく誘ってみるなど、手をつなぎやすい雰囲気に持っていきましょう。

(4)相手が甘えてくる

デートでロマンチックな場所に行くと、自然と良い雰囲気になれますよね。そこで相手が距離を縮めてきたり、甘えてきたりすような素振りを見せたら、手をつなぐ絶好のチャンスです。そっと手を取ってこちらからも身を寄せるなど、ロマンティックな雰囲気を楽しみましょう。

(5)服の裾をつかまれる

服をつかむということは、距離が近い状態で歩きたがっていると判断できます。「はぐれたくない」「怖いから離れないでほしい」などさまざまな心理が考えられますが、いずれにしても手をつなぐことで安心してもらえるケースであることがほとんどです。

5:手汗がヤバいときはどうする?対処法

緊張から手汗をかいてしまう人も多いと思います。そんなときは手汗を抑えるのに効果的といわれる「合谷」というツボを刺激してみましょう。

「合谷」は、親指と人差し指をつなぐ水かきの部分の根元側にあります。反対の手の親指でぎゅっと押さえて、ずんとした刺激を感じる部分を探してみてください。

また、頻繁に手汗をかいてしまう人は、手汗用クリームを持ち歩くのも方法です。ハンドクリームを塗っているようにしか見えないので、相手に違和感を与えず手汗対策ができます。

手をつなぐタイミングはいきなり訪れるもの。いつでも手をつなげるように、きちんと手汗対策をしておきましょう。

6:まとめ

初めて手をつなぐとなれば、誰しも緊張でいっぱいいっぱいになってしまいますよね。大切なのはふたりの距離感です。近ければ近いほど、手をつないでもOKなサインがたくさん見えてくるはず。

あとはタイミングさえ合えば問題ナシ。普段は積極的な行動をするのが恥ずかしいという人も、自然と手をつなげるタイミングを狙って、行動に出てみましょう。