恋のなやみに効くメディア

「女からのダメ元アプローチをするべき」その理由3つ

さとうけいK.Sato

目次

隠す

理由1:ダメもとなので失うものは何もない

意中の彼が“高嶺の花”系だったら、彼があなたに夢中になって必死に追いかけてくれる……というシチュエーションは、期待できないでしょう。

ですが、どうせダメもとなら失うものは何もありません!

自分からモーションをかけることで、彼があなたを意識し始める可能性に賭けてみては!?

女性からアプローチをかけられたら、引っ込み思案な彼が大喜びで、ワンコのように尻尾を振りながら近寄って来ることも!

可能性は何事もゼロではありません。試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

理由2:失敗に終わっても学びはある!

仮に、撃沈したとしても、そこから学べることって絶対にあります。

「やっぱり、女から追いかけたら失敗に終わるケースが多いな……」という悟りがあるかもしれないし、彼とやり取りとりしたLINEを読み返して、「ここでもう少し余裕を見せた方がよかったな」など、次の恋の教科書代わりになることだってあるでしょう。

「やらずに後悔するより、やって後悔したほうがマシ」と言いますが、何事も経験です。

そうやって、気になる男性に自分からアプローチをかけることで、恋愛だけでなく何事に関しても自分で動けるようになれれば、必ず何かのプラスになるのではないでしょうか。 

理由3:出会いや人間関係が広がる

ダメもとでトライしているレベルなので、恋につながらない確率のほうが高いかもしれません。

ですが恋愛に発展しなかったとしても、彼と仲良くなれたことでほかの友達の輪が大きくなり、その関係を通して興味の幅が広がることもあり得ますよね。

まさに筆者の女友達が、そのいい例です。

彼女はカナダ人男性A君に思いを寄せていて、頑張ってアプローチしていたのですが、結局想いは実りませんでした。

しかしA君とはいい友達になり、その後、彼女がワーキングホリデーでカナダに行くことに。

そして、彼女がカナダで寂しくないように、A君が現地の友達に声を掛けておいてくれていたのです。

そのおかげで、カナダに渡った彼女にすぐに友達ができて、A君の友達B君と出会って恋に落ち、めでたくゴールイン!

もし、彼女が勇気を出してA君と仲良くなっていなかったら、B君との出会いもなかった訳ですよね。

ダメもとアプローチって、“捨てる神あれば拾う神あり”になることが多いと言えそうです。

 

いかがでしたか!?

「転んでもタダでは起きない」ではないですが、恋愛でも何でも努力すれば、何かしら得ることあるということではないでしょうか。

「男性が女を追いかける」のが基本ですが、ムリ目男子を好きなっても簡単に諦めてしまうのではなく、ダメもとでアプローチを仕掛けてみてもいいのでは!?

ぜひ、参考にしてみてくださいね!