恋のなやみに効くメディア

血液型あるあると恋愛傾向|思わず共感・納得しちゃう?

嬉野あけび

嬉野あけび

©gettyimages

目次

隠す

1:日本人の血液型の割合は?

日本人の血液型の割合は、ABO式血液型によるとA型は4割、B型は2割、O型が3割、AB型は1割と言われています。もしかしたら、いちばん多いA型の基本的な性格が、日本人の典型的な性格と言えるかもしれません。

とは言え、O型が100%を占める国もあるくらいですから、日本人の血液型は多様性に富んでいます。今回は血液型ごとのあるあると恋愛傾向を紹介します。

2:A型の血液型あるある&恋愛傾向

(1)A型あるある

1.真面目で冗談が通じない

A型は基本的に真面目です。自分の道徳観や倫理観に反することは絶対にしようしません。また、他人が間違ったことをしているときはきちんと注意します。

ときに風紀委員のようになってしまうA型ですが、それは真面目ならではの行動でしょう。ただ、真面目ゆえに冗談が通じないこともあり、ほかの血液型から見るとユーモアが足りないところがあります。

2.融通がきかない

A型は想定外のことが起きるとパニックを起こす傾向があります。例えば、相手が待ち合わせの時間ちょうどに来なかっただけでも、どうやって相手と連絡をとろうか焦りだします。近くのカフェで時間を潰してみるとか、色々と方法はあるのに、臨機応変に対応することができないのです。

3.責任感が強い

A型は他人や物事に対する責任感が強いです。例えば間違ったことを相手に言ってしまった場合、それが些細なことであっても、すぐに相手に訂正しようとします。また、自分が関わったことは成功させなければいけないという思いが強いため、失敗した場合、自らが責任をとろうとするところもあります。

(2)A型の恋愛傾向

1.受け身で相手の顔色を窺う

A型は常に他人の顔色を窺っているところがあり、基本的に受け身です。相手が言ったことが面白くなくても笑いますし、相手に深く突っ込んだりすることはありません。

自分と一緒にいるときは相手に心地よく過ごしてほしいと思っているのです。ですから、自分から積極的にアプローチすることもありません。「断られたらどうしよう……」と考えるので、積極的にいくことができないのです。

2.相手に対して一途

A型は真面目なので、恋愛相手に対して一途です。よほどのことがない限り、浮気もしませんし、よそ見をすることはありません。相手からしたら、いつも自分だけを思ってくれているので安心感があることは確か。ですから、相手は浮気をしてもA型は離れていかないと思いがちです。

3.相手を束縛したい

A型は心配性なので、相手が少し帰りが遅くなっただけで浮気を心配します。「遅くなるときは連絡して」と言いがちなのもA型でしょう。A型はできれば相手の行動は全部把握しておきたいのです。それゆえ、束縛が強くなってしまうこともあります。

3:B型の血液型あるある&恋愛傾向

(1)B型あるある

1.自分のスタイルを突き通す

B型は他人と同じであったり、無難に済ませたりすることを嫌います。なぜなら自分のスタイルを確立していて、それをどこまでも突き通したいから。「自分はこうでなきゃ嫌だ」とはっきり主張できるのもB型です。人がはっきりと言えないことも、B型はきちんと主張します。

2.「個性的」と言われることが嬉しい

B型は「個性的だね」と言われるのが大好きで、嬉しいことだと思っています。なぜならB型は自分の個性に愛着をもっており、それを褒められることは嬉しいと感じるからです。血液型によっては「みんなと同じ」を好むのですが、B型はそれは嫌なのです。

3.熱しやすく冷めやすい

B型は興味をもったことをとことん追求しようとします。けれども、飽きを感じると「いままでは何だったの?」というくらいのスピードで放り出します。

熱しやすく冷めやすい性格は、B型のあるあるの中でも最たるものと言えるでしょう。熱するスピードが速い分、ものすごい勢いで冷めてしまうのです。

(2)B型の恋愛傾向

1.束縛されることを嫌う

B型は自由を好んでいます。自分が好きなときに、好きな人と、好きな場所で過ごすことが大好きです。ですので、たとえ付き合っていようと束縛されることを嫌います。

相手の束縛が激しくなるほど、B型は逃げていくと言っていいでしょう。B型がどんなに奔放な行動をとろうと、何も言わずにじっと見守るしかないのです。

2.好きな相手には素直に甘える

束縛を嫌うB型ですが、好きな人に対しては甘えるタイプです。なぜなら自分が「甘えたい」と思ったら、相手に対してそれを要求するからです。恥ずかしいとか、照れるとか、そんなことはB型には関係ないのです。「甘えたいから遠慮せずに甘える」。それがB型の恋愛スタイルなのです。

