恋のなやみに効くメディア

年上の彼女に男性が感じる魅力はかわいさとカッコよさ!そのバランスとは…

嬉野あけび

嬉野あけび

©gettyimages

目次

隠す

1:年上彼女はあり?

(1)年上彼女はありですか?

学生時代はひとつの年の差が、とても大きく感じていたかもしれません。けれども、大人になるとほんの少しの年の差は感じなくなるもの。

「自分のほうが年上じゃないとイヤ」という男性がいる反面、「彼女は年上のほうがいい」という男性もいます。今回は、年上の彼女の魅力やデメリットについて紹介します。

(2)年上の彼女、何歳上まであり?

男性にとって年上の彼女は何歳までありなのでしょうか。そこで今回『MENJOY』では、20代~30代の未婚男性116名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「年上彼女作るとして何歳上までならお付き合いしたいですか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおりです。

年上の彼女はイヤ・・・13人(11.2%)

1歳上・・・9人(7.8%)

2~3歳以上・・・24人(20.7%)

4~5歳以上・・・36人(31.0%)

6~9歳以上・・・16人(13.8%)

10~14歳以上・・・10人(8.6%)

15歳以上・・・8人(6.9%)

年上の彼女はイヤだという男性が1割いましたが、5歳くらいの年の差には寛容だという印象です。10歳以上の年の差でも構わない人が全体の1割を超えているので、年上好きの男性も多いと言える結果なのではないでしょうか。

2:年上彼女の魅力5つ

続いて『MENJOY』では、20代~30代の未婚男性41名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「年上の彼女の魅力を教えて下さい」という質問をしてみました。回答の多かったコメントを紹介します。

(1)包容力がある

「母性本能あふれる感じで優しく包み込んでくれる」(27歳男性/企画マーケティング)

「包容力がある」(38歳男性/その他)

年上の女性の魅力と言えば、いちばんは包容力でしょう。女性をリードしなければという気負いのある男性が多いなか、甘えられる年上の女性の存在はとても魅力的なはず。年齢が離れているほど実感できるのかもしれません。

(2)落ち着いている

「落ち着いてる」(25歳男c出版・マスコミ関係)

「精神的に大人」(33歳男性/その他)

年上の女性の落ち着きは色気さえ感じさせますよね。同年代の女性にはない精神的な落ち着きは年上ならではの魅力でしょう。

(3)優しい

「優しい人だった」(29歳男性/コンピュータ関連以外の技術職)

「優しい存在ではあった」(33歳男性/学生・フリーター)

精神的に大人な年上の女性は男性から見たら「お姉さん」のような存在。優しく包み込んでくれるような優しさにメロメロの男性もいそうですね。

(4)セックスが上手

「セックスが上手だった」(34歳男性/公務員)

「セックスがとても気持ちよかった」(20歳男性/公務員)

年上の女性は経験が豊富なだけ、床上手という魅力があります。特に年下や同年代の若い女性としか付き合ってこなかった男性は、そのテクニックの虜になってしまうかも?

(5)料理が上手

「料理が上手」(33歳男性/その他)

年齢を重ねているだけあって、年上の女性は料理上手なことも多いです。男性の心をつかむなら胃袋をつかめと言います。その言葉のまま、すっかり胃袋をつかまれてしまった年下の男性もいることでしょう。

3:年上彼女と付き合うデメリット3つ

(1)頭が上がらない

年上の女性は年齢を重ねているだけあって、しっかり者が多いです。人生経験や知識も豊富で、いつも正しいことを言うので、頭が上がらないという男性も。自分がリードしたいと思っても、年上の女性にすっかり主導権を握られてしまうことが多いでしょう。

(2)結婚に反対されることも…

年上の女性と結婚しようとすると反対されることが多いようです。なかには、人柄を見ようともせず、年齢の理由だけで反対されることもあるでしょう。また、年齢にもよりますが、老後の心配をされる場合も。

(3)どうしても子供扱いされてしまう

男性がどれだけリードやエスコートをしようと思っていても、年上の女性から見たら頼りなく思えてしまうことも多々。年上の女性も年上というプライドがあり、素直に甘えることができない場合も。男性側も自分に甘えてきてくれない年上の女性に不満を感じるかもしれません。

4:年上の彼女が年下彼氏と上手に付き合うポイント5つ

(1)彼氏のプライドを尊重する

年上の女性から見て、どんなに彼氏が頼りなくても、外では彼氏を立ててあげることがポイントです。年下の彼氏にもプライドがあります。そこを尊重してあげましょう。

ほかの誰かと一緒にいるときに、彼氏を子供扱いしてしまうと、彼氏のプライドを傷つけてしまうことになります。ふたりの仲にヒビが入りかねないので気をつけるようにしましょう。

(2)素直に甘える

自分が年上だからと、強がる必要はありません。年下の彼氏だって、彼女が素直に甘えてきたら嬉しいもの。男としての自信をもつことができ、彼女のことを守ってあげなくては、と思うことでしょう。年上の女性が見せる弱さは彼氏にとってとても魅力的なはずですよ。

(3)日頃から愛情表現をする

年上の彼女が、いつか自分よりしっかりした年上の男性と一緒になってしまうのでは……という不安をもつことも。そんな不安を払拭するためには、日頃から愛情表現をこまめにすることです。自分はきちんと愛されているという実感が彼氏を男として強くすることでしょう。

(4)年相応の服装やメイクを心がける

年下の彼氏がいるからといって、下手に若作りする必要はありません。彼氏も若作りしている彼女のことが好きなわけではないでしょう。どんなに彼氏より年上であっても、年相応の服装やメイクをすることが大切です。自然体でいれば、年上の色気も出てくるでしょう。

(5)年上ならではの包容力を感じさせる

ほかの誰かといるときは、彼氏を立ててあげることが大切ですが、ふたりきりのときは彼氏を甘えさせてあげましょう。彼氏はいつも外で男として大人として必死に頑張っているはずです。そんな彼氏をふたりきりのときは甘えさせてあげられるくらいの包容力をもつことが大切です。

5:年上の彼女と年下の彼氏が結婚する上での注意点3つ

(1)結婚する時期をあらかじめ決めておく

年下の彼氏を結婚する上での注意点として、結婚を前提に付き合っているのなら結婚の時期をあらかじめ決めておくことが大切です。ゴールが決まっていないと、関係が宙ぶらりんになることも。前もって話し合っておきましょう。

(2)プレッシャーが大きいかも?

年上の彼女と結婚を考えるにあたって、彼氏のプレッシャーは大きいかもしれません。なぜなら年上の彼女が、年齢的に焦っている場合があるからです。

年上の彼女が何かにつけては結婚の話を出していては、彼氏はプレッシャーに耐えきれず逃げ出してしまうかもしれません。どんなに焦っていても、それを彼に見せすぎないようにしましょう。

(3)お互いにしっかり話し合う

自分が年上だからといって、彼氏の意見や気持ちを無視しては結婚前提のお付き合いだとしてもうまくいかなくなります。

彼氏の気持ちや意見をきちんと聞いた上で、自分の気持ちや考えていることを伝えるようにしましょう。お互いに意見を言い合えるような関係性を築くことが大切です。

6:まとめ

年上の彼女にとって、彼氏はとてもかわいいもの。けれども、彼氏も立派な男性です。それをしっかり理解しておくことが関係をスムーズに活かせる秘訣となるでしょう。