恋のなやみに効くメディア

相合傘の脈アリ判断ポイントはコレだ!さりげなく距離を縮める方法も

スザクカナト

スザクカナトK.Suzaku

目次

隠す

1:相合傘に誘われちゃった!これって脈アリ?

ちょっと気になる人から相合傘に誘われた……これって脈アリだと思いますか?

『MENJOY』では、20代〜40代の未婚男性122人を対象に、独自のアンケート調査を実施。「相合傘に女性を誘うとき、そこに好意はありますか?」という質問をしてみました。気になる結果は?

ある・・・58人(48%)

ない・・・64人(52%)

僅差ではありますが、好意はないという人のほうが多め。基本的には「単なる親切心」と思ったほうがいいでしょう。しかし、3人にふたり以上は「多少なりとも好意がある」とも読みとれるので、総合的に彼を観察して、うまく男性心理を見極めたいですね。

2:ただの親切?それとも脈アリ?相合傘に隠された男性心理5つ

アンケート結果を見ても、相合傘の脈アリ度は見極めづらいことがわかります。そこで今回は、事例を挙げながら、男性心理を解説します。

(1)大雨が降っていて、傘がないとき

大雨が降っているのに傘がない女性に対し、相合傘を提案するのは単なる親切心。「濡れたらかわいそう」だという思いが強いでしょうから、脈アリとは言い難いです。しかし、親切にしてあげようとは思われているので、少なくとも嫌われていることはなさそう。

(2)小雨でも相合傘に誘ってきたとき

そこまで雨が降っていないのに、わざわざ相合傘に誘ってきた場合は、脈アリの可能性がやや高め。小雨ならば、「自分の傘を貸す」「コンビニで傘を買うことを提案する」という選択肢もあるわけですから、あわよくば近づきたい気持ちがあるのかもしれません。

(3)肩を抱いてくれたとき

相合傘中、わざわざ肩を抱く必要性はありません。「濡れないように」という優しさもあるかもしれませんが、その優しさ自体、好きな人に向けるものだと考えても不自然ではありません。脈アリだと考えてもよさそうなので、自分からも好意を見せていきたいものですね。

(4)できるだけ距離をとろうとしている

傘の中でできるだけ離れようとしている彼は、残念ながら脈ナシ。親切心から相合傘をしたものの、内心は気まずさを感じていると言えます。自分の肩を濡らしてでも離れている場合、「セクハラだと思われないように」「下心だと思われたくない」といった自己防衛の気持ちが強そうです。

(5)雨宿りを提案してくる

これはデートのお誘いだと考えてもよさそうですね。雨宿りを口実に、お酒やごはんに誘われたなら、脈アリの可能性大です。雨宿りをしたいなら、ひとりでもできます。あなたを誘うのは好意があるから。こんなときは雨に感謝して、彼との時間を楽しみたいですね。

3:相合傘でさりげなく距離を縮める方法5つ

雨が作ってくれたせっかくのチャンス。身体的距離が縮まる相合傘の中をうまく活用して、心の距離もグッと縮めましょう。

(1)腕に触れてみる

腕は、ボディタッチ初心者にもおすすめできるパーツです。触られてもあまりいやな印象を感じさせず、自然なタッチだと感じさせられるからです。触れ合うことで、恋愛感情を意識させることもできそうですよ。勇気を出して少しだけ手を伸ばしてみて。

(2)上目遣いで話しかけてみる

近くから見つめる上目遣いは、男性からするとキュンとするシチュエーション。甘えた感じに見える上目遣い+距離の近さがあることで、効果倍増です。普段から自分にとってベストな角度を研究しておいて、ここぞというときに使えれば、あなたも立派な小悪魔女子!

(3)「濡れちゃうよ?」

「濡れちゃうよ?」と言って、傘の中にもっと入るよう促せば、自然と彼のほうからあなたに近づく状況が作れます。自分から近づくより、かわいい感じなります。控えめだけど効果的なアピールは、きっと彼の心に届くはず。

(4)いい香りで異性感アピール

雨のときって、空気がじめっとしていて、服や髪の毛の匂いもいやなものになりがち。せっかく彼に近づけるチャンスに、生乾きのような匂いを感じさせてしまうのはもったいなすぎます。

普段から匂いケアのために、デオドラントシートやフレグランスを持ち歩き、ここぞというときに使えるようにしておきましょう。恋愛においては、「嗅覚」も大切な要素です。

(5)感謝の言葉を忘れず

相合傘に入れてくれた彼の親切な気持ちに、感謝の言葉を告げることも忘れずに。当たり前のことのようにも思えますが、意外に言葉って忘れてしまいがちなんですよね。直接伝えた後は、LINEも活用。「ありがとう」を口実に、話を広げてみるのもアリです。

4:相合傘がきっかけで付き合えたエピソード2選!決め手は?

なんと、相合傘をしてからお付き合いに至った経験があるという人もいるそう。エピソードを聞けば、自信もわいてきそうですね!

(1)付き合う前の相合傘がきっかけで…

「仕事帰り、雨が降ってきてしまい相合傘をした。相手がやさしく肩を抱いてくれたとき、“ドキドキする”って言ったら彼もだったみたい。お互いの気持ちが一緒だとわかって付き合うことになった」(24歳女性/総務・人事・事務)

距離が近くなると、恋愛モードも高まります。恋を意識したふたりは、お互いに意識し合っていることも感じやすいのかもしれませんね。

(2)女性からの相合傘の誘いもアリ!

「傘を忘れた彼を自分から相合傘に誘いました! OKしてくれたし、けっこう近づいてくれるから脈アリかもと思ってそのまま告白してOKもらった。距離も近づくし、ふたりきりだから告白にも相合傘はおすすめ」(34歳女性/営業・販売)

どんなに周りに人がいても、相合傘の下では、「ふたりきり」を感じられます。距離も近づけば、告白されたときのドキドキ感も増すのかもしれませんね。告白するチャンスを伺っているなら、傘の下もおすすめスポットです。

5:まとめ

相合傘が脈アリかどうか判断するには、彼の行動・しぐさに目を向けてみるのがよさそう。自分から距離を縮めることで、相手の出方を伺ってみるのも手です。シチュエーションを利用して、彼との距離をもっと縮めちゃいましょうね。