恋のなやみに効くメディア

LINEの話題に困ったときにおすすめ!好きな男性と盛り上がるネタ&NGネタ

梅島 綾

梅島 綾

©gettyimages

目次

隠す

1:LINEのネタに困ったときにおすすめの話題はこれ!

好きな人とのLINEを続けたいと思っても、ネタ切れしてしまって困ることってよくありますよね。そんなときのために、これぞ鉄板ネタ!というものをいくつか自分の中で用意しておきましょう。ここぞというときに役立つこと間違いなしです。

まずは、どんな話題をふるのが盛り上がりやすいかを見ていきましょう。

2:好きな男性とすると盛り上がるLINEの話題5つ

(1)趣味

彼の好きなことや得意なものなら盛り上がりやすいはずです。例えば、「スポーツが好き」から「なんのスポーツがいちばん好き?」→「実際にやるのか、観戦するのが好きなのか?」→「実際にやってるならどれくらいの頻度で?」というように、会話を深堀りしていくと、彼のことも知れて、一石二鳥。

自分があまりわからない話であれば、「教えて」のスタンスで彼にたくさん話をしてもらいましょう。好きな話題なら、彼も話していて楽しいはずですよ。

(2)グルメ

グルメの話が盛り上がりやすいのは、食は毎日のことだから。さまざまな方向性から話題をふることができます。

例えば、「今日は何食べたの?」と聞いてみたり、こちらから「今日のお昼これ食べたよ」と写真を送ってみたり、さらには料理が得意なら、手料理の写真を送ってみたりすると効果的です。彼におすすめのレストランなどを聞いて、実際に行くのも手。その感想を送ることでさらに話を持続できます。

(3)習い事や部活

子どものころにしていた習い事や、学生時代に入っていた部活などの話はエピソードも多く、盛り上がりやすい話題です。練習や試合の話、楽しかったことや、苦しかったこと。経験から話せることはたくさんありますよね。

筆者は、学生時代部活動に入っていなかったので、代わりにアルバイトを頑張っていた話をします。接客業をしていたのですが、“こんな変なお客さんがいた”シリーズはいつも盛り上がります。

(4)失敗談

失敗談は、おもしろおかしく話ができるので、盛り上がりやすいと言えるでしょう。もちろん自分から「こんな失敗しちゃった(笑)」と話すのもありですが、あまりにも自虐ネタを連発していると、非モテ方面に向かうこともあるので要注意。

あくまで適度に、を意識しましょう。また彼の失敗談を聞いて、盛り上げるという方法もあります。


(5)ひとり時間の過ごし方

ひとりで過ごす時間も、大切ですよね。ひとり時間は、自分のしたいように過ごすので、相手を知ることができる話題です。

掃除をする、ひたすら寝る、アクティブにお出かけやお散歩をするなど、相手の習慣を知ることにもつながります。ライフスタイルを理解でき、いいコミュニケーションになるでしょう。

3:これを持ち出すと引かれるかも…避けたほうがいいLINEのNG話題3つ

(1)過去の恋愛

過去の恋愛について聞くのは、お互いのためにならないのでNG。相手が聞かれたくないと思っている可能性もありますし、聞きたくないと思っている場合も。

センシティブな話題であるうえに、LINEは文字だけです。相手の心情をしっかり読み取れないことが、ちょっとしたすれ違いを生むかもしれません。どうしてもその話題に触れたいなら、LINEではなく、会ったときに表情を見ながら慎重に聞くようにしましょう。


(2)ネガティブな話題

芸能情報や、ニュースのネガティブな話題を持ち出すと、ゲスな話になってしまいがちです。噂話や陰口を言う人だと思われてしまい、引かれてしまう可能性大。また、ふたりの間で意見が異なれば、少し嫌な雰囲気になることもあります。

ネガティブなニュースで関係が明るく進むことはありません。できるだけ避けるようにしましょう。

(3)理想の恋人像

理想の恋人像の話は、お互いにプレッシャーになってしまうかもしれないので、できれば避けたい話題。相手を恋愛対象として意識していても「理想の恋人像に自分が当てはまらない」と思ったり、思わせてしまったりすることがあります。

また、理想が高いと思われ、彼に引かれてしまった……なんて話も。しないほうがいいに越したことはない話題です。

4:仲良くなったら聞いてみたい!ちょっと突っ込んだLINEの話題3つ

(1)家族のこと

少し関係が深くなったら聞きたいのは、家族の話題。どんな環境で育ったのか、家族はどんな人なのか、日ごろは家族にどんなふうに見られているのか。それらを知ることで、より相手を深く知るきっかけになります。

また、大好きな彼の小さいころのおもしろエピソードなども発掘できるかもしれませんよ。


(2)将来の夢

将来の夢は、彼からすると照れくさくて話しにくいかもしれません。それでも教えてくれたのは、「仲良くなった」と思ってもらえたということです。応援する気持ちをもって聞きましょう。また夢に向かっている話を聞くと、自分の人生のモチベーションも上がるかもしれませんよ。

(3)少しエッチな話

下ネタまでいくと引かれてしまう可能性がありますが、少しエッチな話くらいならOKだと筆者は思います。例えば、フェチの話だったり、女性のどういうところに色気を感じるか……みたいな話をしてみるのはどうでしょう。下品にならないようにだけ、注意しましょう。

5:まとめ

LINEは相手の表情が見えないぶん、ときとして慎重になることも必要。盛り上がる鉄板ネタを用意しておくのも大切ですが、NGネタで地雷を踏まないことも、それと同じくらい重要です。「この話題大丈夫かな?」と迷った場合は、LINEでの会話は避けて、なるべく会ったときにするようにしましょう。