恋のなやみに効くメディア

本気サイン4つ!お互いが真剣になっているときに出ている脈あり行動とは?

さとうけいK.Sato

目次

隠す

1:ラブラブなあだ名で呼び合うように

とくに話合って決めた訳でもないのに、自然にあだ名や、ラブラブ感あふれるニックネームでお互いを呼び合うようになったら、かなり気持ちが入っているサインかも!? 筆者の女友達は、カジュアルな関係を楽しんでいた外国人男性と一緒にいる時に、「Chilly Bear:寒がりのクマちゃん」と呼ばれるようになったのだとか。

それをきっかけに、お互いにユーモアを交えたニックネームをつけて呼び合うようになり、「いつの間にか恋人同士になっていた」と語っていました。

2:友達も交えて遊びに行くように

お互いに気楽に会っているだけだったのに、自然とそれぞれの友達も交えて遊ぶようになったらもう、カジュアルな関係ではなくなってきていると言えそうです。

「友達を紹介する=共通の知り合いができる」ということなので、「すぐに終わるだろう……」と予想している関係だったら、極力自分の友達とは引き合わせないようにするのが普通です。

流れ的に友達と合流することになったり、成り行きでグループで出かけることになったりしても、本当にイヤだったら、全力で回避すようとするはず。とくに気にもせず、お互いの友達とも一緒に遊ぶようになったら、潜在的にふたりの関係を前向きに考えているサインだと言えそうです。

3:ほかの異性の話をしたら嫉妬する

本当に相手のことを「どうでもいい」と思っていたら、誰と何をしようが気にならないはずです。もし、自分以外の異性の話をされて気持ちがザワついたり嫉妬したりしたら、気軽な関係以上に進展していると思った方がよいかもしれません。

お互いに、「ほかの異性とふたりで出かけられたらイヤだな……」と感じるようになったら、ふたりの交際ステータスについて話し合う時ではないでしょうか。

4:毎週会うのが当たり前になってきた

カジュアルな関係なのに、「気が付いたら毎週末会っていた」という状態になっているのなら、ふたりが「一緒にいて楽しい!」と思っている証拠です。

また、行きたいと思っていた店があったり、興味があるイベントに行こうかな……と思ったりしたときに、すぐに彼の顔が浮かぶようになったら、だんだんと気持ちが盛り上がっていると言えそう。

そして、もし彼からなんだかんだと毎週末に声が掛かって、一緒に過ごすようになっていたら、彼もあなたのことを特別に思い始めているサインだと取ってといのではないでしょうか。

5:まとめ

期待していなかった気軽な関係に限って、「知らないうちに付き合ってた!」なんて展開になったりしますよね。恋愛って、最初から期待しすぎたり気負いすぎたりしたら、上手くいかないものなのかもしれません。なので、「彼と付き合いたい」とか「彼氏が欲しい!」とか焦りや必死な感じを見せずに、まずは“彼と楽しむ”というスタンスで、一緒に過ごすことが大切ではないでしょうか。