恋のなやみに効くメディア

毛深い女性は嫌われる?男性が抱く印象とつるすべ対処法

コマツ マヨM.komatsu

目次

隠す

1:女性なのに毛深くてつらい…

(1)女性が毛深くなる原因は?

毛深くなる原因のひとつに、体のリズムが関係しているといわれています。ストレスなどで体のリズムが乱れているときに毛深くなってしまうことがあるようです。

(2)脱毛したほういいの?

脱毛するかしないかは個人の自由。しかし、毛深いことで遊びや恋愛に積極的になれなかったりするなら話は別です。毛深い自分を見るたびに心が深く傷つくなら、脱毛してコンプレックスを解消するのは、とても前向きな考え方だと思います。

2:毛深い女性ってどう?男性の本音5つ

今回『MENJOY』では、20〜40代未婚男性217人に「毛深い女性についてどう思いますか」というアンケートを実施。その結果、「そうなんだ!」と驚くような率直な意見をたくさん得ることができました。

(1)ケアしていればいい

「きちんと手入れすればいい」(47歳男性/営業・販売)

「手入れしていれば問題ないと思います」(49歳男性/営業・販売)

「手入れに気を遣っていて清潔感があれば問題ない」(46歳男性/会社経営・役員)

今回最も多かった意見が、ケアしていればいいという意見。毛深いまま無法地帯になっているのはいただけないけれど、きちんと処理しているのであれば、何の問題もないという男性の意見が多く見られました。

(2)清潔感がない

「清潔感があまりない」(28歳男性/その他)

「清潔感に欠けるから、嫌」(39歳男性/総務・人事・事務)

「清潔感がなさそうで、苦手に感じる」(36歳男性/その他)

ムダ毛をそのまま放置していたり、あきらかにきちんとケアしていなかったりする状態は、清潔感がないと思われるようです。なかには「背中が毛深いのは無理」など具体的な場所を挙げる意見も見られました。

(3)脱毛をしてほしい

「脱毛してほしい」(39歳男性/その他)

「体質だからしかたないが、脱毛などケアはしていてほしい」(36歳男性/その他)

「脱毛など、毛深さに対しての対策はいまの時代いくらでもあると思うからそういうのをしてほしい」(41歳男性/営業・販売)

脱毛をしてほしいという意見もチラホラ。毛深いことにあまりに悩んでいるのであれば、脱毛という前向きな選択をしてほしい……ということのようですね。

(4)エロそう、情が深そう

「剛毛はエロくていい」(41歳男性/その他)

「情が深そう」(37歳男性/その他)

「男性っぽい感じで、性に活発そう」(40歳男性/総務・人事・事務)

意外な意見で驚きましたが、毛深い女性は「情が深くエロい」というイメージをもっている男性が多いよう。セクシャルな魅力を感じる人も決して少なくないみたいですね。

(5)興奮する

「それはそれで興奮する」(37歳男性/コンピューター関連以外の技術職)

「剃毛プレイが捗りそうでいい」(31歳男性/総務・人事・事務)

「剃ればよいだけなので気にしない。そういうプレイもあり」(37歳男性/その他)

女性が必死にムダ毛ケアを行っているかたわら、毛深いことが性的興奮につながると感じる男性も一定数いるようです。「毛深い=剃毛プレイができる」という肯定的な意見も少なからず見られました。

3:女なのに毛深いのが悩み…パーツ別対処法5つ

(1)腕・足・指

腕や足、指の毛は自分でも処理しやすい部分です。脱毛する方法もありますが、腕や足は広範囲に渡るため料金も高くなりがち。カミソリなどで剃れば気にならない程度なら、こまめな処理を。毛が太く、剃っても毛穴や埋もれた毛が目立つ場合は、脱毛を選択してもよさそう。

(2)ワキ

太く濃い毛が密集するワキ。その割にやわらかい皮膚なので、毛抜きで抜くとボツボツと鳥肌のようになったり黒ずんだりして皮膚が汚くなってしまいます。ワキの脱毛はエステ脱毛・医療脱毛ともに安価なので、今後の処理の手間を考えると脱毛がいい選択でしょう。

(3)背中

背中は自分でケアするのが難しい部分。お金に余裕があるのであれば脱毛を行ってもよさそうです。脱毛するほど目立つ毛ではないけれど、ケアしなければフサフサしているという場合には、電気シェーバーや除毛クリーム、除毛テープなどを使ったケアも有効です。

(4)うなじ、もみあげ

うなじやもみあげも、自分では見えにくくケアしづらいところ。脱毛が手っ取り早いですが、脱毛サロンや医療脱毛では施術する人は美容師ではありません。なので形や脱毛範囲、どこまで毛を残すかという部分は施術する人のセンスに左右されます。

脱毛したくない部分まで失うと、かなり不格好になってしまうので、筆者としてはヘアサロンで定期的にカットしてもらう方法をおすすめします。

(5)VIO

脱毛一択! デリケート部分はカミソリなどの処理は難しく、傷ついてしまうと雑菌が入って炎症をおこしたりする恐れもあります。第一、股をのぞき込んで毛を剃る姿はマヌケすぎるのでは?と筆者は思います(笑)。

近年ブームのVIO脱毛は安価で受けやすいので、安全で安心なプロの技術に任せてみてはいかがでしょうか。

4:毛深いことにどのくらい悩んでいるかがポイント

「脱毛すべき?」「どこまで処理すべき?」と悩んでいる人も多いですが、ポイントは自分がどれほど悩んでいるかです。

自分の体を見るたびに落ち込んだり、毛深いことが原因で恋愛に積極的になれなかったり……精神面や生活に大きな支障が出ているのであれば思い切って脱毛を。

そうでない場合は、時間や金銭的余裕と相談しながらセルフケアを取り入れていきましょう。