恋のなやみに効くメディア

好きな人が既婚者だったらどうする?辛くても諦めたほうがいい理由も…

椿 もにか

目次

隠す

1:既婚者を好きになったことある?

既婚者との恋愛は、すなわち不倫……。社会的には許されない不貞行為です。しかし、男と女ですから、好きになってしまうことはあるでしょう。ドラマや映画の中だけでなく、現実にはどのくらいあることなのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~30代の未婚男女500人を対象に、独自アンケート調査を実施。「既婚者を好きになったことがありますか?」と質問してみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・146人(29%)

ない・・・354人(71%)

全体の3割ほどの人は、既婚者は好きになったことがあるよう。こうやって数字で見ると、それほど珍しいことではないのかもしれません。

2:既婚者を好きになってしまう心理5つ

巷で不倫や浮気に関する話題はよく議論されますし、きっと誰もが「結婚している人を好きになっても良いことなんてひとつもない」と知っているはず。なのに、どうして既婚者に惹かれる人がいるのでしょうか。理由を探っていきましょう。

(1)大人の余裕に惹かれてしまう

恋愛経験が豊富だったり、ある程度モテてきたりする女性であれば特に、ガツガツしていない余裕のある男性を好む傾向にあります。既婚者の場合は「付き合いたい」「結婚したい」というモチベーションでいるほうがまれ。それが大人の余裕に見えてしまう人も多いのでしょう。

(2)手に入らないものは欲しくなる

人間は本能的に、入手困難なものに価値を感じ、欲しくなってしまいがち。相手が既婚者だとわかれば、本来ならその時点で恋愛感情をもつべき相手ではない、と思うはずです。しかし、「手に入れたい」という本能的な欲求が、「好き」という衝動を加速させてしまう場合も。

(3)年上好き

最近は芸能界でも年の差婚が多かったりと、10歳以上離れた男性を魅力的に感じて好きになる、という人も多いよう。

でもそうなってくると、自分の年齢が上がれば上がるほど、その層の既婚者率は上がってきてしまいますよね。「好きになった人が既婚者」という確率が単純に高くなるという意味で、年上好きの女性は要注意かもしれません。

(4)母性本能が強く、癒してあげたくなる

「結婚したら家族を守らなきゃ!」と思っている男性はまだまだ多いよう。普段しっかりしようと気を張っているぶん、何かへこんでしまう出来事が起きたときに、それを吐き出せるところを、家の外に求めてしまいます。

普段は一家の大黒柱として頑張っている人の弱い部分を見て、母性本能をくすぐられてしまう女性も少なくはないようです。

(5)自己肯定感が低い

気づいたら女たらしの人に依存してしまっていたり、わがままで自分勝手な人のお世話屋さんになってしまっていたり……。いわゆる「ダメンズホイホイ」な女性っていますよね。

もちろん全員がそうではないですが、そういうタイプは自分に自信がなく、「自分を好きになってくれる人なんて、クズくらいしかいない」と思ってしまいがち。勝手に不幸体質を自認して、「セカンドくらいがお似合い……」と思って、不倫にハマってしまう女性も多いようです。

3:好き避け行動も!既婚男性が好きな女性に取る態度5つ

既婚男性側は好きな女性に対してどんな態度を取りやすいのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

(1)プライベートな話をしようとする

男性は「プライベートな話は家族や親しい友人にしかしない」というのが多数。そんな中で自分の趣味の話をしてきたり、逆にプライベートを覗き見しようとしてくるときは、「好き」の合図かもしれません。

特に既婚男性の場合、いつ会えるかを探るために、相手の空いている曜日や時間帯を具体的に聞いてくる場合も多いのだとか。

(2)「何でも頼って!」と言ってくる

既婚男性は気持ち的にも余裕があるため、好きな人の気を引くために「何でも頼ってほしい」「助けになりたい」などとすぐ口にします。

(3)自分からはあまり誘わない

周りの目もあるため、恋愛の行動にはあまり積極的になれません。強引に誘って気味悪がられ、SNSなどで暴露されては大変。そのため、優しくしたり家族の愚痴を言ってみたりなど、小さな「気になってますアピール」を重ねる傾向があるのだとか。

(4)とにかく褒めてくる

(3)で話したように、自分から前のめりにデートに誘いづらい既婚男性は、最大限のあらゆる手を使って、好きな女性の気持ちを自分のもとへ向けようとします。

女性は潜在的な承認欲求が強い生き物。なので、褒められることで気持ちが傾いてしまうことも。些細なことでいちいち褒めてくる人がいたら、それは好きの合図かもしれません。

(5)弱い部分を見せて甘えてくる

ある程度上の年代の既婚男性は、一家では家族を養っていたり、仕事でも責任範囲の広い仕事を任されていたりなどで、普段甘えることや弱音を吐くことができない人も多いです。

でも彼らだって人間。弱音を吐いて甘えられる場所を、心のどこかで探しているものなのです。普段は厳格な人がいつもは見せない一面を見せてきたら、好意を持たれている証拠かも。

4:既婚者を好きになって辛い…諦めるための方法3つ

本能的な「好き」という気持ちは、なかなか簡単には抑えられないもの。でも、幸せになれない既婚者への恋を、どうやって気持ちに区切りをつけるのか……。一緒に考えていきましょう。

(1)自分の3年後は?具体的な将来を想像してみる

既婚者との恋愛は、ずるずると長く続けても幸せなゴールはないと考えたほうが良いでしょう。そんなときは、目の前にある欲求ではなく、考えられるいちばん遠い「将来の自分の状態」を想像しましょう。

将来の自分の感情を第一に考えてあげれば、心に区切りをつけることもできるはずです。

(2)趣味や仕事に没頭する

恋に夢中になっている場合、他のことに没頭するというのは決して簡単ではないはずです。でも、「忘れなきゃ……!」という気持ちで始めるのではなく、自分の軸を見つけて、それを伸ばすことのできるいい機会だと思って、少しずつチャレンジしていきましょう。

いつの間にか、自分の恋愛を客観視できるようになっているかもしれません。

(3)物理的に距離を離す

心理学では、一般的に、「単純接触回数が多いほど好印象をもちやすいといわれています。実際に顔を合わせたり、連絡を取ったりすればするほど好意は膨れ上がっていきやすいもの。

向こうからも連絡がある場合などは、自分のためを思って、だんだんとフェードアウトするようにし、時間に解決させてしまうのも手です。

5:まとめ

一度好きになってしまうと、たとえ既婚者であっても忘れるのは難しいですよね。でも、その恋愛は自分を含め、必ず傷つく人がいます。今こそ客観的に、自分がいちばん幸せになる方法は何かに向き合っていけると良いでしょう。