恋のなやみに効くメディア

カップルの身長差は何センチが理想?メリデメから女性の本音まで徹底解剖

森下あゆみ

森下あゆみ

©gettyimages

目次

隠す

1:女性が求めるカップルの身長差とは?

日本人女性の平均身長は約158cmといわれています。この身長をもとに、カップルの身長差を見ていきましょう。

(1)10センチ以上

身長差10センチのとき、男性は168cm。男性としてはそれほど高くない身長であり、握りこぶしひとつぶんの身長差です。女性がヒールの高い靴を履くと、同じくらいの身長差になることも。大きな差ではありませんが、差がありすぎないぶん歩幅も目線も合いやすく、ほどよい身長差といえるでしょう。

(2)20センチ以上

身長差20センチのとき、男性は178cm。男性は平均よりも身長が高く、高身長といえるでしょう。手のひらより少し大きいのが20cmです。ちょうどよい身長差ですが、彼女は彼氏を見上げるような高さ。立ったまま彼を見たりキスをしたりするときは、首をくいっと上げて見上げるようなかたちになります。

(3)30センチ以上

身長差30センチのとき、男性は188cm。パッと見でも大きいとわかり、日本人には少ない高身長です。30cm以上の差があると、まるで親子のような身長差になることも。キスのしづらさ、手のつなぎづらさなど、一緒にいるときやスキンシップで不便があることも。30cm以上の身長差を望む女性は少ないかもしれません。

2:身長差カップルがキュンとする瞬間あるある5選

(1)バックハグに胸キュン

バックハグとは、うしろから抱きつくようなハグです。高身長の男性にうしろからハグをされると、女性は包み込まれるような感覚になります。

バックハグは、するほうもされるほうもキュンとして、身長差があるカップルにしかできないスキンシップ。バックハグをしてもらいたくて、高身長の男性を好きになる女性もいるかもしれません。

(2)大きいと頼りになる感覚にときめく

彼氏が高身長だと、自分が小さく見えすぎる、子どもみたいに見えると思うかもしれません。

しかし、ときどき大きな彼氏がとても頼りに見えることも。高身長だと威圧感を覚える人もいますが、大好きな彼氏なら頼もしく見えるもの。高身長ならではの男らしさにキュンとする女性もいるでしょう。

(3)小さな彼女が愛おしく感じる

身長差カップルでキュンとするのは彼女だけではありません。小さな彼女にときめいて、愛おしく感じる男性も多いでしょう。その小ささが、どこかかわいらしい子どものように見えることもあれば、小動物のようなマスコット的なかわいさを感じることもあるのです。

ハグをするとすっぽりと包み込めるサイズ感を楽しめることも、身長差があるカップルならでは。

(4)彼女の背伸びキスにキュン

もうひとつ身長差カップルの彼氏がキュンとするポイントに、彼女が背伸びをする姿があります。彼女からキスをしようとするとき、身長差があると、背伸びをしなければ届きません。

その姿は小さな彼女でしか見られないことであり、上からそのようすを見ている彼氏は思わずキュンとするでしょう。

(5)自分たちの身長差を見たときに嬉しくなる

街を歩いているときなど、反射する窓ガラスなどに写った自分たちを見ると、身長差に思わずキュンとするカップルもいます。身長差があるとわかっているのに、ふとした瞬間に見ると、少し面白さや照れを感じてしまうのです。

お互いを見て身長差を感じるより、隣り合ったふたりを客観視することで身長差を感じることのほうが多いかもしれません。

3:身長差カップルのメリット3つ

(1)お互いにイチャイチャしやすい

キスは少々しづらいですが、手をつなぎやすくハグもしやすいことは、カップルにとって大きなメリットです。イチャイチャしやすい絶妙な身長差があるとスキンシップもスムーズで、難しさを感じないため、お互いつい触れたくなるでしょう。

イチャイチャする機会が多いと、ふたりの仲も良好に保ちやすく、恋人とのスキンシップが好きなカップルなら、末永く仲良くいられるかもしれませんね。

(2)ヒールのある靴を履いてもバランスをとりやすい

ヒールの高い靴を履くと、身長が5cm~10cm高くなりますよね。このとき、彼女より彼氏のほうが身長が高ければ、少々ヒールの高い靴を履いても、お互いに気を遣うことはないでしょう。

