恋のなやみに効くメディア

モテる女の子とは?【2020年令和版】本当のモテ女になるための必須条件9つ

新井 よつばY.Arai

目次

隠す

1:モテる女の子の特徴【顔・髪型・服装など外見編】3つ

まずは、この令和の時代に、モテる女子の外見について見ていきましょう。

(1)こなれメイク

令和男子が好きなのは、濃すぎずナチュラルでありながら、ほどよい抜け感があるこなれたメイク。ファンデーションはツヤ感を意識したリキッドを使い、気になるポイントにコンシーラーを乗せ、パウダーで軽くおさえる程度に。ポイントメイクも濃くしすぎず、色はナチュラルカラーで統一しましょう。

(2)清楚系ボブ

清楚さが漂うボブは、ワンカールでグッと自然な印象を出すことができます。外ハネ、内ハネと気分によってアレンジできるのもおすすめの理由のひとつ。ヘアカラーは明るすぎず、濃いブラウンなどの落ち着きのある色味にしましょう。

(3)デキる女コーデ

デキる女子は、今こそモテ期が到来しています! 仕事で活躍しているや自立している女子が人気急上昇中なのです。そんなデキる女を演出するなら、シャツやとろみブラウスなどに、きれいめなパンツを合わせたシンプルコーデがおすすめ。アクセサリーや小物で差し色を入れて、おしゃれを楽しみましょう。

2:モテる女の子の特徴【性格編】3つ

(1)包容力がある

これまでは「守ってあげたい女子」がモテの王道でした。しかし、今は何かと不安定な時代。ついつい先のことを考えて、不安になってしまう男性も多いそう。そんなときに、いつも余裕があって、一緒に難局をものり女子は、頼りがいがあって好感がもてる男性も多いのだとか。

(2)芯がある

好きな人にはついつい何でも合わせてしまいがちですよね。彼の意見によって、自分の行動をコロコロ変えてしまう女子も多いでしょう。でも、何でもかんでも彼に任せていると、自分がどうにかしなきゃと負担に感じ、将来が不安になる男性も。男性に合わせるだけでなく、芯のある意見を言えるぐらいの女子が人気なのです。

(3)あざとい

賛否両論がある「あざとい系女子」。人によって明らかに態度を変えたりするので、特に女子からは嫌われがちです。ただし、最近は一周回ってかわいいという声も。何を考えているのかわかりにくい女子よりも、ストレートでわかりやすい女子のほうが、男性からしてみたら、付き合いやすいのかもしれませんね。

3:モテる女の子の特徴【行動編】3つ

(1)ひとりで行動できる

「トイレも外食も、ひとりでは絶対行けな〜い!」という時代はもう終わり。最近は、ひとり焼肉やひとりラーメン、ひとり牛丼など、おひとりさま外食をする女子も増えてきましたよね。周りの目を気にせず、自分の食べたいもの、したいことをする姿勢は自立した印象を与えるため、モテにつながるようです。

(2)気になる男性には自分からアタック

誰にでもガツガツいく肉食系女子ということではなく、気になる男性に対しては、ストレートにアタックする女子も増えてきました。一方で、最近では恋愛するのを面倒くさがってしまう男性が増えてきたように感じます。そのため、女子から素直にアタックしてきてくれたほうが、気持ち的に楽なのかもしれません。

(3)常識がある

女子はかわいければ何でもOK、というわけではなくなってきた今。当たり前のことができない人は幻滅されてしまうかもしれません。言葉遣いや気遣いがしっかりできる女子は、男性は安心感を与えます。また、よくある「おごられて当然」という態度も考え直して、一度は払う姿勢も見せるようにしましょう。

4:40代でもモテる女になるためには?

40代になると「賞味期限切れ」や「女として見てもらえない」とあきらめの声を聞くことがあります。でも、いくつになってもモテる人はいます。

その女性たちに共通しているのは、自分をきれいに見せるよう常に意識しているということです。運動や食生活の管理をしっかりすれば、外見的にも美しさは保てられますし、笑顔を忘れないことで、周りにも明るい印象を与えます。そういった努力を続けることこそが、いくつになってもモテる女性でいられる秘訣のようです。

5:陰でモテる女の子の特徴は?

隠れモテ女子と呼ばれるのは、ズバリ「おとなしめ女子」。地味であまり喋らず目立たなくても、実は顔が整っていたり、気遣いができたりする人も多いです。そんな女子を男性は見逃しません。控えめで自己アピールをしないため、モテているイメージが少ないのですが、意識している男性は意外と多いようです。

6:まとめ

令和版のモテる女子は、これまでの「守ってあげたい」タイプから「自立している」タイプに変化してきているようです。人としてしっかりすることが、モテにもつながる時代。モテたい女子は、ぜひ参考にしてみてくださいね。