3.別れはあっさりしている

B型は基本的に相手を一途に思うタイプですが、冷めてしまったらすぐに別れを考える性格をしています。冷めてしまった以上、一緒にいる必要はないと考えるのです。

ですから、別れ際は本当にあっけにとられるほどあっさりしてします。B型から振った場合、その相手と復縁することはほとんどないと言っていいでしょう。

4:O型の血液型あるあると恋愛傾向

(1)O型あるある

1.面倒見がよい

O型は困っている人がいると放っておけないので、つい手を差し伸べてしまいます。親分肌や姉御肌の人が多く、頼られることも多いはずです。自分がどんなに忙しくしても、頼られたら断れないのがO型の性格です。

2.社交的

どんな人とでも話すことができて、誰とでも仲良くなれるのがO型のよいところ。たとえ初対面であっても、物怖じすることがありません。O型はその場のムードメーカーになることもあり、場を盛り上げるのも得意。どんなシチュエーションであっても、ひとりはいてほしいタイプでしょう。

3.喜怒哀楽が激しい

O型は自分の感情がそのまま表情に出ます。楽しいときはニコニコし、怒っているときは怒りがもろに顔に出るのでとてもわかりやすいと言えるでしょう。O型が喜怒哀楽が激しいのは、感性豊かで物事にそのまま反応するから。とても人間味があるのがO型なのです。

(2)O型の恋愛傾向

1.恋愛体質

O型は寂しがりやな一面ももっています。それゆえ、恋愛なしでは生きていけません。社交的なO型ですから、常に色々な人と接しているので、恋愛の相手に事欠きません。O型は恋愛のスイッチが常に入っており、恋多き人生を送ることが多いです。

2.一目惚れしやすい

O型は一目惚れをすることが多いです。もともと恋愛体質であることも関係しているでしょう。異性の好みがはっきりしていることもあり、好みの異性を見つけたら一直線に向かっていきます。その決断力の高さは全血液型のなかでもナンバーワンと言えるでしょう。

3.積極的にアプローチする

O型は好きになったら、積極的にアプローチをかけにいきます。恥ずかしいや照れるといった気持ちはO型には一切ありません。好きな人を射止められるなら、どんなアプローチでもするでしょう。その姿はまさに恋の狩人。O型は受け身になっている暇はないのです。

5:AB型の血液型あるあると恋愛傾向

(1)AB型あるある

1.プライドが高い

AB型は何事も器用にこなすので、他人より自分のほうが優れていると思い、プライドが高いところがあります。また、AB型は日本人の中で割合の少ない血液型。このことから自分が優れていると勘違いして、プライドが高くなっていることも。

2.自由人

AB型はマイペースな性格をしていますし、自分の思うように生きたいと考えているので、自由人なところがあります。周りに合わせようと、あまり考えていないので、輪を乱すこともあるかもしれません。けれども「あの人はAB型だから」と許されてしまうことも多々あるでしょう。

3.自分以外に興味がない

AB型は他人の話を聞いていても、自分が興味がなかったら周りが引くくらい興味を示しません。基本的に他人に興味がないため、他人の話はどうでもいいと思っているところがあるのでしょう。

けれども、自分の興味のある話題だと、これでもかと言うほど食いつきます。AB型は基本的に自分以外のことに興味がないのです。

(2)AB型の恋愛傾向

1.愛情表現が下手

AB型は愛情表現がうまくできないところがあります。例えば「好き」と伝えなければいけないところですましてみたりと、愛情表現が下手なのです。何かとクールに見られがちなAB型ですが、自分の感情を表現することがとても苦手なのです。

2.理想を追求する

プライドが高いAB型は自分の理想にかなった相手が見つかるまで、なかなか恋愛をしようとはしません。相手に求める基準値が高いため、相手がなかなか見つからないのです。もし「いい」と思える人がいても、AB型が許せない欠点が見つかれば離れていくこともあります。

3.恋愛には慎重

秘密主義のAB型は、相手に対してなかなか本心を見せようとはしません。「この人のことを信じられるかどうか」をAB型は見極めようとするのです。ですから、恋愛に対してはかなり慎重で、一目惚れをするなんてことはないのがAB型なのです。

6:まとめ

血液型別にあるあると恋愛傾向をまとめました。自分自身や相手に対してのさらなる理解が進んだと思います。たかが血液型と思いがちですが、実は奥が深いもの。今回の記事を参考にすることで、人間関係が円滑に進むことを願っています。