彼女は彼氏の身長に気遣ってスニーカーやバレエシューズのような靴だけを履かなくてもよく、彼氏も彼女より小さくなったと思わずに済みます。

(3)身長差カップルに憧れる人もいる

身長差カップルは第三者から見て、バランスがいいと思われることもあるでしょう。身長差のある恋愛をテーマにした女性向け漫画も多いことからも、女性から見ると身長差カップルや、高身長の男性に憧れる人は多いと考えられます。

少しだけ優越感に浸れることも、身長差カップルのメリットかもしれません。

4:身長差カップルのデメリット3つ

(1)目線を合わせにくい

20cm以上の身長差があると、近くにいるとき目線を合わせにくいことも。隣にいる彼氏を見るとき、彼女は見上げるように彼氏を見なければなりません。

また、キスをするときも彼女はグイッと上に向いたり、顔を突き出したりするため、首に負担がかかる可能性もあります。しばらく付き合っていると慣れますが、最初は違和感を覚えるかもしれませんね。

(2)歩くペースを合わせにくい

例えば彼女が155cm、彼氏が185cmで30cmの身長差があると、必然的に脚の長さに差が出てきます。そのため、一緒に歩いたとき彼氏の歩幅のほうが大きく、ふたりの歩くペースが合わせにくいかもしれません。

早く歩ける彼氏が彼女に合わせられるといいのですが、慣れるまで相手の歩くペースに合わせる難しさを感じる可能性もありそうです。

(3)極度に身長差があるとバランスが悪い

ある程度の身長差はよいのですが、30cm、40cm以上と極度な身長差があると、反対にバランスが悪く見えることもあります。まるで親子のように見える、他人からはどういう関係なのか、どのようにスキンシップをとるのかと詮索をされることもあるでしょう。

極度に身長差があるカップルにしかわからない問題は、デメリットになるかもしれません。

5:女性のほうが身長が高い場合の身長差カップルの本音3つ

(1)周囲の目が気になるときもある

周囲から見たとき、女性のほうが身長が高いというより、男性が小さいと判断されるでしょう。多くの人はカップルの身長差を気にしないはずですが「男性のほうが身長が高いほうがよい」という偏見をもっている人はつい見てしまうかもしれません。

悪いことをしていないのに、ジロジロ見られるとあまりよい気はしないものです。

(2)男性がコンプレックスに感じていることも

周囲はカップルの身長差をまったく気にしていなくても、彼氏だけがモヤモヤしてしまう可能性もあります。

すでに付き合っているのなら、彼女のほうが身長が高いとわかっているものの、いざ並んでみると違和感を覚えてモヤモヤしてしまうのです。そうすると、彼女は彼氏に気を遣い、街中を歩くときふたりの間に距離ができることも……。

(3)本人たちは気にしていない

ここまでネガティブな本音を紹介しましたが、実はお互いに気にしていないケースも少なくありません。出会ったときからお互いの身長はわかっていることであり、それを理解した上で付き合っているので特に気にしていないという人も多いでしょう。

恋愛は見た目ではなく、心でつながり合うものなので、身長差で好き嫌いを決めることはないはずです。

6:差がありすぎると別れやすいって本当?

身長差がありすぎると別れやすいという噂がありますが、あくまでも一説にすぎません。身長差によるデメリットに加え、小さい女性、大きな男性のお互いがもつ悩みを理解できないという点から、別れやすいといわれていますが、それを鵜呑みにするのはよくないでしょう。

噂が噂を呼び「別れやすい」という事実のようになって広まり、信じてしまう人がいます。しかし、もし身長差のあるカップルが別れたとしても、原因は身長差そのものではないことが多いはずです。たとえ身長差がネックになって別れたとしても、お互いの悩みを理解する気持ちやカバーする愛情が足りなかったともいえます。

身長は、あくまでも個性です。「別れやすいから身長差のある異性は選ばない」という偏った考え方が、別れやすさや噂を生み出しているのかもしれません。

7:まとめ

身長差があるからといって、いい悪いを決めることはできません。たくさんのメリットがあるとはいえ、カップルに大事なことはふたりの思いやりです。身長差の有無にこだわりすぎず、身長という外見よりも内面で愛し合うことを考えていきましょう。