恋のなやみに効くメディア

彼氏が気持ち悪い…でも好き。対処法と別れたほうがいいケースの見極め方

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:好きなはずなのに…彼氏のことが「気持ち悪い」と思うのはなぜ?

彼氏のことが好きで付き合ったはずなのに、なぜか気持ち悪くて仕方がないと感じることってありますよね。彼氏のことを気持ち悪いと思う原因によって、その深刻さが変わってきます。

(1)気持ち悪いのは瞬間的なもの?それとも本質?

彼氏のことを気持ち悪いと思うのが、瞬間的なものであれば、まだ我慢できる範囲で収まることもあり、女性側が目を瞑ることで解決する場合もあるでしょう。しかし、性格や長期に渡る習慣といった彼の本質的なものに気持ち悪さを覚えてしまった場合、深刻な状況といえます。

本質的な部分を改善するには長い時間を要しますし、そもそも改善ができない場合も。相手の気持ち悪さに我慢できない=破局の道へ進んでしまうことも……。

(2)付き合いたては盲目…冷静に見られるようになったのかも

付き合った当初は相手のことが好きすぎて盲目になりがちです。悪い部分があっても見えにくく、「すべてが完璧」と思えてしまうものです。しかし、時間が経つにつれて、気持ちの高ぶりも落ち着いたころ、彼氏の欠点や気持ち悪いと思う部分を冷静に見られるようになります。

また、いきなり気持ち悪さが出てきたのではなく、元々気持ち悪いと思ってしまう要素を持っていたのかもしれません。

2:彼氏のことを「気持ち悪い」と感じてしまう瞬間とその理由5つ

「彼氏のことを気持ち悪いを思ったことがある」という経験を持つ女性たちに、当時のエピソードを教えてもらいました。

(1)子どもみたいに甘えてくる

「年上の男性とお付き合いしていたのですが、仲が深まるにつれ子どもみたいな甘え方をするように……。赤ちゃん言葉を使ってくるだけでもかなりキツかったんですけど、それに加えて、転がりながら“やだーやだー”と駄々をこねてる姿を見て、心底気持ち悪いと思ってしまいましたね」(Yさん・32歳女性/OL)

(2)咀嚼音がうるさい

「付き合うまでは、ガヤガヤした居酒屋でしか食事をしたことがなかったので気づきませんでしたが、付き合ってからいろんな場所で食事をするようになると、あまりの咀嚼音のうるささにびっくり。

いわゆるクチャラーというタイプで、口に食べ物を運ぶたびにクチャクチャ……。その音が気持ち悪くて、おいしいものを食べていても最悪な気分なんです」(Mさん・27歳女性/小売業)

(3)束縛が激しい

「彼氏に毎日のスケジュールを把握されていて、ちょっとでも連絡が取れないと、“今、どこで何してるの?”と追求されます。女友達と遊んでいても“一緒にいる人と写真撮って送ってよ”と確認しようとしてくるくらい、束縛が激しくて……。独占欲が強い人だなとは思ってたけど、ここまでくるとストーカーみたいで気持ち悪いです」(Oさん・29歳女性/営業職)

(4)浮気された

「過去に一度、浮気をされたのですが、反省しているようだったので、そのままお付き合いを続けることにしました。でも彼に触れられる度“違う人とセックスしたんだ”という事実が頭によぎり、どうしようもなく彼氏に気持ち悪さを感じてしまいます。もう半年になりますが、なかなか払拭できません……」(Kさん・30歳女性/公務員)

(5)マザコン

「彼氏の実家に遊びに行くことになったのですが、家についた途端、お母さんをママ呼び。私をほったらかしたまま、お母さんの後をちょろちょろするなど、極度なマザコン具合にドン引きしてしまいました。

仲が良いことを指摘すると、“何か問題ある? 親を大切にするのは当たり前だろ”と逆ギレ発言も……。結婚したいと思わなくなりました」(Bさん・33歳女性/会計事務)

【関連記事】

恋愛のストレスで吐き気が…恋愛ストレス診断とストレスを感じる瞬間

3:彼氏が気持ち悪い…別れる前にできる対処法3つ

気持ち悪いと感じてもまだ彼氏のことが好き……という人は、すぐに別れることを選ぶのではなく、いくつか対処法を取ってから、検討してみてはいかがでしょうか。別れる前にできる対処法をご紹介します。

