恋のなやみに効くメディア

恋人のことが好きすぎる…それは苦しいだけ!彼氏彼女を好きになりすぎてしまう理由と対処法

ミクニ シオリ

ミクニ シオリS.Mikuni

目次

隠す

1:好きすぎると苦しいのはなぜ?その心理

「好きすぎてつらい」。そんなふうに感じたことはありますか?

誰かを好きになることは、本来ポジティブですてきなことのはず。それなのになぜか苦しく感じるのは、思いどおりに恋が進まないときや、相手から自分と同じだけの好意が返ってこない、と考えてしまうとき。

「好き」という感情に飲み込まれ、仕事や勉強も手につかなくなってしまうと、日常生活が正常に送れず、苦しさはどんどん大きくなっていきます。

2:彼氏・彼女を好きすぎる人に共通する特徴5つ

「好きすぎてつらい」という状態になりやすい人には、いくつかの特徴があります。この特徴にあてはまる人は、その人を諦めて別の人を好きになっても同じ気持ちになりやすい人です。

(1)自分に自信がない

相手の動向や連絡頻度が気になってしまうのは、ありのままの自分を自分自身が認められていないからかもしれません。自分に自信がないと、「相手を失ってしまうかもしれない」という不安を必要以上に抱えてしまいます。

(2)恋愛に依存しがち

恋愛体質の人は、人生においても恋愛の優先順位を高く設定しています。そうすると、仕事や趣味などよりも恋愛のことが気になって、恋愛がうまく行っていないだけで、人生全部がうまく行っていないように感じてしまうのです。

(3)仕事や趣味を楽しめていない

仕事や個人の趣味などを楽しめていないと、恋愛にのめり込みやすくなります。心のスペースのほとんどを、恋愛が専有してしまうからです。ほかの人が趣味や仕事のことを考えている時間まで恋愛のことを考えていれば、依存体質になってしまうのも納得ですね。

(4)好きになる人の理想が高い

好きになる相手の理想が高い人は、自分でも「そんな人はこの世に存在しない」と期待していないところがあります。だからこそ、その理想に近い人が見つかると、どうしても手に入れたいという気持ちが強くなります。

そして、運よく付き合えたとしても、「こんなすてきな人だから、誰かにとられてしまうかもしれない」という不安が大きくなり、いつでも苦しいのです。

(5)暇が多い

ぼーっとしている時間が長いと、ネガティブ思考に陥りやすくなります。忙しくしていれば考えないような答えのない問題について延々と悩んでしまい、恋愛に関してもこじらせやすくなってしまうのです。

3:行きすぎは危険!恋人を「好きすぎる」のがときに危険な理由3つ

「好き」な気持ちがオーバーヒートすると、本来大切にすべきことが見えなくなります。場合によっては好きすぎることが原因で、その恋が破綻してしまうことも。

(1)相手を思いやれなくなる

「好き」という気持ちが大きすぎると、不安が強くなり、それを解消するために相手に多くを求めてしまうようになります。しかし、自分の心を満たしてほしいという気持ちばかりで、相手がどう受けとるかを考えられなくなり、傍目から見れば恋人に迷惑をかけているだけ、なんてことも。

(2)重たい行動をとってしまう

好意が重たいと、行動も重たくなります。相手を束縛してしまったり、ストーカーに近い行動をとってしまったり……。自分の不安や心配を拭うための行動は、相手にとって負担になるわけですが、それがわからなくなってしまったら、終わりの始まりなのかも……。

(3)相手の好意を疑ってしまう

相手への好意が大きすぎると、相手からの自分に対する愛情が「足りない、少ない」と感じるようになります。ありもしない浮気を疑ってしまったり、相手の愛の言葉が信じられなくなったりします。

4:つらいと感じることも…恋人が好きすぎて不安なときの対処法5つ

不安は抱えていても大きくなるだけ。なので、家に引きこもらずに、動いてみましょう。

(1)友人との時間を過ごす

まずは、好きな人以外の大切な人と楽しい時間を過ごしてみましょう。このとき、自分の恋愛の話はせず、映画を観たり遊園地に行ったりなど、集中できる遊びを一緒にしてもらうことがおすすめです。とにかく、「気を紛らわす」のです。

(2)小さな目標を見つける

恋愛の悩みが堂々巡りになってしまうと、不安が大きくなるので、行動目標を考えるのもいいでしょう。この目標は相手に対することではなく、例えば、2kg痩せるとか、毎日英会話の短い動画を見るなど、自分に対することにするのがポイントです。

(3)占いなどで悩みを明確にする

悩みが深くなればなるほど、どうしたらいいのかわからず身動きがとれなくなります。友人に相談しても解決しないなら、占いなど専門家に頼ってみるのもいいでしょう。言い当てられることがあれば、自分の悩みが明確になりますし、今後どう行動すべきかの参考になるでしょう。

(4)恋人に相談してみる

いっそ、その相手本人に自分の状態を相談してみるのもいいでしょう。何がつらいのかを伝えて、相手がそれに向き合ってくれれば、驚くほどあっさり問題が解決するときもあります。

しかし、相手に求めすぎると話し合いがこじれるので、あくまで相談として相手の考えを聞いてみましょう。

(5)体を動かす

もしもあなたが運動不足の自覚があるなら、体を動かすのもおすすめです。運動をしている時間は考え事をする余裕がなくなりますし、体が疲れると眠くなるので、考え事をする時間が圧倒的に短くなるはずです。

5:自分の状態を自覚することが大切

好きすぎる、という気持ちに支配されているときは、自分の感情がコントロールできなくなります。それは、常に興奮している状態。冷静に自分を見つめ直し、感情をセーブできる状態になることが必要です。

まずはそういう自分を自覚して、好きな人に対して思いやりが欠けてしまわないように気をつけましょう。