恋のなやみに効くメディア

面食いは不幸のはじまり!面食い男女の闇の心理と恋愛デメリット

大船くじら

大船くじらK.Ofuna

目次

隠す

1:面食いの意味は?

まずは辞書で正しい意味を知っておきましょう。

面食い

顔立ちのよい人ばかりを好むこと。また、その人。器量好み。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

女性であればイケメンが大好き、男性であれば美女やかわいい女性が大好きな人を表す言葉です。恋愛において何を差し置いてもルックスを最重要視するような人を面食いと考えれば、間違いありません。

2:面食い男の心理・特徴5つ

面食いの男性が「容姿に優れた女性を好む」のはどのような気持ちからなのでしょうか。ここでは特徴的な心理を紹介します。

(1)女好き

女好きの男性は、幅広い女性が好きな「守備範囲が広いタイプ」と、「ルックスで女性を選別して対応を変えるタイプ」のふたつに分かれます。そして、面食いの男性は後者のタイプに当てはまります。

女好きの面食いタイプは、見た目に優れた女性に対しては最大限の優しさや気遣いを見せますが、自分の好みではない女性には興味がないので、冷淡な対応をするようなところがあります。

(2)自信過剰

ときには「何を根拠に自信があるんだろう」と思うほど、面食いの男性は自分に自信がある人も多いです。このような男性は、「自分ほどの男にふさわしい女性は美しくあるべき」と考えているのです。

実力がともなっている、いないに関わらず、自己評価が高いので、恋人の見た目が優れていないと自分に釣り合わないと考えるタイプです。

(3)見えっ張り

面食いの男性には、周囲の人から、羨ましがられることに快感を覚える、見えっ張りな傾向も強くみられます。そのため、誰が見てもわかりやすい、「ルックスのよさ」をパートナーの女性に求めるのです。

(4)惚れやすい

面食いの男性は、美人やかわいい女性が大好きです。そして、自分の好みに合った女性と出会うと、強く興味をもちます。内面などよく知らない状態でも、見た目だけで簡単に恋に落ちてしまうのです。

そして、たとえ恋人や奥さんがいても、ルックスが自分好みの女性に出会えば、気持ちが揺れやすいというのも特徴。そこから浮気に発展することも少なくありません。

(5)女性の人間性を見ていない

面食いの男性は、女性のルックスを重視する一方で、内面は「よほどひどくなければいい」などとして、重視していません。それは極端に言えば、女性を性の対象としてしか見ていなく、対等な関係をもつ気持ちがないということです。

「自分のステータスシンボルとして近くに置いておきたい」「性交渉をするなら美人のほうがいい」。すべての面食い男性が該当するとは言いませんが、このような考えの人も一定数います。

【関連記事】

イケメン好き女子は恋愛で失敗しやすいってホント?面食い女子が恋の勝者になるコツ

3:面食い女の心理・特徴5つ

続いて、面食いの女性がもっている心理や特徴を紹介します。

(1)顔がよければすべて許せる

「イケメンなら何でも許せちゃう」……面食いの女性は、このような発言をよくします。そして実際にルックスに優れたイケメンと出会うと、性格が悪かろうが、定職についていなかろうが恋に落ちるのです。

ルックスしか見ていない自分に気づいているのはマシなほうで、「不器用な性格なだけ」「仕事をしていないのは夢を追いかけているから」など、自分に都合よく解釈する女性もいます。

(2)ブランド好き

面食いの女性はブランド志向が強いところがあります。ステータスやネームバリューの高さを好むのです。それが恋人選びにも表れていて、容姿の優れた男性に価値を見出すというわけ。

ある意味、恋人は自分を引き立てる、「おしゃれアイテムのひとつ」でしかないのです。カッコいい彼氏を周囲に見せつけて、マウントをとりたい気持ちがあるのです。

(3)表面しか見ない

人の印象は見た目に大きく左右されるものですが、恋愛をするとなると人間性や経済力など、見た目以外の点も考慮して、相手の男性を深く知ろうとします。

しかし、面食いの女性は人を多角的に分析することができずに、「見た目がいい」というその1点で男性を判断しがち。そのため、あまり深く考えずに恋愛をしては失敗を繰り返すという状況に。

(4)負けず嫌い

負けず嫌いな性格が恋人をルックス重視で選ぶ、面食いにつながっている女性もいます。「友達に負けたくない」「内面重視で彼氏を選ぶのは妥協したこと」などの気持ちが強いのです。

友人の彼氏よりもイケメンの彼氏と付き合えれば、「勝った」と思いますし、「恋人は内面が大切」と言っている人を見ると、「それはイケメンと付き合えない負け惜しみよね」などと、ひねくれた感情を抱きます。

(5)自分に自信がない

面食いの女性の中には、自己肯定感が低いためにイケメンの彼氏と付き合って、自分の価値を実感しようとする人もいます。「こんなカッコいい彼に選ばれた私」という満足感を得ることで自信をつけたいという無意識がはたらくため、イケメンしか好きになれなくなってしまう状態です。