(1)嫌なことを伝えて話し合う

まずは、気持ち悪いと感じる部分を、素直に相手に伝えてみましょう。彼氏が無自覚でやっていることならば、気づき次第、直してくれる可能性もあります。「直さなければ別れる」というつもりで、本気で嫌がっているという気持ちをしっかりと伝えましょう。

(2)気持ち悪い部分を許容する

気持ち悪い部分を除けば、一緒にいて幸せな気持ちになれるという場合ならば、その部分だけに目を瞑ることで、収まるケースもあります。相手の気持ち悪さを認めたうえで、相手を愛せるかどうかがポイントです。「自分だからこそ見せてくれる姿なんだ」とプラスに受け止めることで、次第に気持ち悪さが気にならないものになっていくかも。

(3)距離を置く

一緒にいると、相手の言い分になんだかなんだ絆されてしまう場合は、一度、冷却期間を設けるのもいいでしょう。特に、倦怠期を迎えたカップルの場合は、相手の些細な行動が気がかりとなることもあるため、勢いのまま別れてしまうと後悔してしまうことも……。一旦距離を置いて、お互い冷静になって相手のことを考える時間を作ってみることをおすすめします。

【関連記事】

彼氏へのストレス度チェック!ストレスフルな彼氏と別れたいワケ

4:彼氏が気持ち悪くて無理…別れたほうがいいケースとは?

彼氏の気持ち悪さにどうしても耐えられそうにないなら、別れる道を選ぶのもひとつの手です。以下の5つのポイントを参考に、別れたほうが良いか考えてみましょう。

(1)スキンシップが無理

相手の気持ち悪さが原因で、スキンシップを取りたくないと思うならば、やがて相手が近くにいること自体に嫌悪感を抱いてしまうことになるでしょう。付き合っていくうえで、愛情を伝え合うためにも、ある程度のスキンシップは必要。改善の兆しが見えないようであれば、別れを視野に入れたほうが良いかもしれません。

(2)改善する気が感じられない

相手の気持ち悪いと思う部分を注意したにも関わらず、改善する気がなくて、反省の色も見えない場合は、期待するだけ無駄です。

また、他にトラブルが起きた場合にも、同じように自分の意見を聞いてもらえないことも考えられます。互いの意見を受け入れられない時点で、今後長く関係を続けていくことは厳しいでしょう。

(3)ストレスを感じる

大好きなはずの彼氏に対して気持ち悪いと思うこと自体が、大きなストレスとなることもありますし、関係を続けるほど長期間ストレスを抱え続けることになります。もし、彼氏と一緒にいることでストレスを感じるようであれば、なるべく早く別れたほうが良いでしょう。

(4)一緒に食事をしたいと思えない

人間の三大欲求のひとつである「食」は、カップルの関係性においても、とても欠かせない要素です。食べ方が汚いなどの理由から「気持ち悪くて、一緒に食事をしたくない」となれば、ふたりで過ごせる時間は大幅に減ることになります。

(5)彼氏との結婚生活が考えられない

大人の恋愛となれば、少なからずお付き合いの先にある「結婚」を想像する機会も増えるでしょう。彼氏の気持ち悪い部分を含め、「この人と結婚までは考えられないな」と思うのであれば、別れたほうが良い可能性が高いです。

ずるずると長引かせても、お互い損をするだけ。ときにはスパッと切り替え、次の道を選ぶことも大切ですよ。

【関連記事】

「キスが気持ち悪い」そう思ってしまう原因と対処法6つ

5:まとめ

一度でも相手のことを「気持ち悪い」と感じてしまうと、なかなか払拭できないもの。本人が気づいていないだけで、他の人たちも、彼氏に対して同じ気持ち悪さを感じているかもしれません。

彼氏という大切な存在だからこそ、他者から見て気づくことがあれば率先して伝えてあげることが先決。まずは本人に改善してもらうきっかけを作り、それでも彼氏が改善する兆しを見せなければ、潔く諦めて次の道を選んでみても良いのではないでしょうか。