恋のなやみに効くメディア

「家庭内別居夫婦」の魔のLINEを覗き見ッ!【夫の誕生日編】

並木まきM.Namiki

1:妻からの儀礼的な「おめでとう」

家庭内別居夫婦は、ひとつ屋根の下に暮らしているものの、別居中なので会話はほとんどナシ。

妻は、夫のために朝食を作るわけでもないため「お誕生日おめでとう」を言うタイミングも、対面ではなくLINEになります。

「そういえば、今日は夫の誕生日だわ。一応、おめでとうって言っておかなくちゃ」と、儀礼的なお祝いLINEを送る妻。

家庭内別居しているとは言っても、共同生活人の慶事は“とりあえず触れる”のが、妻としてのマナーなのでしょう。

もうこの時点で、かなり凍てついてる……。

 

2:「何が?」

普段は会話もなく、どこで誰と何をしているのかわからないほど凍てつく関係の妻から、突如として「おめでとう」と言われ、困惑する夫。

「ん? なんだこれ? 俺なんかメデタイことあったっけ。それとも、なんかの嫌味か?」と、戸惑います。

日々の仕事に忙殺されて自分の誕生日を忘れている男性は意外と多いんですよね。

そんな動揺を、思わずLINEに託し「何が?」と冷たい返信をする夫。

夫は、まだ自分の誕生日を思い出していないとはいえ、祝ってくれている妻に対して、こんな返事をするなんて……ッ!

家庭内別居夫婦って、どこまで凍てついた関係なのでしょうか。

3:「私、予定あるから」

家庭内別居中とはいえ、夫の性格は熟知している妻。

「あー。これは誕生日忘れてるな」と、ピンときたことから「何が?って、あなた誕生日じゃん」と、淡々と返信をします。

こんな夫にわざわざ「おめでとう」を告げる必要はなかったかな……と、軽い後悔をしつつ、説明してあげるくらいの優しさは残っています。

ここでやっと「あー!」と、自分の誕生日を思い出す夫。

しかし、普段通りに過ごしていた夫は「ヤベェ。今日くらいは早く帰らなきゃかな? 浮気を疑われてもめんどうだし……。でも、予定入れちゃったんだよなぁ」と、さらに困惑。

しかたがないので「悪りぃ、俺、仕事の予定入れちゃった」と、妻に送信します。

しかし、そもそも夫の誕生日を共に過ごすつもりなんて、これっぽっちもない妻が「いいよ。私も家にはいないからさ」と、淡々としたメッセージを送信してLINEは終了。

夫としては「ツッコマれなくてよかった……」と胸をなでおろす瞬間ですが、誕生日に儀礼的な「おめでとう」をLINEでやり取りするなんて、やっぱり家庭内別居夫婦って凍てついた生活を送っているのですね!

 

一般的な夫婦なら、夫の誕生日は愛に溢れたスペシャルな1日になるはず。

しかし、家庭内別居夫婦は夫の誕生日にも凍てついた夫婦関係をまじまじと露呈しているみたいです。

みなさんの周りにも、凍てつく誕生日を過ごしている夫婦がいるかもしれませんよ~。