【関連記事】

面食い男の落とし方!美人じゃなくても付き合える方法はある

4:面食い女性に対する男の本音3つ

男性にルックスだけを求める面食い女性に対して、男性が思う本音を見てみましょう。

(1)幼い

子どものころに人を好きになる理由は、「見た目がいい」「運動ができる」「勉強ができる」など、単純なのが普通です。しかし、恋愛経験を積みながら成長していくにつれて、人を好きになる理由も複雑になっていきます。

いい年齢になった、大人の女性がルックスだけで恋人選びをしている姿は、男性から見ると「幼稚な女性」という印象を抱かれがちです。

(2)騙されやすそう

内面を見ずに、ルックスだけで男性を恋愛対象にしてしまう姿は浅はかで、周囲に「あまり賢くなさそう」という印象を与えます。

また、内面を見る能力が不足していることが原因してか、「顔がいい」だけのクズが寄ってきます。そんなダメ男の甘い言葉を信用し、周囲の忠告も聞かずに尽くす姿は、「簡単に騙されそうなタイプだなぁ」と思われています。

(3)浮気しそう

面食いの女性は男性目線で見ると「中身のない軽い女」といったネガティブなイメージをもたれています。「軽い女」、つまり浮気しそうということです。

実際、ルックス重視でダメ男と付き合っていると、次第に不満が溜まっていくもの。そんな状況で別のイケメンに誘惑されたら、そちらに気持ちが移る場合もあるでしょう。

5:恋愛で面食いであることのデメリット3つ

面食いは、恋愛面でメリットよりもデメリットのほうが多いです。ここでは筆者が考える面食いのデメリットを3つ紹介します。

(1)周囲から軽んじられる

誰しも美男美女を好む部分はあります。しかし、ルックス至上主義なのが見え見えな面食いの人は、周囲から印象がよくありません。女性のルックス次第で対応が変わる男性や、顔だけのダメ男にときめいている女性を見ると、周囲はどうしても冷ややかな視線で見てしまいます。

周囲から軽んじられているために、美男美女にも悪評が伝わり、相手にされないという悪循環に陥ってしまいがちです。

(2)内面がフィットする人と結ばれにくい

面食いは、好きになる基準が相手のルックスで、内面はあまり重視しません。そのため、確率的に性格面や趣味嗜好がぴったりな相手は見つかりにくいです。

恋人のルックスがよければそれだけでいい、ずっと付き合っていけるという人もいるのかもしれません。しかし、内面がフィットしない相手とは長期間付き合えない人のほうが圧倒的なのではないかと思います。

(3)相手にされない

ルックス重視といっても、容姿端麗な美男美女は競争率が高くて恋人にするのは難しいもの。面食いは理想の恋人を見つけるのが難しい現実があります。

面食いとは言っても、「できれば内面もバッチリな人と付き合いたい」というのが本音でしょう。しかし、そんな人と付き合える面食いは稀。恋人の条件として見た目を妥協できない結果、恋人ができないとか、見た目だけのダメ男と付き合うことになってしまいます。

【関連記事】

あきらめないで!フツー顔の女子でも「面食い男子」を落とせる方法4つ

6:面食いをやめるには?

面食いは本人の志向。やめるのは難しいかもしれません。しかし、直せるなら直したほうが幸せな恋愛に出会える確率は上がります。ここでは面食いをやめる方法を考えてみましょう。

(1)ルックスで選ぶメリットの少なさを知る

確かに、容姿端麗な美男美女には心惹かれるもの。しかし、性格面をまったく無視してルックスだけで選ぶ恋愛に、どんなメリットがあるのでしょうか。「顔を見ていると、うっとりする」くらいのものですよね。それもいつまで続くかわかりません。関係が悪化すれば、美しい顔だって醜く歪んでいくものです。年齢によっても「好きだった見た目」は変わっていきます。

まずは、長い目で見れば、ルックスだけで恋人を選んでもメリットはあまりないことを理解しましょう。

(2)いろいろな人と交流してみる

面食いの人は、相手のルックスが自分の好みから外れると、シャットアウトする傾向があります。人の魅力は見た目だけではありません、内面に魅力がある人と交流する機会を自分から捨てるのはもったいないです。

恋愛関係にならないまでも、食事をしてじっくり話をしてみたり、遊んでみたりして、いろいろな人と触れ合ってみましょう。

(3)内面で選んだ相手と付き合ってみる

ルックスだけで選ぶ恋愛のメリットの少なさを知ることと、いろいろな人との交流で恋愛観にも影響が出るでしょう。相手の内面を見る力が養われるはずです。内面を見る力が備われば、心惹かれる美男美女に出会っても、無条件で好きにならずに、じっぐり相性を確かめられるようになるでしょう。

7:面食いでもまずは内面の相性を重視する

美男美女を好むのは面食いの人だけではありません。ある意味、当たり前の感情だと思います。しかし、面食いが行きすぎて「ルックスだけで恋人を選ぶ」となると、恋愛的にはデメリットが多いです。恋愛では内面を十分に見つめてから、ルックスに目を向けるようにしましょう。